花にも止ったギンイチ

 2017-04-23
2017年4月23日(日) 休日更に絶好の行楽日和のA公園、チョット遅めに到着してみるとすでに駐車場は満杯状態(@_@;)
それでも何とか遠くの駐車場に止めてP森方向に歩き出し、途中ギンイチモンジセセリのポイントが近いので立ち寄ってみると、今日も居ましたよ(^o^)丿
5〜6頭、イヤもっと居たかもしれませんが、今日の個体は中々止ってくれません(*´ω`)
撮影に苦戦しながらも、タンポポに止った処をパチリ(*^^)v
ギンイチモンジセセリ20170423-1
翅を広げて日向ぼっこ?
ギンイチモンジセセリ20170423-2
この後、K森にオオルリ♂が居るらしいとの情報でP森には向かわずUターンしてK森へ向かいます。
森へ入ると、樹の高い所にオオルリ♂の姿がチラリと見えたのですが・・・見ただけで終了(;'∀')

帰り道S公園を覗くとここでも鳥さんには完全にフラれ、仕方なく散歩がてらに水門まで歩いて行くと・・・ビックリ!
ここでもギンイチモンジセセリ(春型)が2頭、菜の花の中を飛び回っているではありませんか(*^-^*)
ギンイチモンジセセリ20170423-3

ギンイチモンジセセリ20170423-4
菜の花がらみで
ギンイチモンジセセリ20170423-5

ギンイチモンジセセリ20170423-6

ギンイチモンジセセリ20170423-7

ということで、本日鳥さんの写真は一枚もありません m(__)m
スポンサーサイト
カテゴリ :ギンイチモンジセセリ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

春型は初見

 2017-04-20
2017年4月20日(木) 今日のK森は、昨日の賑わいが嘘の様にひっそりとしていました。
それでも一羽のキビタキ♂だけは、クヌギの樹の高い所を飛び回り、Cマン達の注目を一身に浴びていましたが、新しい夏鳥には会えないままP森へ移動しました。P森に入ると、キビ男君やセンダイムシクイなどにも遭遇しましたが、なかなか良い処には出て来てくれません(;^ω^)  仕方なくあちこち回ってみると、居ました! 
そろそろ出現しても良い頃だと予想した通り、ギンイチモンジセセリ春型♂が1頭 (^o^)丿
ギンイチモンジセセリ♂(春型)20170420-1
準絶滅危惧種に指定されているギンイチモンジセセリ、春型は初見初撮りです。
ギンイチモンジセセリ♂(春型)20170420-2
春型は、翅の裏側の銀白条が鮮やかですね(^^♪
ギンイチモンジセセリ♂(春型)20170420-3
羽根の表側も披露してくれました。
ギンイチモンジセセリ♂(春型)20170420-4

ギンイチモンジセセリ♂(春型)20170420-5

ギンイチモンジセセリ♂(春型)20170420-6
この個体、羽化したばかりなのか、あまり動きが早くありません。撮影し易くて助かりましたぁ(^.^)
ギンイチモンジセセリ♂(春型)20170420-7

森の中ではオオタカ♀と♂が、相変わらずの人気でした。
こちらは雌です。マッタリと休憩中
オオタカ♀20170420-1
別角度から
オオタカ♀20170420-2
オオタカ♂はお昼寝中でした(^_^;)
オオタカ♂20170420
カテゴリ :ギンイチモンジセセリ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

早春の蝶「コツバメ」

 2017-04-14
2017年4月14日(金) 本日から週末は仙台に出張中ですので、鳥撮りお休みです。
そこで今日は、一昨日、県中北部の公園へ早春の蝶を探しに行った時の報告です。
狙いの蝶はいろいろと有ったのですが、まともに撮れたのはコツバメぐらいでした(;´∀`)
また近いうちにトラフシジミなどのリベンジをしようと思っています。
最初は、露出設定が間に合わず「あなたは誰〜れ?」状態のコツバメです(^^;)
コツバメ20170412-1
コツバメはアセビの花が大好き♪
コツバメ20170412-2
マクロレンズで近づいてみると・・・
コツバメ20170412-3
全く飛ぶ様子も無く
コツバメ20170412-3
こんな感じに・・・なっちゃいました(^^;)  ※当日は風が強く撮影には苦労しました。
コツバメ20170412-4
この蝶、止っている時にはほとんど羽根を開きません
コツバメ20170412-6
やはりこの時期に会いたくなる蝶の一つですね。
コツバメ20170412-7
※今回は、3月〜4月限定の蝶、コツバメでした(^_-)-☆

(おまけ)ツマキチョウも沢山飛んでいました。でも、なかなか止らない(@_@;)
ツマキチョウ20170412-2


カテゴリ :コツバメ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

雨上がりのA公園

 2017-04-10
2017年4月10日(月) 二日間雨模様が続きましたが、本日は柔らかな春の日差しが降り注ぐ良い天気になりました。
家の用事を済ませてから、いそいそと夏鳥を探しにいつものA公園行くと、常連さん達が集まって樹の上にレンズを向けている姿が飛び込んで来ました。
これは! 探す手間が省けたかな?と、足早に近づいて覗いて見ると・・・?残念ながら夏鳥さんではありませんでした(;^ω^)
そうですよね! やっぱり自分の脚と眼で見つけなくっちゃいけません(*^^)v 
とは言うものの、残念ながら本日見つける事は出来ませんでしたが・・・ (ノД`)・゜・。
で、本日撮った獲物はというと・・・Nさんの帽子に乗ったアマガエル (^_-)
アマガエル20170410
P森では、5頭かそれ以上のツマキチョウが飛び交っていました(今季初撮り)
飛び物は難し過ぎて、この程度で精一杯でした(@_@;)
ツマキチョウ♂20170410-1
本当になかなか止ってくれないツマキチョウ(♂)でしたが、ちょっとだけ止った処をパチリ!
ツマキチョウ♂20170410-2
こちらは越冬個体のルリタテハです
ルリタテハ20170410
ツバメシジミ♂もいましたよ♪ (裏)
ツバメシジミ♂20170410-1
ツバメシジミ♂(表)
ツバメシジミ♂20170410-2
ツバメシジミ♂(少し模様の薄い個体)
ツバメシジミ♂20170410-3
最初に見た印象は「シルビアシジミ(絶滅危惧Ⅰ類)」ではないかと思ったのですが、裏が撮れていない為何とも???
でも多分ヤマトシジミ♂だと思われますね。(それにしても黒縁が広い個体でした)
ヤマトシジミ♂20170410
という具合に、本日は蝶撮りでたっぷり時間を使ってしまいましたので、夏鳥探しは明日以降に持ち越しです。
カテゴリ :ツマキチョウ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

クロコノマチョウ探し

 2016-10-21
2016年10月21日(金) 一昨日撮ったクロコノマチョウ、Mさんが「御開帳」のシーンを撮影した
との情報を得て、これは必見・絶対ゲットしたいものだと意気込んでK森へ行って見た。
探し回る事1時間、なかなか見つからない(+_+)  そんな時蝶博士のTさんが登場。
すると、「ほら! ここに居るよ♪」と簡単に見つけてしまう。流石、蝶博士(*^^)v
クロコノマチョウ♀と思われる
クロコノマチョウ♀20161021-1
「雌は後翅の中央帯が赤味を帯びる傾向がある」と本に書いてあるので・・・♀としました
クロコノマチョウ♀20161021-2
こちらは♂と思われる別個体
クロコノマチョウ♂20161021-1
翅が全体的に黒く中央帯も黒い。前出の♀タイプとは明らかに異なっていますね
クロコノマチョウ♂20161021-2
何とか表側を確認したいものですが、飛び立つ瞬間も速くて撮影出来ず
クロコノマチョウ♂20161021-3
御開帳を待つも・・・一回も開くことはありませんでした(*´Д`)
クロコノマチョウ♂20161021-4
森の片隅にメドウセージがひっそりと咲いていました
メドウセージ20161021
その他に撮った蝶達。 ムラサキツバメ♂
ムラサキツバメ♂20161021
キタテハ
キタテハ20161021
ベニシジミ
ベニシジミ20161021
アカタテハ
アカタテハ200161021
おまけは、トンボ(名前は解りません m(__)m )
トンボ20161021
森の中では鳥さんが見つからないので、本日は蝶撮りだけで終了しました。
カテゴリ :クロコノマチョウ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫