FC2ブログ

陽射しが強過ぎました。

 2020-07-03
2020年 7月 3日(金) 本日はちょっと遠くまで足を運んでみたのですが、全く収穫無しで投稿出来るものがありません。(;^ω^)

そこで、本日の投稿は昨日の続きです。
蓮池の帰り道、オオセイボウの花園を覗いて見ると・・・待ち時間5分で最初の飛来がありました。
オオセイボウ20200702-1
その後も5〜10分毎に飛来するので・・・???
オオセイボウ20200702-2
と、思っていたら・・・ビックリ!
オオセイボウ20200702-3
もう一匹ファインダー内に飛び込んでくるではありませんか♪
オオセイボウ20200702-4
そうなんです。最低2匹は居ます!
オオセイボウ20200702-5
それからはもうお祭り状態で、ひっきりなしに現れるので気を抜く暇も有りませんでしたが、
オオセイボウ20200702-6
飛来しても、ただ通過して行く事もあり、またタッチ&ゴーの時もあり。。。(;´∀`)
オオセイボウ20200702-7
沢山撮るには撮ったのですが、
オオセイボウ20200702-8
ちょっと贅沢を申せば、陽射しが強過ぎてあまり良い出来ではありませんね。
この次は、少し薄い雲が掛かっている時を狙いますかね(^_-)-☆
スポンサーサイト



カテゴリ :オオセイボウ トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

蓮池にて

 2020-07-02
2020年 7月 2日(木) 久し振りに早朝の蓮池を訪ねてみました。
勿論、狙いは蓮の花に止るカワセミ(蓮カワ)なのですが、残念ながら主役は現れず、代わりに遊んでくれたのはトンボちゃん達でした。

毎年この池には沢山のトンボが飛び交っているのですが、その中でも断然目を引くのは青色に輝くチョウトンボ♂ですよね。
チョウトンボ♂20200702-1

チョウトンボ20200702-2

チョウトンボ♂20200702-3
飛び物にもチャレンジしますが・・・う〜ん!?
チョウトンボ♂20200702-4
その時突然♀が飛来したかと思うと、空中であっという間にドッキング。
しかし、チョウトンボの交尾はほんの数秒間。
チョウトンボ番20200702
雌はそのまま産卵体制に入るのですが、動きが速く撮影はとっても難しい〜。(;^ω^)
チョウトンボ♀20200702-1
雌の個体は黒地に金色の輝き。
チョウトンボ♀20200702-2

その他には、シオカラトンボかコフキトンボかは定かではありませんが、♂と♀の個体がランデブー飛行ののちにドッキング。
コフキトンボ?20200702-1
その後、雌はすぐさま産卵体制へ。
コフキトンボ?20200702-2
しかし、そこは蓮に乗ってる水玉なんだけど、そんなとこに産み落として大丈夫なのかな?
コフキトンボ?20200702-3

(おまけ)
カイツブリが大物?をゲットして目の前に登場しました。
カイツブリ20200702

カテゴリ :チョウトンボ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

今年もヨロシク〜♪

 2020-06-29
2020年 6月29日(月) 今年も、もう何度通ったのだろうか?
本日、MH公園でやっとオオセイボウに逢うことができました。(^o^)/

毎年7月になるとMFのオオセイボウは出が悪くなり、仕方なく「よその公園」に行ってはセイボウを探していましたが、ここは毎年お世話になる公園の一つです。
この花壇、オミナエシ(女郎花)は7月中旬にならないと咲きませんが、今はアップルミントの花が沢山咲いています。
アップルミントの花20200629
そのアップルミントには、オオセイボウが寄生する蜂(寄主)もやって来ます。
先ずは、ミカドトックリバチです。
ミカドトックリバチ20200629-1

ミカドトックリバチ20200629-2

お次は、スズバチ。(スズメバチではありません。)
スズバチ20200629-1

スズバチ20200629-2
これらの蜂の撮影は簡単なのですが、肝心のオオセイボウは何処に現れるのかにも依るし・・・。
やっと現れたと思ったら、遠かったり,タッチアンドゴーだったりして 、結構難しい(;^ω^)
オオセイボウ20200629-1
でも、今日は現れてくれただけで十分で〜す。(*^^)v
オオセイボウ20200629-2
ほんでもって、たまにはナイスポーズも!
オオセイボウ20200629-3
別写真を大トリミング。
オオセイボウ20200629-4
こちらはちょっと遠目に現れた時のもの。
オオセイボウ20200629-5
今年も平地が鳥枯れの時期、これからたくさん楽しませて貰いたいと思いますので、ヨロシクね〜(^^♪
カテゴリ :オオセイボウ トラックバック(-) コメント(1)
タグ :

ピンボケだけど・・・

 2020-06-24
2020年 6月24日(水) 久し振りのセイボウ広場、しかし今季のオオセイボウは難し過ぎます。
朝から約4時間待って、ピンボケ写真数枚のみとは・・・トホホ(ノД`)・゜・。

オオセイボウ20200624-1

オオセイボウ20200624

オオセイボウ20200624-3

※一時間に10回ほど現れる時もあるんですが、何と言っても殆どがノンストップですから〜。。。
カテゴリ :オオセイボウ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

やはり手強いオオセイボウ

 2020-06-16
2020年 6月16日(火) 毎年6月恒例となったS広場のオオセイボウ撮影ですが、今季の個体は殆ど花に止らない為、その姿をしっかりと撮影することが出来ずにいましたので、今日も懲りずに再チャレンジに行って来ました。
現着10:15、すでに数人の常連さん達が集まっていました。
暫く雑談をしながら一緒にオオセイボウの飛来を待つと、皆さんの話通り結構な頻度で飛来して来るのですが殆ど通過するだけ。
「撮影なんて、無理〜!!」って感じで、一人減り二人減り最後に一人になった頃・・・待った甲斐がありました〜ぁ(^^♪
オオセイボウが、ヤブジラミの花にしっかり数秒間止ってくれたのです。

慌ててシャッターを押しますが、最初はピントが合わな〜い。(;´∀`)
オオセイボウ20200616-1

オオセイボウ20200616-2
とは言え、やっととまってくれたので連写!連写!!
オオセイボウ20200616-3

オオセイボウ20200616-4

オオセイボウ20200616-5

オオセイボウ20200616-6
何とか前回よりはちょっとマシな画を撮る事が出来ましたので、今日は昼過ぎに撤収しました。(*^^)v

駐車場への帰り道、田んぼ脇の草むらにコオニヤンマ♀と思われる大きなトンボを見つけました。
コオニヤンマ20200616-1
ヤンマじゃないのにヤンマと呼ばれるコオニヤンマ。
コオニヤンマ20200616-2
実は、サナエトンボ科なんですって。 知らなかった〜。。。
コオニヤンマ20200616-3

カテゴリ :オオセイボウ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫