FC2ブログ

蓮池のヨシゴイ

 2019-07-25
2019年 7月25日(木) 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、本日は「晴れ」の予報を確認してから、久し振りに隣県まで鳥見に行って来ました。
最近いろいろな方のブログに登場している蓮池のヨシゴイ狙いです。
途中の高速道では小雨が降っていたりもしてちょっと心配もしましたが、現地はバッチリ晴れていました。(^_-)-☆
現着9:00、暫くして本命のヨシゴイはちょっと遠くに現れ
ヨシゴイ20190725-1
狩りを披露してくれました。
ヨシゴイ20190725-2
お見事!小魚をゲット。 でも、ちっちゃ(´艸`*)
ヨシゴイ20190725-3
現在子育て中のお父さんヨシゴイは、その後も狩りを続けていたのですが、蓮の葉の陰になり撮影は出来ませんでした。(´・ω・`)

こちらは別個体のヨシゴイ♂
ヨシゴイ20190725-4
今日現在、この蓮池では2組の番がまだ子育て中の様でしたが、今年生まれた幼鳥の姿も見る事が出来ました。
ヨシゴイ20190725-5
この子を最初見た時は、成鳥♀かな?と見間違うほどでしたが、
ヨシゴイ20190725-6
頭部に産毛がまだ残って何とも可愛らしい(^◇^)

幼鳥でも、飛ぶ姿はそれなりにカッコいいい〜(^^♪
ヨシゴイ20190725-8

ヨシゴイ20190725-9

ヨシゴイ20190725-10

こちらはお母さんヨシゴイ
ヨシゴイ20190725-7
このお母さんはとても忙しく、巣の近くで待っている3羽の巣立ち雛にせっせと餌運びをしていました。

現地滞在3時間半。家に帰ってから気づいたのですが、日焼けした肌が真っ赤っか! 
雨の晴れ間と甘く見て、ちょっと油断してしまいましたね。(;^ω^)
スポンサーサイト
カテゴリ :ヨシゴイ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のA公園

 2019-07-10
2019年 7月10日(水) いつものA公園に着くと、そこには見慣れた車は殆ど見当たらず、仕方なくP森を一人淋しく廻ってから別の公園へ移動しようと走り出し、K森を通過しようとした時・・・先程まで止っていなかった見慣れた車(2台)を発見!!
このまま通過するのも!?と慌ててハンドルを左に切り、車を止めて森の中へと進んで行きましたが、人影も無く静まり返っている森の中は湿気でムシムシとしていて、無数のやぶ蚊が手ぐすね引きながら待ち受けているだけでした。
森をほぼ一周した頃、車の主さんから連絡が入りやっと合流です。
”この辺りでオオタカの幼鳥が飛び回っているよ♪”と、嬉しいお言葉。早速辺りを見回してみると、一人のCマンがレンズを上に向けシャッターを押している姿が飛び込んで来ました。
さては!! 近づいて見ると・・・居ました。オオタカの幼鳥です(*^^)v
オオタカ幼鳥20190710-1
まだ独りでは餌も獲ることが出来ない幼鳥ですが、その顔にはもう立派な猛禽の「鋭い眼」が備わっていました。
オオタカ幼鳥20190710-2
光の関係でしょうか?その鋭い眼は淡いブルーに見え、より精悍な感じがしますね。

おっと! その鋭い眼で睨まれてしまいました。
オオタカ幼鳥20190710-3

この子は近くの樹々をちょっとづつ移動して、
オオタカ幼鳥20190710-4
親鳥の飛来を待っている様でした。
オオタカ幼鳥20190710-5
多分お腹が空いているのでしょうね。

暫くオオタカ幼鳥を楽しんだ後近くの田んぼに移動してみると、大きな声で囀るセッカの姿がありました。
セッカ20190710-1
子育て真っ最中なのかな?
セッカ20190710-2
更に、ここでは遠くの葦原をヨシゴイが飛んでいましたが、今日は見るだけで殆ど撮れずに撃沈。
また改めてチャレンジしようと思います。(^o^)丿

カテゴリ :オオタカ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

久し振りの鳥撮り

 2019-07-08
2019年 7月 8日(月) 梅雨の中休みとなった月曜日、さて今日は何処に行こうかと迷いながらいつものA公園へ行って見ると、そこには見覚えのある車は一台も止っていません。(。´・ω・)?
そうなんですよね。最近パッタリと鳥影が少なくなってしまったA公園では、撮れるものと言ったら蝶か昆虫類ですから、それも同じモノばかりでは飽きてしまうのも道理です。
然らば、A公園は素通りして北西方向に進路を取りましょう!・・・でも、何処へ行くの???

さて、車任せに辿り着いたR町の蝶の里、しかし、オオムラサキの姿はなく、数個の蛹はまだ蚊帳の中。(*´ω`*)
居たのは、ルリシジミやヤマトシジミ、チャバネセセリにイチモンジセセリ、それと無茶苦茶飛んでいたヒメウラナミジャノメ。
う〜ん、これだけじゃね(*´ω`) と、ウロウロ歩き回って見付けたのは・・・
ヒカゲチョウ
ヒカゲチョウ20190708
クロヒカゲ♂
クロヒカゲ♂20190708
ここでもギンイチモンジセセリ
ギンイチモンジセセリ20190708
と、まあ期待とは裏腹に「ほぼ撃沈」(*´з`)

それでも、帰り道にちょっと脇道にそれて立ち寄った沢では、サンコウチョウを見る事が出来ましたよ(^_-)-☆
サンコウチョウ♂20190708-1
ただ、とても暗い場所で更に動きも早い為
サンコウチョウ♂20190708-2
満足な写真は殆ど撮れず(ノД`)・゜・。
サンコウチョウ♂20190708-3
とは言え、本当に久し振りの鳥撮りを楽しむことが出来たので、今日の所はこれで良しとしましょうかね。


【追加投稿】
先日から行方不明になっているフクロウの親子は、一体何処に行ってしまったのでしょうかね?
・フクロウ親(7月3日撮影)
フクロウ親20190703
・フクロウの雛(6月28日撮影)
フクロウの雛20190628
カテゴリ :サンコウチョウ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

北海道探鳥旅 最終回【番外編】

 2019-06-28
2019年 6月28日(金) 心配された台風3号の影響も意外に少なく、朝からまあまあのお天気。そこで今日は、昨日と同じくA公園へと足を運ぶ事にしました。
何と言っても3週間振りのA公園ですから、”さて、何処から見て歩こうか?”と、とても迷うところですが・・・まずは常連さん達が集まっている所からにしようとK森に到着。  
ひょっとして忘れられていると困るので、とにかく”お久しぶりで〜す(^^♪”って挨拶からスタートですからね。

一通りご挨拶が終わり、森の中はというと・・・???
そんな中、愛しのオオセイボウだけは私の帰りを待っていてくれた様です(*^^)v
今日の一枚
オオセイボウ20190628

しかし、他に掲載するモノが無く、やはり本日も北海道探鳥旅の続き(最終回)を掲載する事になってしましました。
最終回と言っても、これと言って特別なモノがある訳ではないのですが、今回の旅の締めくくりとして、北海道に残る大自然や動物達の営みに触れることが出来た「感動の旅」の中で、まだ掲載していなかった画を番外編としてまとめてみました。

摩周湖側から屈斜路湖方面の眺め
屈斜路湖20190611
摩周湖
摩周湖20190611-5

この日の夕方、摩周湖からの帰り道(宿泊先の道の駅に向かう途中)立ち寄った斜里川の「さくらの滝」。
さくらの滝20190611-1
ここは遡上するサクラマスが落差3.7mの滝を登る姿を見ることが出来る絶好のポイント
さくらの滝20190611-2
彼らにとっては、産卵場所に辿り着くまでの最大の難所なのでしょう。
勢いよく滝登りをする姿や
遡上するサクラマス20190611-1
必死にジャンプする姿などを見ていると
遡上するサクラマス20190611-2
何故か自然と見入ってしまい、その姿に思わず”がんばれ!!”って心の中で叫んでいる自分が居ました。
ちょっと立ち寄ったつもりでしたが、気づいて見ると数時間が経過して周りには誰も居なくなってましたね。(;^ω^)

所変わって・・・特に北海道でなくても普通に見られるハヤブサですが、この時は丁度子育ての真っ最中。
4羽の雛が崖の巣穴から顔を出していました。
ハヤブサ雛20190608
暫くすると、親鳥が獲物を持って現れ、一旦通り過ぎてから
ハヤブサ20190608-2
方向転換後
ハヤブサ20190608-1
巣穴に降り立ちます。
ハヤブサ20190608-3
勿論、腹ペコの子供達は我先におねだりするのですが
ハヤブサ20190608-4
”僕にも頂戴!!”・・・右上に見える子はポジションが悪く、
ハヤブサ20190608-5
食事にありつけたのが最後になった事は言うまでもありません。(^_^;)

以上。

今思い出してみると、あっという間の13日間でしたが、その間雄大な北海道の自然、その広さからくるユッタリ感やおおらかさなど、日々の暮らし・いわゆる「日常」との違いを存分に感じながら、全てが新鮮であり、本当に心の底から楽しめた「感動の旅」でした。
また来年も、この地に戻ってこようと思っています。  おしまい
カテゴリ :ハヤブサ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

北海道探鳥旅 その8【クマゲラ】

 2019-06-27
北海道へ上陸した7日と翌8日、思いがけなく・何といきなりクマゲラをゲットすることになりました。(*^^)v
「ビギナーズラック」とは、良く言ったものですね。
(このブログが掲載される頃には、すでに雛が巣立っていると思いますので、巣穴の写真も掲載します。)

初クマゲラ〜。 思っていたのより”デカい!”
クマゲラ20190607-1
こちらクマゲラのお母さん
クマゲラ20190607-2

クマゲラ20190607-3
こちらがお父さん
クマゲラ20190607-4
頭の赤い部分が違いますね。
クマゲラ20190607-5
もう一度、お母さん。
クマゲラ20190607-6

この時はまだ雛が小さく、巣穴の外に顔を出すことはありませんでしたが、
クマゲラ20190608-1
北海道初日から目標のクマゲラを撮る事が出来たので、
クマゲラ20190608-2
8日午後、次なる目的地道東方面に向け出発することにしました。

さて、次回はいよいよ最終回です。(^o^)丿

カテゴリ :クマゲラ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫