FC2ブログ

只今捜索中!

 2019-07-05
2019年 7月 5日(金) 本日は、梅雨の中休みといったところでしょうか!?
先ずは近くの公園を回って見たのですが、これと言った「獲物」は見つからず、あまりシャッターを押すことも無く家に戻って来ちゃいました。まさにこの梅雨空と同じく、何とも「スッキリしない!」そんな気分ですかね。(*´з`)

因みに、本日のメインテーマは、最近殆ど目撃しなくなってしまったオオセイボウです。
ウォンテッド20190705
そこで、以前目撃したことのある別の場所へと向かい探してみたのですが・・・やはりこちらも空振り(´・ω・`)
飛んでいたのはモンシロチョウやヒメアカタテハと
「アゲハ」
アゲハ20190705
「イチモンジセセリ」
イチモンジセセリ20190705

数時間後、この地を諦めてMFに戻り、一応再確認してみたのですが・・・う〜ん・残念!
一瞬飛んで来た様にも見えたのですが、多分「幻想」か「白昼夢」かもね(。´・ω・)?

代わりに居たのは、ツマグロヒョウモンや
ツマグロヒョウモン20190705
ギンイチモンジセセリ夏型♀でした。
ギンイチモンジセセリ20190705-1
このギンちゃん、同じ場所からあまり離れないのでジックリ観察して見ると、何と「産卵中」
ギンイチモンジセセリ20190705-2
でも、翅を広げたり
ギンイチモンジセセリ20190705-3
とてもフレンドリーな個体でしたよ(^^♪
ギンイチモンジセセリ20190705-4

さて、明日の天気はどうかな???
スポンサーサイト
カテゴリ :ギンイチモンジセセリ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

今日もP森で青い子探し

 2019-06-03
2019年 6月 3日(月)  昨日同様いつものA公園P森へ向かい、ヒメジョオンの咲く場所で「青い子」の登場を待っていると・・・いろいろな昆虫達がやって来ました。
登場順に紹介すると、最初はキマダラセセリ。
キマダラセセリ20190603
続いては、ハエ取り蜘蛛。
ハエ取り蜘蛛20190603-1
この蜘蛛、何とも愛嬌のある顔が魅力的ですよね。
ハエ取り蜘蛛20190603-2
次回は是非マクロレンズで狙ってみたいものです。(今回は300mmズーム使用)

さて、本命さんはまだ登場してくれませんが、昨日早くも現れたハラアカマルセイボウ、
ハラアカマルセイボウ20190603-1
今日も皆さんの注目を浴びての登場です。(^o^)丿
ハラアカマルセイボウ20190603-2
でも、昨日より出が悪く
ハラアカマルセイボウ20190603-3
長居もしてくれません。(;´∀`)

セイボウがなかなか現れない空白の時間帯には、ルリシジミなどを撮りながら待ち、
ルリシジミ20190603
何気なくふと目の前を見上げると、1頭のミドリシジミが止っているではありませんか(^_-)-☆
今季初見のミドリシジミでしたが、
ミドリシジミ20190603-1
昼過ぎのマッタリした時間帯なのでしょう、全く翅を開いてくれません。(*´Д`)
ミドリシジミ20190603-2
午前中、森の中を探し回っても見つける事が出来なかったミドリシジミ、
ミドリシジミ20190603-3
やっと撮る事が出来ました〜ぁ♪

6月に入り鳥枯れのA公園では、これから昆虫類が主役になります。
今日も見る事は出来ませんでしたが・・・”早く出てこいオオセイボウ! お〜ぃ、聞こえてるか〜ぁ♪”
カテゴリ :ミドリシジミ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日の鳥見

 2019-05-24
2019年 5月24日(金) いやはや何という暑さ(*´ω`*) 
車の温度計では、外気温36℃。まだ五月だと言うのに・・・先が思いやられます。
よりによってこんな暑い日に鳥見しなくても、と言われそうですが、本日もまだ見ぬサンコウチョウ♂を追い求め隣県まで足を延ばしたてみました。
さて結果は・・・?

まず最初に、T県A市D山です。(今年2度目の訪問)
駐車場に着く手前でサシバが頭上を悠々と飛んだので、慌てて車を止めその姿を捉えようと試みましたが・・・ガクッ。
時すでに遅く、お山の陰へ飛び去ってしまいました。(´・ω・)
気を取り直してお目当ての鳥さんを探しましたが、全く気配無く数時間が経ち 撃沈。

続いて訪ねたのが、そこから15Kmほど離れたD寺。
こちらは今年3回目の訪問ですが、これまでサンコウチョウの気配も無く、今日も空振りか???
などと、半分期待せずに水路沿いを歩き始めると・・・何と、そこには
オオルリ♂20190524-1
オオルリ君が美声を轟かせていました。(^^♪
オオルリ♂20190524-2
ここでオオルリに出逢うとは、嬉しい誤算でした。
しかし、目撃したのはこの一度きり。
暫くその場で待機していると、今度は同じ場所にこの子が登場してくれました。
キビタキ♂20190524-1
そうです!木漏れ日を浴びて登場したのは、キビタキ君です。
えェ〜。オオルリ君と縄張りが一緒?(?_?)
キビタキ♂20190524-2
いえいえ、ここはキビタキ君の縄張りの様で、
キビタキ♂20190524-3
まるでオオルリ君をけん制するかのように飛び回り、盛んに囀っていました。
キビタキ♂20190524-4
あまりの勢いに押され、オオルリ君は何処かへ逃げ込んだのでしょうかね?

坂を降りて駐車場の前まで来ると、足元をフラフラと飛ぶ赤っぽい蝶が1頭。
アカシジミです。
アカシジミ20190524-1
今季初撮りです。(よ〜ぉく見ないと見えませんが、足元には小さなアリさんの姿も写っていました。)
アカシジミ20190524-2

本日の走行距離170Km。
勿論、車のエアコン・フル稼働。
本命は撮れなくても、帰り道の冷たいドリンクが・・・”ウマ〜ぁ!”(^◇^)
カテゴリ :アカシジミ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

お花畑のギンイチモンジセセリ

 2019-05-01
2019年(令和元年)5月1日(水)  今日から元号が新しくなりましたが、この歳になると「さあ!気分を変えて!」とは成らず、ほぼ何も変わらないタダの5月1日(水曜日)でしかないことに気づきます。
いや、水曜日と言う事すら忘れそうです。だって、大型連休もゴールデンウィークもほぼ関係ないんですから(;^ω^)
ただ、日本の歴史上に於いては、「平成」から「令和」に替わる「特別な一日」であることは間違いありません。

さて、そんな5月1日ですが、いつもの様にいつもの場所へと向かって行くと、雨上がりの森の中はシーンと静まり返っていました。
朝、サンコウチョウを見た(撮った)という方もいらっしゃったようですが、全く見つけることが出来ずに撃沈。
そこで気分を変えて、暫く足を向けていなかったギンイチモンジセセリの発生場所を覗いて見ると、居ましたよ〜♪
お花畑の中を飛び回るギンイチモンジセセリ(♂)です。
ギンイチモンジセセリ20190501-1

ギンイチモンジセセリ20190501-2

ギンイチモンジセセリ20190501-3

ギンイチモンジセセリ20190501-4

ギンイチモンジセセリ20190501-5
こちらは別個体。ちょっと翅の色味が違いますね。
ギンイチモンジセセリ20190501-6

「鎮守の森の守り神」、または「農耕地の守り神」と呼ばれることもあるフクロウさん。
令和になって初お目見えです。
フクロウ20190501-1
どアップ
フクロウ20190501-2

やはり元号も改まったことだし、新たな気分で夏鳥探し「頑張ろう!」・・・(ほんまかいな?)
と言う事で、早速明日プチ遠征して来ま〜す(^^♪
カテゴリ :ギンイチモンジセセリ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のA公園K森

 2019-04-20
2019年 4月20日(土) 土曜日の朝、快晴・無風・そこそこの気温となれば、新たな夏鳥を期待していつものA公園へ行くっきゃありません。現着7:30、森の中からセンダイムシクイの鳴き声が聞こえて来ます。
”チィョ チィョ ビィー” ”チィョ チィョ ビィー” しかし、なかなかその姿を捉えることが出来ません(*´ω`*)
やっとその姿を捕捉しレンズを向けると、あっと言う間に枝葉の陰に隠れてしまいシャッターチャンスの少ないセンダイムシクイでしたが、何とか写っていたのがこちらです。(;^ω^)
センダイムシクイ20190420-1
一応まともに撮れたのは今季初かな?(汗)
センダイムシクイ20190420-2

センダイムシクイを追い続けてもキリがないので、次に広場へ向かうと頭上にキビタキ♂の姿を発見しました。
キビタキ♂20190420-1
少し飛んで良い所に止ってくれたキビ男君(*^^)v
キビタキ♂20190420-2
でも、チョット光が強過ぎですかね。

続いて現れたのは、コサメビタキでした。
コサメビタキ20190420-1
一応ピン甘の飛び物も(;^ω^)
コサメビタキ20190420-2

園路の上には久し振りにカケスの姿も
カケス20190420-1

カケス20190420-2

広場に戻ると、ツマキチョウも飛んでいましたよ♪
こちらは翅の先が黄色くないツマキチョウの雌。
ツマキチョウ♀20190420-1
翅の裏側は緑色の雲状(葉脈)模様のため、一旦見失うと何処に止っているのか判らなくなってしまいます。
ツマキチョウ♀20190420-2
雄に較べるとかなり地味目な蝶ですね。
ツマキチョウ♀20190420-3
同じ場所には雄も飛んでいたのですが、ほとんど止ることなく飛び続けていましたので、写真は撮れませんでした。(´・ω・)

この他にも、朝早い時間帯にはサンショウクイやアオバトの声もしていた(らしい)本日のK森でしたが、昼近くになるとこれがパッタリと鳴き止み、姿も見えなくなってしまったので本日は早めに撤収することにしました。
カテゴリ :ツマキチョウ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫