昆虫探し

 2018-06-13
2018年6月13日(水) さて今日は何処へ行こうか?と迷いながら車を走らせていると、ふと国蝶オオムラサキのことが頭を過ぎり、いつもの森をス〜ッと通過してR町まで行って来ました。
しかし、昨日数頭羽化したばかりで本日の羽化予定はないとの事で、残念ながらオオムラサキには会えませんでした。(;^ω^)
管理人さんの話では、明日か明後日頃に羽化する予定の蛹が沢山あるので、もしよかったら出直してみては?との事でしたが・・・。
でも、せっかく来たので園内をぐるっと回って見ると、最初に見つけたのはムラサキシジミです。
ムラサキシジミ20180613
オオミドリシジミの産卵シーンも見られました。
オオミドリシジミ20180613

その他にも沢山の蝶が飛んでいましたが、いわゆる普通種でしたので、蝶以外の昆虫をご紹介しようかと思います。
先ずは、ちょっとキモカワ系の部類に入る「クワゾウムシ」です。
クワゾウムシ20180613-1
いやいや! 間違いなくキモイのですが、
クワゾウムシ20180613-2
お世辞にも可愛いとは・・・??? (;^ω^)
クワゾウムシ20180613-3
続いては、背中のハートがトレードマークの「エサキモンキツノカメムシ」です。
エサキモンキツノカメムシ20180613-1
雌は卵を守る習性があるらしいんですよ!(^_-)-☆
エサキモンキツノカメムシ20180613-2

鳥さんが少ないこの時期、こんな感じで昆虫探しも時間つぶしにはもってこいなんですがね、後から名前を調べるのが大変なんですよ〜(´ω`*)
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

離島遠征 Part8

 2018-05-31
2018年5月31日(木) 本日もお仕事で、鳥撮りはお休みです。(;^ω^)
長々と続いた離島シリーズ最終回。これまで紹介できなかった鳥さん達を一挙に掲載しますが、この他にも沢山の出逢いがあった遠征でした。
島上陸直後、宿の前でコホオアカ
コホオアカ201805離島
その他にも、アトリ,カワラヒワ,キマユホオジロ,マヒワ,,カシラダカ,ムシクイ類など確認してから島の奥へと向かうと・・・
トケン類が3羽で飛び回っていました。
こちらの個体は、鳴き声からカッコウと判明しましたが、
カッコウ2011805離島
鳴き声が聞こえないと判別が難しいですね(;^ω^)
こちらも鳴き声からホトトギスと決定。
ホトトギス201805離島
続いて、道端ではシベリアアオジと
シベリアアオジ201805離島
キマユホオジロ。
キマユホオジロ201805離島
上空には、コシアカツバメと
コシアカツバメ201805離島
アマツバメが飛んでいました。
アマツバメ2001805離島
満開だったオオハナウドに乗った様に見えるサンショウクイと
サンショウクイ201805離島
ニュウナイスズメ。
ニュウナイスズメ201805離島
ムシクイ類も判定が難しく殆ど判りませんでしたが(・・?
こちらは頭央線がハッキリしているのでセンダイムシクイで間違いなさそうですね(^_^;)
センダイムシクイ201805離島
平地でも見られるコムクドリや
コムクドリ201805離島
ヒレンジャクにも会うことが出来ました。
ヒレンジャク201805離島

最後になりましたが、ご一緒して頂いたMさん,Eさん,Sさん、8日間本当にお疲れ様でした。
この場をお借りして御礼申し上げます。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

離島遠征 Part4

 2018-05-26
2018年5月26日(土) 離島シリーズ第4弾 海辺で見られた鳥達です。

最初はサルハマシギ(初見初撮り)、後ろにはキョウジョシギの姿も。
サルハマシギ20180514
こちらはキアシシギ
キアシシギ20180515
見慣れたムナグロも居ました(^^♪
ムナグロ20180517-1
同じくムナグロ
ムナグロ20180517-2
続いては、イソシギ
イソシギ20180516
キタツメナガセキレイ(初見初撮り)
キタツメナガセキレイ20180517-1

キタツメナガセキレイ20180517-2
ソリハシシギも1羽居ました(^^♪ (こちらも初見初撮り)
ソリハシシギ20180520-1

ソリハシシギ20180520-2

何とR池には1羽のオシドリが羽根を休めていました(;^ω^)
オシドリ20180514
宿の近くではオオジシギらしき飛翔体も(^^;)
オオジシギ20180514

離島遠征第4弾は、シギ・チドリを中心にしてみました。 
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

今日もまた

 2017-11-25
2017年11月25日(土) 良く晴れた朝、S公園〜S湖方面へ向かうと多くの子鳥達が迎えてくれました。
オオジュリン,ベニマシコ,アリスイ,ホオジロなど、しかし、あまりに遠く更には朝陽が強すぎてあまり良い画にはなりません(;^ω^)
一応証拠写真だけを何枚かゲットした後、K森へ向かい青い子を探しますが、こちらはタッチの差でお隠れになったばかりとか!?
仕方なく鳥友と二人で昨日のムシクイが出た場所に向かうと・・・何と、昨日と全く同じ樹に居るではありませんか(^^♪
慌てて臨戦態勢に突入です!!
オオムシクイ?20171125-1

オオムシクイ?201725-2

オオムシクイ?20171125-3

オオムシクイ?20171125-4

オオムシクイ?20171125-5

オオムシクイ?21071125-6

オオムシクイ?20171125-7

オオムシクイ?20171125-8
今日も沢山遊んで貰ったのですが・・・未だにその正体は不明のままです。(;^ω^)
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

あなたは誰?

 2017-11-24
2017年11月24日(金) 二日ぶりの鳥見です。ちょっと出遅れたので、今日は真っすぐA公園K森へ。
狙いは、そうですねぇ? やはりルリ男君かな!?とポイントに向かうと、すでにCマンが大勢スタンバイ中でした(^^;)
そこで、知り合いのFさんご夫婦に状況を訪ねてみると、少し前から姿が見えなくなってしまったとのこと。
ここで待つよりも、新たな出会いを求めてその先へと進んでみましたが、結果は・・・丸坊主(;´・ω・)
殆どシャッターを押さないまま、いつの間にか時間だけが過ぎて行き、常連さん達が次々に帰り仕度を始めた頃、居残り5人組で最後の望みを掛け森を半周してみると、こんな子が登場してくれました(*^-^*)
最初はウグイスさんかと思って撮っていたのですが、ムシクイさんですよね!?
でも・・・あなたは一体何者なの? キマユムシクイさんでしょうか?
?ムシクイ20171124-1
それとも・・・えっ!珍鳥だったりして?
?ムシクイ20171124-2
鳴き声は全く聞こえて来ませんが・・・
?ムシクイ20171124-3
写真で見ると囀っていたようにも?
?ムシクイ20171124-4
さてさて???
?ムシクイ20171124-5
翼帯もハッキリしていないし?
?ムシクイ20171124-6
勿論、頭央線もない!
?ムシクイ20171124-7
一体あなたは、誰?
?ムシクイ20171124-8

?ムシクイ20171124-9

この手の鳥さんの同定は、所詮ビギナーの手には負えません(;´・ω・)
どなたか判る方教えて下さ〜い。

(11月25日追記)
一緒にいたNさんのブログでは、オオムシクイ?とされていました。
モノの本によると、亜種コムシクイ,オオムシクイ,メボソムシクイは、見た目での識別は困難と記されていますが、いずれにしても、日本では夏鳥として紹介されるムシクイ達、今頃MFに現れるとは・・・?
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫