FC2ブログ

この時季の主役が来ないK森では、

 2019-02-24
2019年 2月24日(日) 天気予報通り「晴れ」、風も弱く絶好の行楽日和。
と言う事は、本日のA公園K森は家族連れやワンちゃんのイベントなどで賑わっていましたよ〜。
勿論、鳥屋さんも沢山来ていたのですが、この時季の主役さんは・・・さて、どうしちゃったのでしょうか!?未だにその姿を現しません(*´Д`)
そんなK森の今日の様子は、森に入って直ぐの所にいつものキクちゃんが出ていて、すでに5〜6名程のCマンが戦闘モード。
水場には人影なく鳥さんも出ていないようです。更に奥のルリ男君ポイントでは4〜5名のCマンがスタンバイ中でしたが、ここの管理人のTさんがやって来てルリ男の声真似で話し掛けると・・・。
これが直ぐに登場してくれました。(多分ただの偶然だとは思いますが(^_^;))
ルリビタキ♂20190224-1
でも、いつもの様に警戒心マックスのルリ男君です。
ルリビタキ♂20190224-2
次に、クロジポイントは人影まばらで今日は目撃情報なし。
もう一度水場を覗いて見ると、アトリが6羽(♂2、♀4)登場してくれました。(左端木陰に1羽居るのですが・・・)
アトリ20190224-1

アトリ20190224-2
アトリを撮っていると上空にオオタカが飛び
オオタカ20190224-1
グングン上昇して行きました。最近よく見かける若いお嬢様の様ですね。
オオタカ20190224-2
その他、いつも影虎(トラツグミ)が出るポイントにはシメが居ましたが、
シメ20190224
肝心の影虎はお留守のようでした。
また森に戻ってみると、巣作りに忙しいエナガが何組か見られ、アカゲラもチラ見したのですが画像はありません。

因みに、昨日も忙しなく飛び回っていたアカゲラ♂、やっと撮れたショットがこちら。
アカゲラ♂20190223
また、昼過ぎ頃駐車場で雑談中に突然現れ一瞬で飛び去ったハヤブサ
ハヤブサ20190223
など、ちょっとしたサプライズはあるものの、ここ数日は全く変化のないK森でした。

「お〜ぃ! レンジャクや~ぃ。早く来ないと美味しく熟したヤドリギの実がヒヨに全部食べられちゃうぞ〜!」
スポンサーサイト
カテゴリ :オオタカ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

田圃の真ん中で

 2018-12-06
2018年12月 6日(木) 今日は雨降りの為、鳥撮りはお休みです。
昨日コクマルガラスを撮影していた時一羽の猛禽が狩りをしていたのですが、この時はコクマルガラスを追うのに夢中で且つ車の死角と言う事もあり、猛禽が何者だったのかも分かりませんでした。しかし、ミヤマガラスの群れとともにコクマルガラスが遠くに飛び去った後、後をふり返って見ると遠くに猛禽の姿を見る事が出来ました。
3羽のハシボソガラスに囲まれたあの姿は、遠目にオオタカ?
オオタカ♀20181205-1
急いで近づいてみると、オオタカの雌でしょうか。足元には獲物が・・・。
オオタカ♀20181205-2

※ここからはちょっとグロい画像が続きますので、投稿を控えるかボカシを入れようかと迷ったのですが、やはりこれも自然の摂理。そのまま投稿することにしました。気の弱い方は、大きく拡大したりせず流してご覧頂ければと思います。

とは言え、あまりに生々しい画はカットしていますが・・・このオオタカさん、お食事中にも拘わらずこんなシーンも見せてくれました。
オオタカ♀20181205-3
徐々にお尻を持ち上げたかと思うと・・・
オオタカ♀20181205-4
予想通りの展開が、
オオタカ♀20181205-6
きっと食事中でも我慢が出来なかったのでしょうね(´艸`*)
オオタカ♀20181205-7
あ〜ぁ、スッキリした! (この間ずっと羽根を銜えたままでした。www)
オオタカ♀20181205-8

何度かカラスが近くに来ても全く無視。
オオタカ♀20181205-9

オオタカ♀20181205-10
とても精悍な顔立ちのオオタカさんでした。
オオタカ♀20181205-11
おしまい。
カテゴリ :オオタカ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

今日のK森

 2018-10-25
2018年10月25日(木) 本日は正真正銘の「秋晴れ」、気持ちの良い青空が広がり、”こんな日は猛禽類でも飛んでくれたら良いのにね〜”、と常連さん達と話しをしながらK森の中を進みR広場までやって来ると、何と!本当に飛んでくれました(^_-)-☆
オオタカの幼鳥でしょうか。こちらは最初に飛んだ個体①です。
オオタカ幼鳥①20181025-1
頭上を悠々と飛んで、旋回しながら
オオタカ幼鳥①20181025-2
高〜く舞い上がって飛び去って行きました。
すると今度は2羽のオオタカ幼鳥が一緒に飛んで来ました。
先頭を飛んで来た個体②
オオタカ幼鳥②20181025-1
同個体②
オオタカ幼鳥②20181025-2
後に続いてもう一羽(個体③)
オオタカ幼鳥③20181025
翼下面の模様が3羽とも異なっていますので、別個体と思われます。
オオタカ幼鳥が3羽も飛ぶとは思ってもみませんでしたが、後から聞いた話ではオオタカ成鳥も飛んでいたそうです。
今日はオオタカDayだった様ですね。

しかしK森の中は鳥影少なく、カケスだけが相変わらずドングリを一生懸命運んでいました。
カケス20181025-1
弾丸飛びのカケス、ソノウ部分が膨らんでいるのが見えますので、
カケス20181025-2
何個かドングリを飲み込み、更に1個咥えて戻って行く様です。
カケス20181025-3

その他にはムシクイが居ましたが、さて何ムシクイなのかは私には判断できません。(;^ω^)
一応、メボソムシクイじゃあないかと思われるのですが・・・。
メボソムシクイ?20181025-1
黄色味のある個体の様にみえましたけど、さて?
メボソムシクイ?20181025-2
カテゴリ :オオタカ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のK森

 2018-02-07
2018年2月7日(水) 今日も穏やかな冬晴れ、風も無く陽の当たる場所は暖かく、お目当ての鳥さんが現れるのをジッと待つのも苦にならない?・・・本当か!? (;^ω^)
しかし、その鳥さんは中々現れずCマンの数も徐々に減り、午後になるとほとんどの方達は居なくなっていました。
そんな中、ふと青空を見上げるといろいろな猛禽たちが飛んでくれました。
先ずは、オオタカの成鳥です。
オオタカ成鳥20180207-1

オオタカ成鳥20180207-2

続いて木立の中から登場したのは、オオタカの若鳥。
オオタカ幼鳥20180207-1
今日は2度も成鳥と若鳥が同時に現れましたが、撮っている時にはどちらか区別が着かず
オオタカ幼鳥20180207-2
とにかくシャッターを押すので精一杯で〜す。(;^ω^)
オオタカ幼鳥20180207-3
ノスリも飛んでいましたが、こちらは羽根がボロボロの個体
ノスリ20180207-1
別の個体は羽根がとても綺麗でした。
ノスリ20180207-2
これ以外にも、ツミらしき猛禽も居ましたが、残念ながらチラッと見ただけで飛ばれてしまいました。

今日はこれらの猛禽達に遊んで貰いましたが、残念ながらお目当ての鳥さんには会えず仕舞いでした。ガクッ(T_T)/~~~
因みに、本日のK森では朝8:30頃に2羽のヒレンジャクが目撃された様です。

(おまけ)
イラガの繭を一心不乱に小突いていたコゲラさんです。
コゲラ20180207-1
殻はとても固く、かなりの時間を掛けて中の幼虫を食べていましたよ。
コゲラ20180207-2
コゲラさん、お疲れ様〜(*^^)v
カテゴリ :オオタカ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

今日の鳥見

 2017-11-07
2017年11月7日(火) 今日も快晴。狙いの鳥さんが飛んでくれることを期待して、朝はS公園からS湖方面へ。
しかし、残念ながらお目当ての鳥さんには会えず仕舞い(;´・ω・)
飛び物も想定して、とにかく飛んでいる鳥さんで試し撮りし本番に備えましたが・・・撃沈 (ノД`)・゜・。

最初に飛んでくれたのは、マガモの群れ?
マガモの群れ20171107
続いては、ユリカモメ
ユリカモメ20171107

ここで一旦K森に向かい、森の中を2周ほど歩いて、こちらも「空振り」。
またまたS湖に戻ってみると、目の前からオオタカ(幼鳥)が飛び出して来ました。
オオタカ20171107-1
その後、オオタカは上昇気流に乗って高く遠くに消えて行ったのですが・・・
少し時間が経ち、気づいた時にはこちらに向かって一直線。
しっかり睨まれてしまいました。もうビックリ(@_@;)
オオタカ20171107-2
頭上を低空で通過し、葦原の木の中に入って行きましたが、その後は音沙汰無し(;'∀')
オオタカ20171107-3

本当は、こんな鳥さんにも逢いたかったのになぁ(;^ω^)
ハヤブサ(2017年11月5日撮影)
ハヤブサ20171105
ノスリ(2017年11月6日撮影)
ノスリ20171106
チョウゲンボウ(2017年11月6日撮影)
チョウゲンボウ20171106
以上
    青空バックの鳥さん達でした(*^-^*)
カテゴリ :オオタカ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫