FC2ブログ

またまた大青蜂

 2019-08-12
2019年 8月12日(月) 山の日・振替休日
連日の猛暑日で冷房の効いた部屋から出るのが億劫になっていますが、家に閉じ籠っていてはブログネタも撮れないので、今日はいつもの「セイボウ花園」に行ってみました。
10:00頃現地に到着すると、”待ってました!”とばかりにBさんが現れてビックリ。(@_@;)
いつもながらに何という偶然でしょうかね (*^-^*)
”お久しぶり〜♪”と挨拶して一緒に女郎花が咲く場所へと歩いて行くと、
約10分後、お目当てのオオセイボウが現れ、
オオセイボウ20190812-1
その後も約20〜25分毎に登場してくれました。
オオセイボウ20190812-2
この大青蜂、毎回感心させられるのですが、
オオセイボウ20190812-3
登場する周期(時間)が本当に正確で、
オオセイボウ20190812-4
時計を見ながら”あと2分後に来るね!”と、Bさんと一緒にスタンバイすると、
オオセイボウ2190812-5
本当に時間通りやって来るのです。
オオセイボウ20190812-6
何故こんなにも時間に正確なのかは解かりませんが、お蔭で待ち時間の間はゆっくりと鳥談議などが出来るので、本当に助かっています。 (^^♪

因みに、オオセイボウの托卵相手スズバチも、女郎花の花に飛んで来ていましたよ〜。
スズバチ20190812

お昼近くになり次の登場を待っていると、空が少し暗くなり始め急にポツリポツリと雨が・・・。
暫く車の中で待機してみますが、雨雲が広がり大粒の雨が降って来たのでThe END!!

暑い中、偶然にもご一緒したBさん、お疲れ様でした。また一緒にセイボウ探ししましょうね♪


ここからは、8月8日 奥日光・戦場ヶ原の続きです。
2019年8月8日戦場ヶ原通行止め看板
因みに、撮れた鳥さんは遠くのノビタキ君ぐらいで、
ノビタキ♂20190808
その後は、「どえりゃぁ雨」が降って来てしもぉて、どないもなりませんでしたわ(´・ω・`)  おしまい
スポンサーサイト
カテゴリ :オオセイボウ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

梅雨が明ければ猛暑日

 2019-07-30
2019年 7月30日(火) 長かった梅雨が明け、ギラギラした太陽が戻ってくれば「さぁ 夏本番!」なのですが、こうも一気に気温が上がり猛暑日が続くと身体が付いて行きません。(;´∀`)
とは言え、家の中に閉じ籠ってばかりいるのも?ってことで、今日はちょっと遠くの蓮池を訪ねてみました。

現着6:45、駐車料金¥500を支払い奥の蓮池に向かうと、先着のCマン2名がスタンバイ中。
今朝の様子を伺って見ると、まだ一度も飛来していないとのこと。更には、最近飛来回数がメッキリ減っているらしいのです。
何か嫌〜ぁな予感が・・・(´・ω・)

まずはカワセミの飛来を待つ間、チョウトンボなどを撮って時間をつぶします。
蓮の蕾にとまるチョウトンボ♂
チョウトンボ♂20190730-1

チョウトンボ♂20190730-2
青色がとても美しいチョウトンボなのですが、
チョウトンボ♂20190730-3
光の加減では、金属光沢の藍色に
チョウトンボ♂20190730-4
紫がかった色彩もあり
チョウトンボ♂20190730-5
それなりに十分楽しめる被写体なのです。(^_-)-☆
でも、今日は♂が多く、♀も数匹確認出来たのですが殆どとまらず飛びっぱなしで撮れませんでした。

その他にモデルを務めてくれたのは、スズメの親子ぐらいですかね。
スズメの親子20190730-1
このお子ちゃま、もうすっかり親と同じくらいの大きさになっていますが、
スズメの親子20190730-2
まだまだ甘えん坊のようです。
スズメの親子20190730-3

スズメの親子20190730-4

因みに、本命はというと・・・予感が的中してしまい撃沈しました。
その頃には暑さもハンパなく、車のエアコンも効きが悪く感じましたね。

”さてこの暑さ、これから如何にして乗り切るか!?” 
家に着いてから、まずシャワーを浴び、そしてビールでも飲みながら考えるとするか(^_-)-☆
と、一目散に逃げ帰って来ました。(;^ω^)

カテゴリ :チョウトンボ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

お暑うございます

 2019-07-27
2019年 7月27日(土) 本日は土用丑の日。
台風6号も近づいて来ているのですが、あまりその影響も受けずに天気も晴れ、気温はウナギ登り〜。
いや〜ぁ 暑い!(@_@;)
こんな日はエアコンが効いている場所に居るのが正解なのでしょうが、あまり家の中に閉じ籠ってばかりいると「お腹の辺り」も気になってくるし、”今日はお出掛けしないの?”って、何処からか「天の声」も聞こえて来るので、しっかり暑さ対策をしてとある公園へ行ってみることにしました。
そろそろ女郎花が咲いているかも?と、ちょっと期待しながら覗いて見ると、ほんの少しだけ咲いてはいるのですが・・・まだ早かった様です。
えッ!? 何故「女郎花」かって?
はい、それは・・・黄色い花に止る「青い宝石蜂」を撮る為、で〜す。(*^^)v
残念ながら女郎花には止ってくれませんでしたが、居ることは居ましたよ♪
オオセイボウ20190727-1
それも2匹!
オオセイボウ20190727-2
但し、今日は何故かタッチandゴーばかりで、
オオセイボウ20190727-3
ゆっくり撮らせて貰えません。(´・ω・)
オオセイボウ20190727-4
更に、飛来する間隔も長く、その間隔もランダム。
その間、ツバメシジミや
ツバメシジミ20190727
ヤマトシジミなどを撮り時間つぶしをしていると、
ヤマトシジミ20190727
ここでは初めて見るハラアカヤドリハキリバチもやって来て、
ハラアカヤドリハキリバチ20190727-1

ハラアカヤドリハキリバチ20190727-2

ハラアカヤドリハキリバチ20190727-3
それなりにブログにアップするだけの画は確保出来たのですが、炎天下に2時間半も立ちっぱなしでは熱中症の危険もあり撤収することにしました。
直射日光をタップリ浴びた車の中は勿論温室状態でしたが、エアコンが効き始め吹き出し口からの冷風を浴びながら冷たいドリンクをゴクゴク・・・あ〜ぁ 生き返った! (´ω`*)
この暑さ、決して無理をしてはいけませんね!
カテゴリ :オオセイボウ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日の青い生きものたち

 2019-07-17
2019年 7月17日(水) 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃。やっと梅雨の晴れ間が期待出来るとの予報を信じて、今日はさいたま市のJ親水公園を訪ねて来ました。
毎年、この地では蓮がらみのカワセミやヨシゴイを撮っているのですが、今年は梅雨寒の影響なのでしょうか(?)、蓮の生育が思いの外悪く、更には釣り人の数も倍増?しているようで、カワセミはいつものダイビングポイントを失い、ヨシゴイは隠れる場所(営巣場所)がなくなり、両者とも確実に住みにくくなっていました。(´・ω・`)

それでもカワセミの幼鳥が1羽、釣り人が来る前にチョットだけ登場してくれましたよ。(^o^)丿
カワセミ幼鳥20190717-1

カワセミ幼鳥20190717-2

この池にはチョウトンボも沢山飛んでいましたが、
チョウトンボ20190717
殆ど雄ばかりで、雌の姿は少ないい様に思われました。

お昼近くになると気温はグングン上昇し、遂に外気温は30℃を越え、さらに湿度も極めて高いためもう汗が吹き出し止りません。(;´・ω・)
これまでの梅雨寒になれてしまった身体には、この暑さ本当に堪えますね。

帰り道、これまで何度も通いその度毎に撃沈していた公園を覗いて見ると、何とそこには見覚えのあるご夫婦の姿が・・・。
これまでにもいろいろな場所でバッタリお会いすることが多く、単なる偶然にしても「実に、多過ぎる!?」と思われるBさんご夫婦でした。
お話を伺ってみると、”さっきまで出っ放しで撮り放題でしたよ!”と、それも”ほとんど1m以内で”って!!

早速そのポイントに案内して頂くと、1分と経たない内に登場してくれました。
オオセイボウ20190717-1
そうです。あの「指名手配中のオオセイボウ」です。(#^^#)
オオセイボウ20190717-2
遂に捕まえ(逮捕)ました!
オオセイボウ20190717-3
逮捕されて流石に観念したのか?(単に、ステビアの花?が大好きなだけ)、
オオセイボウ20190717-4
約1.5m×1.0m程の狭い場所に、5〜6分いやそれ以上長い時間に渡って、
オオセイボウ20190717-5
我々の「取り調べ」に素直に応じてくれました。(^_-)-☆
オオセイボウ20190717-6
お蔭で大量に撮影してしまい、
オオセイボウ20190717-7
写真の整理がもう大変!!

今回の「逮捕」にご協力頂いたBさん、誠にありがとうございました。m(__)m
また、宜しくお願い致します。
カテゴリ :オオセイボウ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

願いが通じたのでしょうか?

 2019-06-05
2019年 6月 5日(水) 一昨日のブログの「声」がちゃ〜んと届いたというのか、昨日MFにオオセイボウが出現しました。
しかし、ここの処MFでは「運」に見放されている感のある小生は、その時別の場所で鳥待ちをしていました。(*´Д`)
一報を受けてMFに到着したのが12:45、いつ現れるとも知れぬオオセイボウをただジッと待ち2時間が経過しようとした所でタイムアップ。後ろ髪を引かれながらその場を離れた2〜3分後(14:45)に、”今目の前にオオセイボウが現れたよ!”と、Bさんから電話が・・・いやはや何とも、ここまで運が悪いともう笑うしかありませんね。(;^ω^)
そこで本日は、気合を入れて8:15現着。すると、すでにEさんご夫婦がスタンバイ中で、お話を伺うと”7:40から見てるけどまだ出てないよ”との事。さて、今日は何時に出現するのやら、とにかく待つしかありません。
ただ一抹の不安は、オオセイボウは好日性の為、曇り空では活動量が少なくなるので、現れないかも知れないのです。
それでも徐々に常連さん達も加わり一緒に待つこと2時間40分。緊張感がかなり薄れて来た頃、10:55オオセイボウは遂にその姿を現したのです。
何と!気付いた時には目の前3mの所に止っているではありませんか!!
慌ててレンズを向けたのですが、こんな時に限ってオートフォーカスのピンが来ない!! (@_@;)
あっという間に飛ばれて・・・その後を追い
オオセイボウ20190605-1
辛うじて撮れた証拠写真は約10枚
オオセイボウ20190605-2
時間にして1〜2秒でしょうか?
オオセイボウ20190605-3
相変わらず手強いオオセイボウでしたが、
オオセイボウ20190605-4
何とか今年も見る事が出来てホッと一安心。(;^ω^)
オオセイボウ20190605-5
これで安心して旅に出られるというものです。

※明日から暫くの間「旅」に出ますので、ブログの更新はお休みかな???

カテゴリ :オオセイボウ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫