一羽のヘラサギ

 2017-12-01
2017年12月1日(金) 今日は健康診断の日、それに霧雨も降る寒い朝となり、本日も鳥撮りはお休みです。
なので、11月27日の蕪栗沼探鳥報告第二弾(昨日の続き)です。
殆どのマガンが田んぼに飛び去った後、オジロワシなどの猛禽類を探して沼の中央部へと歩いて行くと、土手の草むらに真っ赤なベニマシコ♂と可愛いお嬢様も登場してくれましたよ。まぁ、ベニ君はMFにも沢山いるのでパスし前に進んで行くと、先程まで見えていた沼とは別の沼が見えて来ました。葦の隙間から沼の対岸を見ると、一羽の白い鳥が佇んで居ました。
おやぁ、何だろう?と双眼鏡で確認してみると、ヘラサギさんではありませんか!(^^♪
ヘラサギ20171127-1
お休み中のヒシクイ達に囲まれて、ストレッチ中のヘラサギ
ヘラサギ20171127-2
うん? ヒシクイ達は全くの無関心 (´艸`*)
ヘラサギ20171127-3
一応、ヒシクイも撮っておかないとね・・・(;^ω^)
ヒシクイ20171127

暫くすると、ヘラサギさんは餌探しを始めました
ヘラサギ20171127-4
オオハクチョウとのツーショット
ヘラサギ20171127-5
しかし、何とも特徴のある嘴ですよね♪
ヘラサギ20171127-6
餌を食べる時にも独特のポーズ、「パックン!」
ヘラサギ20171127-7
その後も同じ動きの繰り返しなので、ここらで撮影終了。
ヘラサギ20171127-8
以上。 たった一羽のヘラサギでした。 

※駐車場の掲示板には、沼で確認された鳥達が書いてありました。
そこには、マガン:7万数千羽(細かい数字は忘れました)、オジロワシ、ハイイロチュウヒなどが記されていましたが、日の出頃遠くの葦原にハイイロチュウヒ♂が飛ぶのを見ただけで、残念ながら今回オジロワシを見る事は出来ませんでした。
この沼は自然豊かで渡り鳥達の楽園なのでしょうね。機会があれば、また訪れてみようと思っています。

PS.当日ご一緒したHさん、早朝から半日大変お疲れ様でした。
   今回ヤマセミには会えませんでしたが、また一緒に鳥撮り楽しみましょう♪
スポンサーサイト
カテゴリ :ヘラサギ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫