FC2ブログ

ハイイロチュウヒ飛ぶ!

 2019-12-22
2019年12月22日(日) 本日は、鳥撮りお休みします(^o^;)
・・・am5:00予約投稿。

なので、今日の投稿は一昨日の渡良瀬遊水地での鳥見から、
16:10頃の筑波山遠景です。
筑波山遠景20191220

この日の日中は気温が高く更に夕方になっても比較的風も弱く、ハイイロチュウヒなどの塒入りを撮影しようとCマン達が大勢集まっていました。
しかし、肝心のハイイロチュウヒ雄の姿はなかなか現れず、大半のCマン達が帰った16:30過ぎ、ようやくお目当てのハイイロチュウヒが飛んでくれました。
但し、最初に飛んだのは雌でしたが・・・
ハイイロチュウヒ♀20191220
雌の姿を追い続けていると、雄も登場して暫くランデブー飛行です。
ハイイロチュウヒ♂♀20191220
日の入りの時間も過ぎ、辺りは薄暗く更に無茶苦茶遠くを飛ぶハイイロチュウヒ。
画像はかなり荒れていて見るに堪えないものですが、証拠写真としてノートリ(リサイズのみ)で掲載します。
ハイイロチュウヒ♂20191220-1
なので、拡大画像には決してしない様に!(/ω\)
ハイイロチュウヒ♂20191220-2
イメージ重視で状況を想像して頂ければ幸いです。
ハイイロチュウヒ♂20191220-3

ハイイロチュウヒ♂20191220-4

ハイイロチュウヒ♂20191220-5

ハイイロチュウヒ♂20191220-6
約10分間、遠くの葦原を悠々と飛ぶ姿が見られました。
ハイイロチュウヒ♂20191220-7
結果、この日のハイイロチュウヒの塒入り時間は、16:41分でした。
スポンサーサイト



カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

2019SENDAI光のページェント

 2019-12-08
2019年12月8日(日) 鳥見が全く出来ないまま約2週間が過ぎました。(*´з`)
その間いろいろな事があったのですが、一応昨夜で区切りが着き、本日昼頃我が家に辿り着いた次第です。
昨夜は数十年ぶり(30年ぶりかな?)に故郷のイベントを覗いて来ましたので、その時の写真を載せてみようと思います。

12月7日(土)15:00頃の定禅寺通り
定禅寺通り20191207-1
この時間帯は、ほとんど人通りはありませんが・・・
定禅寺通り20191207-2
ここ定禅寺通りにある160本のケヤキ並木に、約60万球のLED電飾が取り付けられています。

17:30過ぎにLED電飾が点灯されると、
SENDAI光のページェント20191207-1
身動きが出来ないほどの人・ひと・人
SENDAI光のページェント20191207-2
18:00 すべての明かりが1分間消え、一斉に再点灯する「スターライト・ウインク」
しかし、カウントダウンのアナウンスも無く、油断してしまい動画撮影出来ず!(ガックリ・・・)
SENDAI光のページェント20191207-3
慣れないコンデジ撮影のため画像は綺麗ではありませんが、
SENDAI光のページェント20191207-4
12/6〜12/31まで開催中ですので、是非現地でご覧頂きたいと思います。
因みに、昨年は236万人が訪れているらしいですよ。(^-^)/
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

MF情報

 2019-10-31
2019年10月31日(木) 本日10月最終日、今年も残す処あと2ヶ月ですか〜(;^ω^) 早っ!
今週は所用で故郷に帰っていたのですが、いつものA公園はどうなっているのか気になっていましたので、本日チラッと見に行って来ました。
勿論、車はまだ入れませんが歩きなら何とか・・・(^_-)-☆

通称「ごみ置き場」は、未だに水が引いていません。
ここを塒にしていた公園猫ちゃんは無事だったのでしょうかね? ちょっと心配です。
秋ヶ瀬子供の森20191031-1
レンジャク広場の水場はご覧の通り。
赤矢印の倒木に注目!(何を言ってるのか解かる方は、かなりの秋ヶ瀬「通」ですね)
秋ヶ瀬子供の森20191031-2
遊具付近は一見すると「普通」に見えますが、
秋ヶ瀬子供の森20191031-3
K森正面駐車場方面は、こんな感じで「泥とゴミ」
秋ヶ瀬子供の森20191031-4
テニスコートに至っては、う〜ン!”何だかな〜ぁ”(@_@;)
秋ヶ瀬子供の森20191031-5
更に、M池方面へ向かうと、駐車場は泥とゴミの山が
秋ヶ瀬三ツ池20191031-1
ターゲットバードゴルフ場に至っては、このあり様。
秋ヶ瀬三ツ池20191031-2
ズームしてみると・・・ほとんどゴミで埋め尽くされていました。
秋ヶ瀬三ツ池20191031-3
P森方面へ進んでみると、駐車場はゴミの山。
秋ヶ瀬三ツ池20191031-4
P森駐車場は、「泥の川」と化していました。
秋ヶ瀬P森駐車場20191031
きめの細かい滑り易い泥が森の中を覆い尽くしているので、本日は森の奥まで入りませんでしたが、見るからに復旧への道のりは遠そうですね。(*´Д`)
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

本日のA公園

 2019-08-19
2019年 8月19日(月) 暑い夏が続いていますが、いつの間にか八月も残りわずかになって来ましたね。
子供達も、あと一週間ほどでこの楽しかった夏休みが終わろうとしています。

夏休みと言えば、遠い遠い記憶の中に「夏休みの宿題」の苦い思い出があります。
夏休みも終盤になると、それまでほとんど手を付けていなかった学習帖(ドリル)や感想文、更には「自由研究」も有ったりして・・・。
半べそをかきながら机に向かうのですが、自由研究だけは一日で出来る筈もありません。(´・ω・`)
そこで、短期間で簡単に出来ることと言えば、「身近な場所での昆虫採集」ぐらいだったかな〜!? 
そうです! いわゆる「やっつけ仕事」で「ナンチャッテ自由研究」。とにかく「宿題を出せばイイ!」ってことにしちゃうしかありません。(^^)/

と言う事で、本日はいつものA公園を廻り、昔を思い出しながら目についた昆虫を片っ端から撮ってみました〜。
最初に見つけたのは、樹液に群がるコガネムシとカブトムシ
カブトムシ20190819
勿論、定番のアブラゼミも
アブラゼミ20190819
昔は「蝶」だとは思っていなかったイチモンジセセリ ミヤマチャバネセセリかも?
イチモンジセセリ20190819
ジャコウアゲハ♀は貴重品?でした。
ジャコウアゲハ♀20190819
アサマイチモンジに
アサマイチモンジ20190819
ウラギンシジミ
ウラギンシジミ♂20190819
こちらも定番サトキマダラヒカゲです。
サトキマダラヒカゲ20190819
大夫撮れ(捕れ)て来ましたが、まだ自由研究というほどでは・・・。
そうだ! シオカラトンボも居たし、
シオカラトンボ20190819
スケバハゴロモや
スケバハゴロモ20190819
ベッコウハゴロモも入れちゃおう♪
ベッコウハゴロモ20190819
”これでどうにか出せそうだ!” 出来(評価)は二の次、提出することに意義がある!と。。。

はい! これで、しばらく休んでいたブログも更新することが出来ましたとさ・・・。
えっ、昔とチットも変わってねえじゃねえか!って (;^ω^)
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

北海道探鳥旅 その7【シマアオジ】

 2019-06-26
6月14日(金) 空の色が鉛色に染まり、更には強風が吹き荒れる最悪の天気。
それでも日本最北端の宗谷岬を制覇し、この日は稚内のビジネスホテルに宿泊することにしました。
翌15日は、昨日の天気がウソの様に晴れ渡り絶好の鳥見日和。ホテルを4:00出発しサロベツ原生花園には5:00到着。

早朝5時では、いくら土曜日でも観光客の姿は殆ど居ませんよね。
先ずはゆっくりと園内を回り、雄大な景色を堪能します。
利尻富士を望む20190615

時計回りで木道を歩いていくと、数人のCマン達が画像をチェック中でした。
さては、シマアオジかな?
その中の一人にお話を伺うと・・・かなり遠くにポチッとゴマ粒みたいに登場したらしいっス。(;^ω^)

十数分後、その方向を重点的に探していると・・・見つけました。(*^^)v
無茶苦茶遠くにそれらしい鳥影。この画面で判りますか???
シマアオジ20190615-1
かなりトリミングしても、こんな感じにしか・・・(;^ω^)
シマアオジ20190615-2
その距離、100m以上。

シマアオジ君が止っているのはコバイケソウの上
コバイケソウ20190615
その周りにはエゾカンゾウの花が咲いています。
エゾカンゾウ20190615

暫くして、ほんの少しだけ近くに来たシマアオジ君ですが、
シマアオジ20190615-3
それでも十分遠い!
シマアオジ20190615-4
でも、贅沢は言ってられません。
シマアオジ20190615-5
とにかく、アングルを変えたりしながらシャッターを押すのみ!!
シマアオジ20190615-6

シマアオジ20190615-7
結構長い間同じ花に止っていたのですが、その後行方不明になり撮影会終了。
シマアオジ20190615-8
まだ未練が残る人たちを残し、次なるポイントへ移動することにしました。
シマアオジシューター20190615

おいおい、まだ続くのかよ!?
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫