FC2ブログ

本日のA公園

 2020-03-16
2020年 3月16日(月) 本日は、早朝にJ橋近くの中土手に寄り道してからA公園へ。
きょうはいつものK森をパスしてM池〜P森へと向かいました。

M池では、いつものベニマシコ若♂(勿論、雄の成鳥も)や、
ベニマシコ若♂20200316
ベニマシコ♀も居ましたが、
ベニマシコ♀20200316
ベニを探している途中でアリスイを発見したので・・・即、アリスイにロックオン!
しかし、なかなか良い所には出てくれません。
アリスイ20200316
一応証拠写真をゲット出来たので、ベニ探しはやめて次なるP森へと移動しました。

P森では、昨日と同じく5羽のヒレンジャクが居ましたが、ちょっと様子が変わっていました。
写真を見ると気づくかも知れませんが・・・
ヒレンジャク20200316-1

ヒレンジャク20200316-2

ヒレンジャク20200316-3
昨日キヅタの実を食べていた時とは表情が違いませんか???
ヒレンジャク20200316-4

ヒレンジャク20200316-5

ヒレンジャク20200316-6

ヒレンジャク20200316-7
何となく「戦闘モード」というか、何かを見つめる眼が鋭い様な気がしました。(。´・ω・)?
さて、その理由は・・・???

本日最後の一枚は、大物をゲットして飛ぶカワセミ君です。
カワセミ♂20200316
獲物が大き過ぎかなり長い時間料理した後、給餌咥えで飛び去って行きました。
カワセミ君も、いよいよ恋の季節になった様ですね。(^^♪
スポンサーサイト



カテゴリ :ヒレンジャク トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

日曜日のA公園

 2020-03-15
2020年 3月15日(日) 昨日の土曜日、東京では観測史上最速での桜(ソメイヨシノ)の開花発表がありましたが、なんと午後には雪が降る「おまけ」まで付いてとても寒い一日でした。
一夜明けて今朝は快晴、陽射しはタップリあるのですが気温はそれほど高くありません。
朝8:30、いつものA公園K森に入るとヤドリギの広場や水場には人影が全くありません。
やはりヒレンジャクは抜けてしまったのか?と、一人で辺りを探してみると・・・居ました〜ぁ!

たった1羽のヒレンジャク
ヒレンジャクK森20200315-1
喉元が異常に膨らんでいる「あの子」です。
ヒレンジャクK森20200315-2
大砲手持ちのKさんが登場するまでの約30分、たった独りでヒレンジャクの相手です。
その間、水場の上にはアカゲラ君も登場してくれました。(^_-)-☆
アカゲラ♂20200315
その後段々とCマンが集まり始めて最終的には10数名ほど。
今日は日曜日なんですけどねぇ〜(。´・ω・)?
ヒレンジャク20200315-3

それからいつものパターンでM池に向かうと、直ぐにベニマシコを見つける事が出来ました。
ベニマシコ♂20200315
ノイバラの中に隠れていたベニマシコは、アキニレの木に段々と集まって来て、いつの間にか赤い雄のベニマシコが4羽も登場です。
いつの間に増えたのでしょうかね???(注.アリスイは見つかりませんでした。)

ベニさんの次はP森です。
園路から外れた道を通って森に入り池の傍まで来てみると、ヒレンジャクを見つけました。
ヒレンジャクP森20200315-11
全部で5羽を確認しました。
ヒレンジャクP森20200315-12
キヅタの実を食すヒレンジャク♂
ヒレンジャクP森20200315-1
ヒレンジャク♀
ヒレンジャクP森20200315-13
こちらも♀ですね。
ヒレンジャクP森20200315-2
カテゴリ :ヒレンジャク トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

今日もヒレンジャク

 2020-02-29
2020年 2月29日(土) 本日のA公園では、ヤドリギの丘にはヒレンジャクが5羽、時折上空をハイタカやオオタカそれとトビが飛び(ダジャレではありません)、いつも通りの光景が展開されていました。

相変わらずのヒレンジャクの飛び物です。
ヒレンジャク20200229-1
朝方レンジャクを撮っていると、灰色の曇り空にハイタカが飛び、
ハイタカ20200229
レンジャク狙いのCマン達は、チラッと上空を見たもののまたファインダーに集中していました。
やっぱりハイタカよりレンジャクの飛び物狙いなのかな!?
それともカメラを向ける余裕が無かったのかな???
ハイタカが飛んでもヒレンジャクはお構いなし、直ぐに水場に下りて来ました。
ヒレンジャク20200229-2

さて、ここ数日レンジャクの飛び物ばかり撮っていたので、今日は早めに他の森を探索しに行きましたが成果なし。
唯一モデルを務めてくれたのは、ジョウビタキ♂でした。(;^ω^)
しっかりポージングするジョビ男君
ジョウビタキ♂20200229

お昼過ぎもレンジャクの状況をチラッと確認して、本日の鳥見は終了です。

流石に三日目ともなると、ヒレンジャクの行動パターンが決まってくるので、飛び物狙いも樂になってくるものですね♪
なんか惰性で撮っててもちゃんとピンが来る様になるのは、「腕」というより「慣れ」なんでしょうね。
「腕が上がったな〜ぁ!!」とは、単なる勘違いで、やはり機材に頼っている割合の方が大きい様です。
で、結果は?
ヒレンジャク20200229-3

ヒレンジャク20200229-4

ヒレンジャク20200229-5

ヒレンジャク20200229-6

ヒレンジャク20200229-7

”う〜ん、我ながら、かなり腕が上がったよな〜ぁ!!” (笑)
カテゴリ :ヒレンジャク トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のA公園

 2020-02-28
2020年 2月28日(金) スッキリと晴れ渡った青空、今日のA公園では朝からヒレンジャク5羽が登場してくれました。
昨日は4羽でしたので、1羽増えたのか? 若しくは入れ替わったものなのか? 定かではありません。
但し、フレーム内には4羽しか写っていませんのであしからず。
ヒレンジャク20200228-1

ヒレンジャク20200228-2
昨日に続き、またまた飛び物にチャレンジしてみましたが・・・さて
ヒレンジャク20200228-3

ヒレンジャク20200228-4
結果はご覧の通りです。(;^ω^)
ヒレンジャク20200228-5

今日もいつもの通りM池〜P森へと向かい歩いて行くと、水路の所でオオタカが頭上を通過しました。
それが何と、成鳥2羽と若1羽が3羽続けて鳴きながら飛んで来ました。
オオタカ成鳥
オオタカ成鳥20200228
オオタカ若
オオタカ若20200228

M池では、ベニマシコ(♂×1,♀×2)3羽。 それとジョウビタキ♂も居ましたけど。。。
ベニマシコ20200228-2

P森でもベニマシコ(♂×2,♀×2)  ※P森では今季初見
ベニマシコ20200228-1
こちらも久し振りのカワセミです。
カワセミ20200228

まあ、あまり変わり映えしませんが、それなりに楽しめるA公園でした。
カテゴリ :ヒレンジャク トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

黄色は抜けた?

 2020-02-27
2020年 2月27日(木) 北風が強いものの日差しはタップリ、気温以上に暖かさを感じる「レンジャクの丘」では、4羽のヒレンジャクが飛び交い多くのCマンを引き付けていました。(^^♪

本日の主役、ヒレンジャクです。
ヒレンジャク20200227-1
ちょっと光が強すぎますが・・・贅沢は言えません。
ヒレンジャク20200227-2
ただ、残念なのは一昨日まで居た黄色(キレンジャク)の姿が無かったことですが、それでもヒレンジャクの飛翔を狙うレンズの列は見事に「とあるポイント」に照準を合わせて並んでいました。
ヒレンジャク20200227-5

勿論、その列に加わり飛び物狙いに集中しましたが、そう簡単には撮らせてくれません。(;^ω^)
ヒレンジャク20200227-3
でも、何度かチャレンジすると、まぐれで撮れたりもします。
ヒレンジャク20200227-4
とにかく最近のカメラは優秀ですからね!(^_-)-☆
ヒレンジャク20200227-6
ヒレンジャクはヤドリギを食べた後、下の写真の様にお腹を軽くした後水飲みをします。
ヒレンジャク20200227-7
その水飲み場が特定されれば、狙いを定めて「飛び」を撮る事が出来るという寸法なのですが。。。
さて、此が意外に難しい「ジュディ・オング」ポーズ。(^_^;)
ヒレンジャク20200227-8
雄雌揃い踏み。(左♂、右♀)
ヒレンジャク20200227-9
左♀、右下♂
ヒレンジャク20200227-10
4羽同時に降りてくる事はありませんでしたが、その分何度もチャンスがあったのに、後で画像を確かめると「ゴミ箱行」の何と多い事か!(;´・ω・)
いくら機材が進化しても、やはり「腕」も必要と言う事ですかね。(汗)
カテゴリ :ヒレンジャク トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫