FC2ブログ

本日のA公園

 2020-02-19
2020年 2月19日(水) いつものA公園に着くと、すでにヒレンジャク2羽が入っていたのですが、ヤドリギの裏側に居るので良く見えません。
そこで暫く待ってると、何とオオタカが突然登場しヒレンジャクは驚いて飛び去ってしまいました。
こちらがそのオオタカです。
オオタカ20200219-1
でも、ここ最近このエリアはオオタカの定位置でもありますから、仕方ありませんね。(^_^;)
オオタカ20200219-2

”まぁ、20〜30分も待ってれば帰ってくるんじゃないのかなぁ!?”と、楽観的に待ちますが・・・意外に長い時間が経ち、
その間にキクちゃんなどと遊んでいると、
キクイタダキ20200219
2羽のヒレンジャクは、やはり戻って来ました〜。
ヒレンジャク20200219-1

ヒレンジャク20200219-2

レンジャクが戻って来たのを確認したので、新たな出会いを求めて園内の巡回に入りました。
K国~水路~M池〜P森と廻り、帰りはその逆経路です。

なかなか新たな出会いがないままP森に到着。
すると、上空にノスリが飛来。
ノスリ20200219
一番奥の池には、ハシビロガモがたった1羽で悠々と泳ぎ。
ハシビロガモ20200219-1
一番大きな池には4羽のハシビロガモが。(写真は3羽ですが・・・)
ハシビロガモ20200219-2
その他には、グランドにタヒバリやツグミが多数居たぐらいで、特に出逢いも無くM池に戻ると、
昨日と同じジョウビタキ♂が挨拶に出て来てくれました。
ジョウビタキ♂20200219
次に、水路まで来ると、オオタカの若が見送ってくれた?
いやいや、こちらがオオタカを見送りです。
オオタカの後ろ姿(;^ω^)
オオタカ若20200219
という具合で、ごく普通の本日のA公園でした。 
それでも楽しい!!
スポンサーサイト



カテゴリ :オオタカ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のA公園

 2020-02-14
2020年 2月14日(金) 昨日4羽程のレンジャクが入ったと連絡があったA公園。今日も居てくれるかな〜と期待しながら行って見ると、”さっきまで5〜6羽居たんだけど、もう飛んじゃったよ〜”だって。。。
実は、昨日も8:00〜10:30まで時折小雨が降る中K森を廻っていたのですが、その時は鳥影なく早めに見切りをつけて他の公園へ移動した後に、レンジャクが入ったとの連絡を受けたのでした。(;^ω^)

”まあ、そんなこともあるよね(^^♪”と、「顔で笑って、心で・・・」。
気を取り直して園内を歩くと、オオタカが目の前を通過してメタセコイアの樹にとまるのが見えました。
急いでその方向へ向かいファインダーを覗くと、ゴチャゴチャの枝の中。
オオタカ20200214-1
数枚撮ったところで飛ばれてしまったのですが、裏手の木に止った様な???
走ってその方向に行って見ると、直ぐに見つかりました。
今度はスッキリした所にとまっていましたよ(*^^)v
オオタカ20200214-2

オオタカ20200214-3

オオタカ20200214-4

オオタカをゲットした後、水路方面へ一人で向かうとTさんが手招きをして「おいで、おいで〜♪」しています。
”ベニマシコが居るよ”と教えてくれました。
ベニマシコ♂♀のツーショットです。
ベニマシコ20200214-1
♀が1羽と
ベニマシコ♀20200214-2
♂が2羽居ました。
ベニマシコ♂20200214-3
暫くするとM池方面に3羽とも飛び去り、その後を追う様にM池へ行って見ると、
目の前にアカゲラ♀が飛んで来ましたが、ベニマシコは見つかりません。
アカゲラ20200214
そのままP森まで行って見たのですが、居たのはシジュウカラ,エナガ,シメ,コガモ,アカゲラ♀と、
アオジでした。
アオジ20200214
帰り道のM池では、今日も園内の清掃作業真っ只中で、乾燥した路面からは土埃(泥埃)が舞い上がり、視界不良になる程ひどい状況でした。
そんな中でもオナガを見つけて撮りましたが、写真の背景が泥埃で霞んでいるのが判るでしょうか?
オナガ20200214

本日はレンジャクには会えませんでしたが、こんな感じでいろいろと撮る事が出来満足の一日でした。
しかし、花粉症や新型コロナウイルス対策でなくても、マスクが必需品のA公園でしたよ。
いや〜ぁ、ゴーグルも必要だったかな!? (;^ω^)
カテゴリ :オオタカ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

三日坊主?

 2020-02-05
2020年 2月 5日(水) 今日は春が訪れた様な暖かな一日でしたね。
明日からは、また一気に冬に逆戻りするそうですので、体調管理を怠らない様にしないといけませんね。

さて、本日のタイトル「三日坊主」は、「飽きっぽくて、長続きしない事」の意味に使われる言葉なのですが、実は一昨日から本日までの三日間毎日鳥撮りに出掛けてはいるのですが釣(鳥)果なし、すなわち、この3日間ほぼ坊主(撮れ高なし)状態という事で「三日坊主」としました。(;^ω^)
「四日坊主」にならなければ良いのですが···。

3日(月)A公園。 終日レンジャク待ちでほぼ空振り。
オオタカの飛翔が唯一の鳥果。
オオタカ20200203

4日(火)A公園K森〜S公園。
ひたすら園内を歩き回り、S公園の葦焼き跡にタヒバリを発見するもアリスイの姿は見つけられず。
(;´・ω・)
タヒバリ20200204

本日。ちょっと浮気して千葉県R公園まで行って見たのですが、本命現れず撃沈。
ルリビタキの♀タイプは3〜4羽居たかな〜ぁ(。´・ω・)?
ルリビタキ20200205

本日偶然ご一緒させて頂いたA公園の常連Nさん、更に午後からは茶色のタバコがトレードマークのNさんも、”大変お疲れ様でした〜”。
いやはや、本当に疲れました(*´Д`)
カテゴリ :オオタカ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

わた雲と蒼鷹

 2020-01-23
2020年 1月23日(木) お日様が恋しい雨の木曜日、本日の鳥見はお休みです。
一昨日、コチョウゲンボウ撮影の後立ち寄ったいつものA公園では、快晴の空にぽっかり浮かぶ「わた雲(積雲)」をバックに悠々と飛ぶ蒼鷹(オオタカ)の姿がありました。

偶には、「雲」が主役ってアリですかね!? ・・・本人は結構気に入っていま〜す。(^_^;)
わた雲とオオタカ20200121-1

わた雲とオオタカ20200121-2

わた雲とオオタカ20200121-3

わた雲とオオタカ20200121-4

わた雲とオオタカ20200121-5

わた雲とオオタカ20200121-6

わた雲とオオタカ20200121-7

わた雲とオオタカ20200121-8

わた雲とオオタカ20200121-9

わた雲とオオタカ20200121-10

今後一週間の天気予報では、お日様は雲に隠れたままの様ですね。(*´ω`)
でも、雲を恨んでも仕方ないので、空の様子を伺いながら季節の鳥さんを待ちましょうかね(^o^;)
カテゴリ :オオタカ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のA公園

 2019-07-10
2019年 7月10日(水) いつものA公園に着くと、そこには見慣れた車は殆ど見当たらず、仕方なくP森を一人淋しく廻ってから別の公園へ移動しようと走り出し、K森を通過しようとした時・・・先程まで止っていなかった見慣れた車(2台)を発見!!
このまま通過するのも!?と慌ててハンドルを左に切り、車を止めて森の中へと進んで行きましたが、人影も無く静まり返っている森の中は湿気でムシムシとしていて、無数のやぶ蚊が手ぐすね引きながら待ち受けているだけでした。
森をほぼ一周した頃、車の主さんから連絡が入りやっと合流です。
”この辺りでオオタカの幼鳥が飛び回っているよ♪”と、嬉しいお言葉。早速辺りを見回してみると、一人のCマンがレンズを上に向けシャッターを押している姿が飛び込んで来ました。
さては!! 近づいて見ると・・・居ました。オオタカの幼鳥です(*^^)v
オオタカ幼鳥20190710-1
まだ独りでは餌も獲ることが出来ない幼鳥ですが、その顔にはもう立派な猛禽の「鋭い眼」が備わっていました。
オオタカ幼鳥20190710-2
光の関係でしょうか?その鋭い眼は淡いブルーに見え、より精悍な感じがしますね。

おっと! その鋭い眼で睨まれてしまいました。
オオタカ幼鳥20190710-3

この子は近くの樹々をちょっとづつ移動して、
オオタカ幼鳥20190710-4
親鳥の飛来を待っている様でした。
オオタカ幼鳥20190710-5
多分お腹が空いているのでしょうね。

暫くオオタカ幼鳥を楽しんだ後近くの田んぼに移動してみると、大きな声で囀るセッカの姿がありました。
セッカ20190710-1
子育て真っ最中なのかな?
セッカ20190710-2
更に、ここでは遠くの葦原をヨシゴイが飛んでいましたが、今日は見るだけで殆ど撮れずに撃沈。
また改めてチャレンジしようと思います。(^o^)丿

カテゴリ :オオタカ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫