FC2ブログ

シルバーウィーク最終日

 2020-09-22
2020年 9月22日(火) 秋分の日
コロナ禍の四連休最終日、ニュースでは高速道路の大渋滞や観光地の大混雑が報じられていますが、ここA公園も大勢の家族連れで賑わいをみせていました。
さて、本日の狙いは黄色や青の衣を身に纏った鳥さんですが、最初のM池〜P森〜K森と歩き、結果は残念ながらその姿を見る事は出来ません出した。
代わりに、全ての森で出会ったのは、オオルリの雌でした。(;^ω^)

M池のオオルリ♀-1
オオルリ♀M20200922-1
M池のオオルリ♀-2
オオルリ♀M20200922-2
M池のオオルリ♀-3
オオルリ♀M20200922-3

P森のオオルリ♀-1
オオルリ♀P20200922-2-1
P森のオオルリ♀-2(上記と同一個体:後ろ姿。)
オオルリ♀P20200922-2

K森のオオルリ♀-1
オオルリ♀K20200922-1
K森のオオルリ♀-2
オオルリ♀K20200922-2

その他には、P森でサンコウチョウ(真逆光)
サンコウチョウ20200922

K森では、キビタキ♀がオオルリ♀と入れ替わりで登場しました。
キビタキ♀K20200922-1
K森のキビタキ♀(上記と同個体)
キビタキ♀K20200922-2
K森のキビタキ♀(同個体)
キビタキ♀20200922-3

明日は雨の予報ですが、そろそろMFで黄色い子や青い子に会いたいものですね(;^ω^)
スポンサーサイト



カテゴリ :オオルリ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のA公園

 2020-09-21
2020年 9月21日(月) 敬老の日
今日もいつも通りA公園M池からスタートです。
園内に入ると先着のEさんから”今日はエゾビタキが入っているよ!”と告げられ、直ぐに臨戦態勢に突入しました。
暫く一人で探していると遠くにそれらしき鳥影を発見、急いでそのポイントに向かって走っていると携帯に着信アリ!
そう、Eさんからです。”桜の木の天辺にとまっているよ♪”
どうやら同じ個体を示している様子です。 ”はい! 今そちらに走っているところで〜す。”(^^;)

息を切らせながら到着し、急いで撮ったのがこちらの写真。
エゾビタキ20200921-1
生憎曇り空の空抜け写真ですが、やっと出会えたエゾビタキです。(^o^)/
エゾビタキ20200921-2
ちょっとポッチャリして見えるエゾビタキ
エゾビタキ20200921-3
柳の木に現れた時はスマートになっていましたが、
エゾビタキ20200921-4
ここには2羽居るらしいのですが、
エゾビタキ20200921-5
簡単には判別出来ませんよね。
エゾビタキ20200921-6

因みに、ホトトギスorツツドリ? こちらも判別不能なトケンが1羽。
一昨日見た個体とは明らかに違い、
ホトトギス?20200921-1
喉元に少し赤味のある個体でしたが、
ホトトギス?20200921-2
さて、ホトトギスなのかツツドリなのか?
見た目ではちょっと小さめの個体でホトトギスの様でしたが・・・?
それと下尾筒には横斑がある様な無い様な? はて?

今日は今季初のエゾビタキが撮れたので、少しばかり余裕を持ってK森に移動することにしました。
しかし、園内を回って見てもキビタキ♂やオオルリの姿は無く、暗い森の中で目につくのはカトリヤンマだけでした。
カトリヤンマ20200921
今季A公園内で良く見かけるカトリヤンマ、今日も沢山飛んでいましたよ。
以上、本日のA公園でした。
カテゴリ :エゾビタキ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のA公園

 2020-09-19
2020年 9月19日(土) 暑い雲が広がる生憎の天気、それでもめげずに今日もA公園です。
8:00 いつもの通りM池からスタート、グルリと一回りしてみますが鳥影無し。
もう一度回り始めると、暗い樹々の間をス〜ッと飛ぶ黒い影、その正体を確認しようと後を追いますが・・・また直ぐに飛ばれてしまう事暫し。
そんな事を繰り返していると、足元に飛んで来たのはクロコノマチョウでした。
クロコノマチョウ20200919-1
クロコノマチョウ(秋型)雄
クロコノマチョウ20200919-2

さてさて、蝶に構っている場合ではありませんよね。
また先ほどの鳥を探しますが、目の前に現れたのはコサメビタキです。
コサメビタキ20200919-1
でも、今日は1羽だけの様ですね?
コサメビタキ20200919-2
近くには、キビタキ♀も1羽居ましたが、写真は無しです。(あまりにひどく見せられたものでは)

そうこうしている内に常連さん達が数名集まって来ました。
(それもその筈、時計を見るといつの間にか10時近く。)
すると、早々とNさんが例の鳥を見つけた様です。流石ですね(;^ω^)
しかし、木の高い所でしかも空抜け〜。
ホトトギス20200919-1
でも、飛ばれないうちに証拠写真をゲットします。
ホトトギス20200919-2
どうやら一昨日と同じ個体の様です。
ホトトギス20200919-3

ホトトギス20200919-4

ホトトギス20200919-5
結構長い時間マッタリとしていたホトトギス、しかし上記の写真などは一昨日とほぼ同じような写真となり、全く良い場所にはとまってくれませんでした。

さて、次にK森に向かいグルリと一回り。
しかし、鳥影ほぼ無く惨敗。(あっ、そう言えば久し振りにヒヨドリが飛んでいましたけど。)
園内には曼珠沙華が咲き始め
曼珠沙華20200919
コブシの実も熟して来て、
コブシの実20200919
チョットばかり秋を感じることが出来ました。が、鳥が居な〜い!
カテゴリ :ホトトギス トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日もA公園

 2020-09-17
2020年 9月17日(木) 本日も、飽きもせずA公園参りです。
”今日の新規参入の鳥さんは・・・あの鳥さんかな〜ぁ!?”と、すでに頭の中では沢山の妄想が駆け巡り、期待感だけはとっても大きいのですが・・・さて、結果は。

M池では、昨日に続き2羽のコサメビタキが飛び回り、
コサメビタキ20200917-1

コサメビタキ20200917-2
まぐれで飛び出しなんかも撮れちゃったりして(*^^)v
コサメビタキ20200917-3

また、キビタキ♂の目撃情報もあり、M池を3周近くも回って探しましたが見つかりません。
そうこうしている内に、真逆光の木の枝に一羽の鳥影が・・・。
おッ、あれはツツドリか!?
ホトトギス20200917-1
撮影している時は、ツツドリだと思い込んで撮っていましたが、良く見ると・・・下尾筒に横斑がありません。
ひょっとしてあなたは、ホトトギスさんではありませんか?
ホトトギス20200917-2
う〜ん、さて?
ホトトギス20200917-3

次に、K森も一周しましたが成果なし。
それでは最後にP森も!と、園内を一周半廻りサンコウチョウをチラ見しただけで収穫無し。
一番奥の池ではカワセミがマッタリ休憩中だったので、数枚パチリ!
カワセミ20200917-1

カワセミ20200917-2

期待通りとはいかず、あまり変わり映えのしない本日のA公園でした。(;^ω^)
カテゴリ :コサメビタキ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のA公園

 2020-09-16
2020年 9月16日(水) ここの処少しばかり涼しくなり、チョッピリ秋の気配が忍び寄って来たかに思えるA公園。
しかし、ちょっとでも陽射しが射しこむと相変わらずムシムシとしてかなり暑い!
まだまだ秋は遠いのかな〜。

今朝もM池からスタートです。(以下、撮影順に掲載します。)
最初に登場してくれたのはコサメビタキだったのですが、一緒に飛び回っていたキビタキ♀タイプを先ずはゲットします。
キビタキ20200916-1
ご馳走をゲットしたキビタキ
キビタキ20200916-2
葉っぱの隙間から。
キビタキ20200916-3

こちらは2羽で追いかけっこをしていたコサメビタキ。
柳の木から飛び去るところを撮りましたが、曇り空バックではモノクロ写真となりました。
コサメビタキ20200916-1
樹の高い所を飛び回り、なかなか良い所にとまってくれないコサメビタキ
コサメビタキ20200916-2
粘りに粘って、ようやく木の中段にとまってくれました。
コサメビタキ20200916-3
同じ場所で、「右向いて」
コサメビタキ20200916-4
「左向いて」
コサメビタキ20200916-5
サービス良くモデルを務めた後は、また飛び去って行きました。

次にP森へ入ると、サンコウチョウが遠くの樹の高い所を飛び回り、
サンコウチョウ20200916

ミズキにとまったオオルリ♀も見る事が出来ましたが、一瞬で飛び去り
オオルリ♀20200916
その後1時間以上待っても再度見る事は出来ませんでした。

以上

次なる秋の渡りの夏鳥さん達の飛来が待ち遠しい、本日のA公園でした。


カテゴリ :コサメビタキ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫