FC2ブログ

本日のA公園

 2020-03-30
2020年 3月30日(月) 昨日は季節外れの雪が降り、まるで真冬に逆戻りしたかの様に寒い一日でしたね。
そこでいつものA公園はどうなっているのかと訪ねてみると、K森はご覧の通り雪が沢山残っていました。
子供の森20200330
K森の中は、湿った雪の重みで木の小枝や竹が折れ曲がり通路を塞いでいたり、更に足元も悪く歩きにくい状態でしたが、それ以上に悪かったのは鳥影が全く無かった事ですね。
キクイタダキももう抜けてしまったのでしょうか??
次に、M池方面に向かうと、中土手一面に咲き誇っていた菜の花(からし菜)もご覧の通り、すっかり雪にやられてしまい見る影も有りません。
秋ヶ瀬中土手2020030-1
その中土手に登って見ると・・・おやぁ?
秋ヶ瀬中土手20200330-2
上面と反対側の面では、菜の花は不思議とまだ咲き誇っていました。
左右でなぜこんなにも違うのか、チョットした謎ですね!?

M池では、真っ赤なベニマシコ♂1羽と若♂+♀各1羽(計3羽)のベニマシコが居たのですが・・・
ベニマシコ♂20200330
生憎の曇り空で良く撮れないうちに飛ばれてしまいました。

P森に向かう途中では7〜8羽のオナガの群れに遭遇しますが、こちらもドンドン離れて行く為後追いとなり後ろ姿ののみ(*´з`)
オナガ20200330

何だかんだでやっとP森に到着、先ずは水路側からの探鳥ですが・・・
出迎えてくれたのは、いつものジョウビタキ♀と
ジョウビタキ♀20200330
アオジ嬢と
アオジ20200330
更には、ベニマシコの雌です。
ベニマシコ♀20200330

P森の中ではエナガも近くでポーズをとり楽しませてくれたのですが、
エナガ20200330
何と言っても、本日の主役はキレンジャクでしょうかね!
ですが、沢山撮り過ぎてしまい整理が追いついていませんので、後日改めて掲載したいと思います。(ノД`)・゜・。
今日のキレンジャクの数ですが、一体何羽いたのでしょうか?
9羽以上居た様な気がしますけど・・・。
あッ、因みにヒレンジャクも居ましたので付け加えさせて頂きます。

おまけ
帰り道にM池で相手してくれたジョウビタキ♂(ジョビ男君)です。
ジョウビタキ♂20200330
こちらもまだまだ健在でしたよ。(^^)/
スポンサーサイト



カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のA公園

 2020-03-25
2020年 3月25日(水) 本日の天気予報では、「風も無く穏やかな一日となるでしょう♪」と言ってたのに、予想外に”無茶苦茶北風が強く、しかも冷たい!” (ノД`)・゜・。
まああくまで予報ですから、少々外れてもしょうがない。
”さて、今日は桜がらみのベニマシコなどを撮りたいな〜ぁ”などと思いながら、先ずはM池に到着。
ここではベニマシコは居るには居たのですが、柳の木の奥で花芽を食べていてスッキリした所には出て来ません。
それでも何とか撮れたのは、雌のベニマシコぐらいで・・・(*´з`)
ベニマシコ20200325
真っ赤な雄も居たらしいのですが、残念。。

続いて向かった桜の咲く水路では、珍しく1羽のタシギが現れたのですが、
タシギ20200325
その他には、キジ,アオジ,ホオジロ,ガビチョウ,シジュウカラ,ジョウビタキ♀,メジロ,ヒヨドリ,ツグミ,ウグイス,エナガなどが見られましたが、肝心のベニマシコの姿は有りません。
ここで一旦P森へ移動してみると、相変わらずキレンジャクが人気を集めていて、それ以外の場所では人影も少なく閑散としています。まあ鳥影も少ないので、当たり前と言えば当たり前ですがね。

そんな静かな森の中にはシャガが沢山咲いています。
シャガ20200325
そしてシャガの前にはツマキチョウの姿もありました。
P森では、3月21日に初認していたのですが、なかなか手強く写真に収めることが出来ていませんでした。
今日はモンシロチョウと絡んだところを数枚ゲットすることが出来ました。(^_-)-☆
ツマキチョウ20200325-1
飛んでいる蝶は動きが不規則なので、意外に難しいものなのです。
ツマキチョウ20200325-2

因みに、キレンジャクはと言うと・・・
キレンジャク20200325
いつも通りに。
キレンジャク20200325

その他には、エナガと
エナガ20200325-1

エナガ20200325-2

帰り道のM池で、ジョウビタキ♂
ジョウビタキ♂20200325

今日はP森まで2往復(2度目は急ぎ足で)してしまい、膝がちょっと・・・(*´ω`)
なので、明日はどうなることやら???

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

ハイイロチュウヒ飛ぶ!

 2019-12-22
2019年12月22日(日) 本日は、鳥撮りお休みします(^o^;)
・・・am5:00予約投稿。

なので、今日の投稿は一昨日の渡良瀬遊水地での鳥見から、
16:10頃の筑波山遠景です。
筑波山遠景20191220

この日の日中は気温が高く更に夕方になっても比較的風も弱く、ハイイロチュウヒなどの塒入りを撮影しようとCマン達が大勢集まっていました。
しかし、肝心のハイイロチュウヒ雄の姿はなかなか現れず、大半のCマン達が帰った16:30過ぎ、ようやくお目当てのハイイロチュウヒが飛んでくれました。
但し、最初に飛んだのは雌でしたが・・・
ハイイロチュウヒ♀20191220
雌の姿を追い続けていると、雄も登場して暫くランデブー飛行です。
ハイイロチュウヒ♂♀20191220
日の入りの時間も過ぎ、辺りは薄暗く更に無茶苦茶遠くを飛ぶハイイロチュウヒ。
画像はかなり荒れていて見るに堪えないものですが、証拠写真としてノートリ(リサイズのみ)で掲載します。
ハイイロチュウヒ♂20191220-1
なので、拡大画像には決してしない様に!(/ω\)
ハイイロチュウヒ♂20191220-2
イメージ重視で状況を想像して頂ければ幸いです。
ハイイロチュウヒ♂20191220-3

ハイイロチュウヒ♂20191220-4

ハイイロチュウヒ♂20191220-5

ハイイロチュウヒ♂20191220-6
約10分間、遠くの葦原を悠々と飛ぶ姿が見られました。
ハイイロチュウヒ♂20191220-7
結果、この日のハイイロチュウヒの塒入り時間は、16:41分でした。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

2019SENDAI光のページェント

 2019-12-08
2019年12月8日(日) 鳥見が全く出来ないまま約2週間が過ぎました。(*´з`)
その間いろいろな事があったのですが、一応昨夜で区切りが着き、本日昼頃我が家に辿り着いた次第です。
昨夜は数十年ぶり(30年ぶりかな?)に故郷のイベントを覗いて来ましたので、その時の写真を載せてみようと思います。

12月7日(土)15:00頃の定禅寺通り
定禅寺通り20191207-1
この時間帯は、ほとんど人通りはありませんが・・・
定禅寺通り20191207-2
ここ定禅寺通りにある160本のケヤキ並木に、約60万球のLED電飾が取り付けられています。

17:30過ぎにLED電飾が点灯されると、
SENDAI光のページェント20191207-1
身動きが出来ないほどの人・ひと・人
SENDAI光のページェント20191207-2
18:00 すべての明かりが1分間消え、一斉に再点灯する「スターライト・ウインク」
しかし、カウントダウンのアナウンスも無く、油断してしまい動画撮影出来ず!(ガックリ・・・)
SENDAI光のページェント20191207-3
慣れないコンデジ撮影のため画像は綺麗ではありませんが、
SENDAI光のページェント20191207-4
12/6〜12/31まで開催中ですので、是非現地でご覧頂きたいと思います。
因みに、昨年は236万人が訪れているらしいですよ。(^-^)/
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

MF情報

 2019-10-31
2019年10月31日(木) 本日10月最終日、今年も残す処あと2ヶ月ですか〜(;^ω^) 早っ!
今週は所用で故郷に帰っていたのですが、いつものA公園はどうなっているのか気になっていましたので、本日チラッと見に行って来ました。
勿論、車はまだ入れませんが歩きなら何とか・・・(^_-)-☆

通称「ごみ置き場」は、未だに水が引いていません。
ここを塒にしていた公園猫ちゃんは無事だったのでしょうかね? ちょっと心配です。
秋ヶ瀬子供の森20191031-1
レンジャク広場の水場はご覧の通り。
赤矢印の倒木に注目!(何を言ってるのか解かる方は、かなりの秋ヶ瀬「通」ですね)
秋ヶ瀬子供の森20191031-2
遊具付近は一見すると「普通」に見えますが、
秋ヶ瀬子供の森20191031-3
K森正面駐車場方面は、こんな感じで「泥とゴミ」
秋ヶ瀬子供の森20191031-4
テニスコートに至っては、う〜ン!”何だかな〜ぁ”(@_@;)
秋ヶ瀬子供の森20191031-5
更に、M池方面へ向かうと、駐車場は泥とゴミの山が
秋ヶ瀬三ツ池20191031-1
ターゲットバードゴルフ場に至っては、このあり様。
秋ヶ瀬三ツ池20191031-2
ズームしてみると・・・ほとんどゴミで埋め尽くされていました。
秋ヶ瀬三ツ池20191031-3
P森方面へ進んでみると、駐車場はゴミの山。
秋ヶ瀬三ツ池20191031-4
P森駐車場は、「泥の川」と化していました。
秋ヶ瀬P森駐車場20191031
きめの細かい滑り易い泥が森の中を覆い尽くしているので、本日は森の奥まで入りませんでしたが、見るからに復旧への道のりは遠そうですね。(*´Д`)
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(2)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫