FC2ブログ

セイボウ捜索 Part2

 2018-07-02
2018年7月2日(月) 今年の梅雨明けが異常に早かったのが良かったかと云うと、ここの処の暑さは堪えますね〜。(´・ω・`)
天気は快晴、「絶好の○○日和」・・・いやいや、家を出る時には、後から”こんな猛暑日になにも虫探しをする事はないのに!?”と、「無言の声」が聞こえて来ました(;^ω^) 
”あっ!、毎度のことか!!”
いつもの森に行く前に、途中寄り道をしてチョウトンボを見に行って見ると・・・これが全く飛んでいません???
昨年は沢山飛んでいたのに、ちょっと遅れている様ですね。代わりに、大型のトンボ「ウチワヤンマ」が飛んでいました。いや失礼、止っていました(^^;
ウチワヤンマ20180702-1

ウチワヤンマ20180702-2
他にはこれと言った収穫も無く、いつもの森へ向かい青蜂探し・・・なのですが。
いや〜、暑い!! 汗が噴き出して止りません(@_@。
それでも何とかギンイチモンジセセリを見つけて、
ギンイチモンジセセリ20180702-1
数枚撮った処で別の森に逃げ込みました。
ギンイチモンジセセリ20180702-2
K森では、いつもの常連さん達が集まっていましたので、暫し足を止めて雑談&鳥談議。
因みに、挨拶の第一声は「暑いですね〜ぇ!!」


これだけでは淋しい?ので、先日の奥日光で撮った蝶などを掲載することにしま〜す。
最初は、ウスバシロチョウです。
ウスバシロチョウ20180624
次は、ヤマキマダラヒカゲ。結構大きな蝶で、あちらこちらで沢山飛んでいました。
ヤマキマダラヒカゲ20180624
大量発生していたと云えば、このフタスジチョウは一か所に20〜30頭が纏まってうごめいていましたね。
フタスジチョウ20180624
あとは、イブキトラノオに止るスジグロシロチョウ。
イブキトラノオに止るスジグロシロチョウ20180624
その脇には、ピンク色の小さな花・ハクサンフウロがひっそりと咲いていました。
ハクサンフウロ20180624
スポンサーサイト
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

セイボウ捜索

 2018-06-28
2018年6月28日(木) 朝方にはポツポツと小雨が降る事もあり、少し雲行きを見ながらいつもの森へ行って見ると、何と見事に雨模様! えェ〜(ノД`)・゜・。
暫く車の中で待機しましたが、中々雨は上がらず晴れ間も出て来ません。ガクッ(*´Д`)
今日は、突然消失したセイボウ広場の代替え場所を探して、公園内のヒメジョオン(姫女苑)やヤブジラミなどが咲いている、ここぞと思う場所で30〜40分程度セイボウの飛来を待ったのですが、気温33℃・湿度も高い上に直射日光が当たる場所で待つのは結構辛く・・・しかし、汗だくになりながらも「勝手な使命感」でそこをグッと我慢し数ヵ所回って見ました。
が、しかし・・・やはりそう簡単に見つかる筈もありません。
本日は、ほぼ体力の限界で15:00撤収としました。

そんな中、ちょっと遊んでくれたのはセイヨウミツバチ君です。
セイヨウミツバチ20180628
蜜を集めている花は、アレチハナガサ(荒地花笠※)でしょうか。
※港や海の近く,河川敷な環境の悪い場所に育つのでアレチの名が付く、薄い紫からピンクの星をちりばめた様な花が咲き、茎は四角形をしています。昭和の時代に、南アメリカ原産の帰化植物らしいです。
アレチハナガサ(荒地花笠)
ミツバチが来るのなら、ひょっとしてオオセイボウも来るかも!? なんて想像しながら待ったのですがね(´艸`*)

でも、この近くでは早くも夏型のギンイチモンジセセリが見られました。
ギンイチモンジセセリ♀20180628-1
胴体が太いので、雌の個体と思われます。
ギンイチモンジセセリ♀20180628-2
年に3回ほど登場するのですが、春型と違って銀色の筋が不明瞭ですね。
(当県では、絶滅危惧種に指定されている蝶です。)

さて、早く代替え地を見つけないと、この時期MFで遊んでくれる被写体が一つ消えてしまう事になりそうです。(涙)
カテゴリ :ギンイチモンジセセリ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

蝶撮りday

 2018-06-26
2018年6月26日(火) 本日は、いつぞやのリベンジとばかりに、R町・蝶の里まで出掛けて来ました。
現地に到着すると、前回は見られなかったオオムラサキが出迎えてくれたのですが・・・アチャ〜ぁ、またもや「雌」(;^ω^)
オオムラサキ♀20180626-1
本日朝に生まれたばかりの個体です。
オオムラサキ♀20180626-2
翅が開くのをジ〜ッと待つのですが・・・やっと開いた!と思ったら、これが一瞬で閉じてしまうのです。(;^ω^)
オオムラサキ♀20180626-3
本日見れたのはこの1頭だけでしたが、まだ蛹が10匹ぐらい残っていますので、まだまだ期待出来そうですよ♪
しかし、最近は綺麗な雄の個体にフラれっぱなしなので・・・次回はどうなるのでしょうかね???

園内をぐるっと回ってもあまり蝶は飛んでいませんでしたが、ジックリ探してみると・・・それなりに居るもんですね(^_-)-☆
出逢った順に、オオチャバネセセリ
オオチャバネセセリ20180626
サトキマダラヒカゲ
サトキマダラヒカゲ20180626
ヤマトシジミ
ヤマトシジミ20180626
ゴイシシジミ(初見初撮り)
ゴイシシジミ20180626

この他には見つかりませんでしたが、おまけでルリボシカミキリです。
ルリボシカミキリ20180626-1

ルリボシカミキリ20180626-2


カテゴリ :オオムラサキ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

最近のA公園

 2018-04-05
2018年4月5日(木) ここ数日暑い日が続きましたが、今日は朝から曇り空が広がり気温も低く、午後からは風も強くなって来ました。
実はここ3日間ず〜っとA公園へ行ってはいたのですが、まともに鳥さんを撮っていませんでした。
まだ夏鳥さんの姿も無く、今日に至っては昨日まで確認されていたヒレンジャクやコイカルの姿も見えません。
遂に旅立ったようですね。
そんな時、季節限定のツマキチョウだけは元気に飛び回っていましたので、レンズを向けてみますが・・・。
これが難敵、とにかく滅多に止ってくれないので、飛び物を撮ろうと頑張ってみるのですが、いつも撃沈(汗)
そうなんです。3日間ずっとこの蝶の飛び物を追い掛け、本日はその惨敗結果の報告です(ノД`)・゜・。
ツマキチョウ20180405-1
ピンが甘い!とか
ツマキチョウ20180405-2
綺麗じゃない!とかは別にして
ツマキチョウ20180405-3
雰囲気だけでもお楽しみください(;´∀`)
ツマキチョウ20180405-4
チャレンジしてみると、これが本当に難しいのです。
ツマキチョウ20180405-5
やっとタンポポに止ってくれました(^^♪
ツマキチョウ20180405-6
最後にアップで!
ツマキチョウ20180405-7

本日のP森ではクヌギの樹の高い所に、カワラヒワ、アトリに混じってマヒワが1羽
しかし、曇り空空抜けの為、証拠写真として掲載です(;´・ω・)
マヒワ20180405

※昨日と今日は、クヌギの花粉が大量に降っている森の中での撮影でしたので、家に帰ってからがもう大変(*_*;
 この時季スギやヒノキだけではないかも知れませんので、花粉症の方は十分ご注意下さい。
カテゴリ :ツマキチョウ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

今日もA公園

 2018-04-02
2018年4月2日(月) 今日も新しい出逢い?を求めてA公園へ向かいました。
最初はM池。到着すると、最初に挨拶してくれたのは、ホオジロさんでした。
ホオジロ20180402
続いては、桜の花びら絨毯に乗って?アカハラさん(まだ居たんかい!)
アカハラ20180402
ベニマシコさんも登場しました。後は桜の木です。(強引に桜がらみ)(^^;)
ベニマシコ20180402
約20羽のヒレンジャクも飛んで来て、遠くの柳の樹に止りました。(写真には15羽写っています)
ヒレンジャク20180402

次に向かったK森では、到着して直ぐ頭上をオオタカが飛びましたが、逆光気味で・・・真っ黒け!
オオタカ20180402
森の中には、いつものシロハラさんもまだ居ました〜。
シロハラ20180402
アオジ君もまだ沢山居ましたし、
アオジ20180402
アトリ,マヒワ,カワラヒワが混群でクヌギの樹でお食事中でした。
アトリ20180402
残念ながら、マヒワさんはまともな写真がありません(;´・ω・)

おまけで、ツマキチョウの♀がムラサキケマンに止ってくれたのでパチリ
ツマキチョウ♀20180402

本日出逢った順番での掲載になりましたが、夏鳥の便りにはまだちょっと早かった様ですね。
カテゴリ :ツマキチョウ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫