FC2ブログ

久し振りの投稿です

 2019-03-05
2019年 3月5日(火) 風邪をひいた訳でもなく、花粉症はあるものの体調は至って良好。但し、何かと野暮用があって暫くブログ更新する事が出来ませんでした。(;´・ω・) 
本日久し振りにA公園を訪ねてみると、期待の星レンジャクさんは未だに飛来せず、森の中はほぼ1週間前と変わっていませんでした。
そんな森の中で小さな変化といえば、とてもシャイだったルリ男君がステージ中央に出て来るようになっていました。
ルリビタキ♂20190305-1
ちょっと前までは隠れるように暮らしていたのに、随分と大胆になったルリ男君
ルリビタキ♂20190305-2
でも、そろそろお別れの時が近づいて来ていますよね〜。
ルリビタキ♂20190305-3
他には、近くでオオタカの鳴き声が聞こえていたのですが、なかなか見つける事が出来ません。
そうこうしているうちに、森の中から飛び出し遠くへ飛んで行く後ろ姿がチラッと見えただけで終了。

その後K森を後にしてM池に回って見ましたが、広場の水たまりにタヒバリが10数羽降りていたぐらいで
タヒバリ20190305-1
他には殆ど鳥影なく、
タヒバリ20190305-2
午後からは「ドライブ」に切り替えました。

そうなんです! 本日「ハヤブサ2」の初乗りなのです。
この子は3月1日に納車されたのですが、3月2日は「初代ハヤブサ」を400km離れた実家まで届けて。
そのまた翌日からは・・・。と、今日まで車庫に入りっぱなしでした。

2014年3月から良き相棒としていろいろな所へ出掛けた「初代ハヤブサ」。
実家近くの空き地で、最後の雄姿です。
先代ハヤブサ20190302-1
因みに、この後ろ姿も大好きでした。
先代ハヤブサ20190302-2
長い間遊んでくれて”あ・り・が・と・う”(^^)/

そしてこちらが新しくやって来た「ハヤブサ2」。
テールランプ部が初代ハヤブサとよく似ているんですよ〜。
ハヤブサ2-20190305
これから良きパートナーとして、末永く”よろしくね〜♪”

本日80kmほど走りましたが、中々コミュニケーションが取れず悪戦苦闘。早く操作方法をマスターしないとね(;^ω^)
スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(1)
タグ :

第14回秋ヶ瀬野鳥クラブ写真展

 2018-11-04
2018年11月4日(日) 昨日より、さいたま市桜区プラザウエスト1階ギャラリーにて、「第14回秋ヶ瀬野鳥クラブ 写真展」が開催されております。
私も今回初出展したこともあり、家族揃って本日昼頃に訪ねてみました。
会場内には会員各位の力作が勢ぞろい。
秋ヶ瀬野鳥クラブ写真展20181104-1

秋ヶ瀬野鳥クラブ写真展20181104-2

秋ヶ瀬野鳥クラブ写真展20181104-3

秋ヶ瀬野鳥クラブ写真展20181104-4

秋ヶ瀬野鳥クラブ写真展20181104-5

秋ヶ瀬野鳥クラブ写真展20181104-6
※11月11日(日)まで開催されておりますので、皆様のご来場を心よりお待ちいたしております(^o^)丿

・3日(土)の鳥見結果
昨日午後、写真展準備作業終了後にP森〜K森と回って見ましたが、前日確認されたリュウキュウサンショウクイの姿は見つけられず、やっと見つけたのはこの子だけ(;^ω^)
K森に新しく入ったアカハラさんです。
アカハラ20181103
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日の1枚

 2018-08-03
2018年8月3日(金) クーラーの効いている部屋から外に出ると、一瞬”クラ〜ッ!”と、めまいを感じる程強烈な暑さが続いていますねぇ。(オヤジギャグではありませんが・・・汗)
そんな中、本日はリハビリを兼ねて近くの都市公園を尋ねてみました。駐車場に車を止め、公園の真ん中にある池まで来ると、ゴイサギが激しく踊っている後ろ姿が飛び込んで来ました。はて(?_?)、シャッターを押すのを忘れ暫し見とれていると、やっと横顔が一瞬だけ見えました。
スタミナバッチリの大きなウナギと格闘していたのですね(;^ω^)
ゴイサギ20180803
たった2枚写した処で、後ろ向きであっという間に飲み込んでしまいました(@_@;) 早っ!!
ウナギを丸呑みして大丈夫なのでしょうかね??

本日都市公園でのお目当ては、鳥さんではなく小さな蜂さんだったのですが、残念ながら見つける事が出来ず暑さに負けて2時間で撤収となりました。何と言ってもこの暑さは殺人的な暑さですから、2時間が限界。(*´ω`*)

その探し物の本物が展示されていると聞き、実は昨日長瀞まで行って来ました。
場所は、埼玉県立自然の博物館です。
展示会パンフ・表

展示会パンフ・裏
展示会場は写真撮影OKとの確認を取り、その一部を写してきましたのでご紹介すると。
蜂の展示会20180802
私の大好物のセイボウのコーナー。セイボウの標本です(^^♪
セイボウ標本200180802
パネルもいろいろと
セイボウパネル1

セイボウパネル2

セイボウパネル3

蜂に興味のある方には大変お薦めの展示会です。受付では、「ハチを知る」の解説書も販売(¥600税込)していますし、担当の学芸員さんもとても親切にいろいろと教えてくれますよ♪
ただし、長瀞はちょっと涼しいのかな?と思っていたら、昨日は38℃でしたので無茶苦茶暑かったで〜す(^_^;)
熱中症には十分ご注意あれ!
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

昆虫探し

 2018-06-13
2018年6月13日(水) さて今日は何処へ行こうか?と迷いながら車を走らせていると、ふと国蝶オオムラサキのことが頭を過ぎり、いつもの森をス〜ッと通過してR町まで行って来ました。
しかし、昨日数頭羽化したばかりで本日の羽化予定はないとの事で、残念ながらオオムラサキには会えませんでした。(;^ω^)
管理人さんの話では、明日か明後日頃に羽化する予定の蛹が沢山あるので、もしよかったら出直してみては?との事でしたが・・・。
でも、せっかく来たので園内をぐるっと回って見ると、最初に見つけたのはムラサキシジミです。
ムラサキシジミ20180613
オオミドリシジミの産卵シーンも見られました。
オオミドリシジミ20180613

その他にも沢山の蝶が飛んでいましたが、いわゆる普通種でしたので、蝶以外の昆虫をご紹介しようかと思います。
先ずは、ちょっとキモカワ系の部類に入る「クワゾウムシ」です。
クワゾウムシ20180613-1
いやいや! 間違いなくキモイのですが、
クワゾウムシ20180613-2
お世辞にも可愛いとは・・・??? (;^ω^)
クワゾウムシ20180613-3
続いては、背中のハートがトレードマークの「エサキモンキツノカメムシ」です。
エサキモンキツノカメムシ20180613-1
雌は卵を守る習性があるらしいんですよ!(^_-)-☆
エサキモンキツノカメムシ20180613-2

鳥さんが少ないこの時期、こんな感じで昆虫探しも時間つぶしにはもってこいなんですがね、後から名前を調べるのが大変なんですよ〜(´ω`*)
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

離島遠征 Part8

 2018-05-31
2018年5月31日(木) 本日もお仕事で、鳥撮りはお休みです。(;^ω^)
長々と続いた離島シリーズ最終回。これまで紹介できなかった鳥さん達を一挙に掲載しますが、この他にも沢山の出逢いがあった遠征でした。
島上陸直後、宿の前でコホオアカ
コホオアカ201805離島
その他にも、アトリ,カワラヒワ,キマユホオジロ,マヒワ,,カシラダカ,ムシクイ類など確認してから島の奥へと向かうと・・・
トケン類が3羽で飛び回っていました。
こちらの個体は、鳴き声からカッコウと判明しましたが、
カッコウ2011805離島
鳴き声が聞こえないと判別が難しいですね(;^ω^)
こちらも鳴き声からホトトギスと決定。
ホトトギス201805離島
続いて、道端ではシベリアアオジと
シベリアアオジ201805離島
キマユホオジロ。
キマユホオジロ201805離島
上空には、コシアカツバメと
コシアカツバメ201805離島
アマツバメが飛んでいました。
アマツバメ2001805離島
満開だったオオハナウドに乗った様に見えるサンショウクイと
サンショウクイ201805離島
ニュウナイスズメ。
ニュウナイスズメ201805離島
ムシクイ類も判定が難しく殆ど判りませんでしたが(・・?
こちらは頭央線がハッキリしているのでセンダイムシクイで間違いなさそうですね(^_^;)
センダイムシクイ201805離島
平地でも見られるコムクドリや
コムクドリ201805離島
ヒレンジャクにも会うことが出来ました。
ヒレンジャク201805離島

最後になりましたが、ご一緒して頂いたMさん,Eさん,Sさん、8日間本当にお疲れ様でした。
この場をお借りして御礼申し上げます。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫