FC2ブログ

お花畑のギンイチモンジセセリ

 2019-05-01
2019年(令和元年)5月1日(水)  今日から元号が新しくなりましたが、この歳になると「さあ!気分を変えて!」とは成らず、ほぼ何も変わらないタダの5月1日(水曜日)でしかないことに気づきます。
いや、水曜日と言う事すら忘れそうです。だって、大型連休もゴールデンウィークもほぼ関係ないんですから(;^ω^)
ただ、日本の歴史上に於いては、「平成」から「令和」に替わる「特別な一日」であることは間違いありません。

さて、そんな5月1日ですが、いつもの様にいつもの場所へと向かって行くと、雨上がりの森の中はシーンと静まり返っていました。
朝、サンコウチョウを見た(撮った)という方もいらっしゃったようですが、全く見つけることが出来ずに撃沈。
そこで気分を変えて、暫く足を向けていなかったギンイチモンジセセリの発生場所を覗いて見ると、居ましたよ〜♪
お花畑の中を飛び回るギンイチモンジセセリ(♂)です。
ギンイチモンジセセリ20190501-1

ギンイチモンジセセリ20190501-2

ギンイチモンジセセリ20190501-3

ギンイチモンジセセリ20190501-4

ギンイチモンジセセリ20190501-5
こちらは別個体。ちょっと翅の色味が違いますね。
ギンイチモンジセセリ20190501-6

「鎮守の森の守り神」、または「農耕地の守り神」と呼ばれることもあるフクロウさん。
令和になって初お目見えです。
フクロウ20190501-1
どアップ
フクロウ20190501-2

やはり元号も改まったことだし、新たな気分で夏鳥探し「頑張ろう!」・・・(ほんまかいな?)
と言う事で、早速明日プチ遠征して来ま〜す(^^♪
スポンサーサイト
カテゴリ :ギンイチモンジセセリ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

セイボウ捜索

 2018-06-28
2018年6月28日(木) 朝方にはポツポツと小雨が降る事もあり、少し雲行きを見ながらいつもの森へ行って見ると、何と見事に雨模様! えェ〜(ノД`)・゜・。
暫く車の中で待機しましたが、中々雨は上がらず晴れ間も出て来ません。ガクッ(*´Д`)
今日は、突然消失したセイボウ広場の代替え場所を探して、公園内のヒメジョオン(姫女苑)やヤブジラミなどが咲いている、ここぞと思う場所で30〜40分程度セイボウの飛来を待ったのですが、気温33℃・湿度も高い上に直射日光が当たる場所で待つのは結構辛く・・・しかし、汗だくになりながらも「勝手な使命感」でそこをグッと我慢し数ヵ所回って見ました。
が、しかし・・・やはりそう簡単に見つかる筈もありません。
本日は、ほぼ体力の限界で15:00撤収としました。

そんな中、ちょっと遊んでくれたのはセイヨウミツバチ君です。
セイヨウミツバチ20180628
蜜を集めている花は、アレチハナガサ(荒地花笠※)でしょうか。
※港や海の近く,河川敷な環境の悪い場所に育つのでアレチの名が付く、薄い紫からピンクの星をちりばめた様な花が咲き、茎は四角形をしています。昭和の時代に、南アメリカ原産の帰化植物らしいです。
アレチハナガサ(荒地花笠)
ミツバチが来るのなら、ひょっとしてオオセイボウも来るかも!? なんて想像しながら待ったのですがね(´艸`*)

でも、この近くでは早くも夏型のギンイチモンジセセリが見られました。
ギンイチモンジセセリ♀20180628-1
胴体が太いので、雌の個体と思われます。
ギンイチモンジセセリ♀20180628-2
年に3回ほど登場するのですが、春型と違って銀色の筋が不明瞭ですね。
(当県では、絶滅危惧種に指定されている蝶です。)

さて、早く代替え地を見つけないと、この時期MFで遊んでくれる被写体が一つ消えてしまう事になりそうです。(涙)
カテゴリ :ギンイチモンジセセリ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

ギンイチモンジセセリ夏型登場

 2017-08-21
2017年8月21日(月) 今日はいつもの森(M池)へ、かなり遅めの到着です。
狙いは、昨年8月19日に初めて撮ったギンイチモンジセセリを探して見よう思っていたのですが、現着するとMさん,Eさん,Kさんご夫婦が揃って談笑中ではありませんか♪
いろいろお話を伺うと、今日はツツドリはまだ見ていないけど・・・ギンイチは飛んでたよッ!と (^_-)-☆
早速そのポイントへ行って見ると、直ぐに見つかりましたぁ(^^♪
ギンイチモンジセセリ20170821-1
実を言うと、今月初めからず〜っと探していたのですが・・・(*´ω`)
ギンイチモンジセセリ20170821-2
やっと登場してくれましたね
ギンイチモンジセセリ20170821-3
春型に較べると、銀白条が不明瞭ですが
ギンイチモンジセセリ20170821-4
このカッコイイ・フォルム! 大好きです♪
ギンイチモンジセセリ20170821-5
今日会えたのは2頭だけでしたが、まだ当分遊んでくれそうですね。
ギンイチモンジセセリ20170821-6

因みに、こちらは似た名前のイチモンジセセリ
イチモンジセセリ20170821

この他にもいろいろな蝶に出逢いましたよ。
空中に浮いた様に止るツバメシジミ
ツバメシジミ20170821
涼しげな所に止るサトキマダラヒカゲ
サトキマダラヒカゲ20170821
ちょっと秋を感じさせる様にルリタテハが止っていました
ルリタテハ20170821

今週から天気も回復傾向にある様ですので、そろそろ森も中も賑わいを見せて欲しいものですね(^o^)丿
カテゴリ :ギンイチモンジセセリ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

花にも止ったギンイチ

 2017-04-23
2017年4月23日(日) 休日更に絶好の行楽日和のA公園、チョット遅めに到着してみるとすでに駐車場は満杯状態(@_@;)
それでも何とか遠くの駐車場に止めてP森方向に歩き出し、途中ギンイチモンジセセリのポイントが近いので立ち寄ってみると、今日も居ましたよ(^o^)丿
5〜6頭、イヤもっと居たかもしれませんが、今日の個体は中々止ってくれません(*´ω`)
撮影に苦戦しながらも、タンポポに止った処をパチリ(*^^)v
ギンイチモンジセセリ20170423-1
翅を広げて日向ぼっこ?
ギンイチモンジセセリ20170423-2
この後、K森にオオルリ♂が居るらしいとの情報でP森には向かわずUターンしてK森へ向かいます。
森へ入ると、樹の高い所にオオルリ♂の姿がチラリと見えたのですが・・・見ただけで終了(;'∀')

帰り道S公園を覗くとここでも鳥さんには完全にフラれ、仕方なく散歩がてらに水門まで歩いて行くと・・・ビックリ!
ここでもギンイチモンジセセリ(春型)が2頭、菜の花の中を飛び回っているではありませんか(*^-^*)
ギンイチモンジセセリ20170423-3

ギンイチモンジセセリ20170423-4
菜の花がらみで
ギンイチモンジセセリ20170423-5

ギンイチモンジセセリ20170423-6

ギンイチモンジセセリ20170423-7

ということで、本日鳥さんの写真は一枚もありません m(__)m
カテゴリ :ギンイチモンジセセリ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

春型は初見

 2017-04-20
2017年4月20日(木) 今日のK森は、昨日の賑わいが嘘の様にひっそりとしていました。
それでも一羽のキビタキ♂だけは、クヌギの樹の高い所を飛び回り、Cマン達の注目を一身に浴びていましたが、新しい夏鳥には会えないままP森へ移動しました。P森に入ると、キビ男君やセンダイムシクイなどにも遭遇しましたが、なかなか良い処には出て来てくれません(;^ω^)  仕方なくあちこち回ってみると、居ました! 
そろそろ出現しても良い頃だと予想した通り、ギンイチモンジセセリ春型♂が1頭 (^o^)丿
ギンイチモンジセセリ♂(春型)20170420-1
準絶滅危惧種に指定されているギンイチモンジセセリ、春型は初見初撮りです。
ギンイチモンジセセリ♂(春型)20170420-2
春型は、翅の裏側の銀白条が鮮やかですね(^^♪
ギンイチモンジセセリ♂(春型)20170420-3
羽根の表側も披露してくれました。
ギンイチモンジセセリ♂(春型)20170420-4

ギンイチモンジセセリ♂(春型)20170420-5

ギンイチモンジセセリ♂(春型)20170420-6
この個体、羽化したばかりなのか、あまり動きが早くありません。撮影し易くて助かりましたぁ(^.^)
ギンイチモンジセセリ♂(春型)20170420-7

森の中ではオオタカ♀と♂が、相変わらずの人気でした。
こちらは雌です。マッタリと休憩中
オオタカ♀20170420-1
別角度から
オオタカ♀20170420-2
オオタカ♂はお昼寝中でした(^_^;)
オオタカ♂20170420
カテゴリ :ギンイチモンジセセリ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫