蓮とカワセミ

 2018-07-10
2018年7月10日(火) この時期毎年恒例ではあるのですが、ここ数年完全にフラれているJJ親水公園へ蓮カワを見に行って来ました。早朝現着するとすでに池の中央にカワセミを発見、急いで近づいて見ると枯れたシャワーヘッドに止っていました。
カワセミ20180710-1
カワセミのお坊ちゃまの様です。
カワセミ20180710-2
キョロキョロしながら小魚を狙っていましたが、
カワセミ20180710-3
一瞬、蓮の葉の中に消えた後
カワセミ20180710-5
しっかり小魚をゲット! しかし、尻尾を咥えてしまい今にも落しそうですね(;^ω^)
カワセミ20180710-4
その後、咥えたまま飛び去ってしまい、
次の飛来を待っていると、今度はお母さん?の登場
カワセミ20180710-6
でも、蓮の蕾や花には止りませんでした。残念!

そこから待つこと1時間半、チョウトンボなどを撮って時間つぶしです。
青が綺麗なチョウトンボ♂
チョウトンボ♂20180710
黒地に黄金色の輝き・チョウトンボ♀
チョウトンボ♀20180710
カップルも誕生していました。
チョウトンボカップル20180710
チョウトンボのカップルは、とても短い時間で離れてしまうんですよね。なので、これは貴重品です。

他には、ギンヤンマのカップルなど
ギンヤンマ20180710
沢山のトンボが飛んでいましたが、本命のカワセミが現れないので7時過ぎに撤収しました。
スポンサーサイト
カテゴリ :カワセミ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

フクロウの森

 2018-07-08
2018年7月8日(日) 本日のA公園は、日曜日と言う事もあってか早朝から多くのCマンが集まっていました。
勿論、お目当てはこちらの親子。(*^-^*)
そうです、フクロウさんです。今年も昨年と同じく3羽の雛が巣立ちました〜。
先ずは、お母さんフクロウ。
フクロウの母親20180708-1
3羽の雛が全て見える場所で見守っていましたよ♪
フクロウ母親20180708-2

ここからは、巣立った順番に雛の紹介です。
見た目にも一番大きい1番子。
フクロウ1番雛20180708-1
園路の真上から、下に居る多くのCマン達の動きを見ている様でしたが、
フクロウ1番雛20180708-2
突然こちらに向かって何かを訴えている様な!?
フクロウ1番雛20180708-3
そんな訳ないんですけどね(;^ω^)

続いては、2番子。
この子は葉っぱの陰にスッポリ隠れていてほとんど動かなかった為、最初は皆さん全く気づかなかったのですが、
フクロウ2番雛20180708-1
大きさからして2番子の様ですね。
フクロウ2番雛20180708-2
裏側に回って見ると、無茶苦茶可愛い〜(^^♪

最後に登場するのは、一番小さな3番子です。
フクロウ3番雛20180708-1
まだ巣から出て来たばかりで、少し緊張気味なのでしょうか?
フクロウ3番雛20180708-2

ちょっと遅めに巣立ったこの3羽の雛たちが、これからも無事に大きくなってくれることを祈るばかりです。
カテゴリ :フクロウ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

セイボウ捜索 Part2

 2018-07-02
2018年7月2日(月) 今年の梅雨明けが異常に早かったのが良かったかと云うと、ここの処の暑さは堪えますね〜。(´・ω・`)
天気は快晴、「絶好の○○日和」・・・いやいや、家を出る時には、後から”こんな猛暑日になにも虫探しをする事はないのに!?”と、「無言の声」が聞こえて来ました(;^ω^) 
”あっ!、毎度のことか!!”
いつもの森に行く前に、途中寄り道をしてチョウトンボを見に行って見ると・・・これが全く飛んでいません???
昨年は沢山飛んでいたのに、ちょっと遅れている様ですね。代わりに、大型のトンボ「ウチワヤンマ」が飛んでいました。いや失礼、止っていました(^^;
ウチワヤンマ20180702-1

ウチワヤンマ20180702-2
他にはこれと言った収穫も無く、いつもの森へ向かい青蜂探し・・・なのですが。
いや〜、暑い!! 汗が噴き出して止りません(@_@。
それでも何とかギンイチモンジセセリを見つけて、
ギンイチモンジセセリ20180702-1
数枚撮った処で別の森に逃げ込みました。
ギンイチモンジセセリ20180702-2
K森では、いつもの常連さん達が集まっていましたので、暫し足を止めて雑談&鳥談議。
因みに、挨拶の第一声は「暑いですね〜ぇ!!」


これだけでは淋しい?ので、先日の奥日光で撮った蝶などを掲載することにしま〜す。
最初は、ウスバシロチョウです。
ウスバシロチョウ20180624
次は、ヤマキマダラヒカゲ。結構大きな蝶で、あちらこちらで沢山飛んでいました。
ヤマキマダラヒカゲ20180624
大量発生していたと云えば、このフタスジチョウは一か所に20〜30頭が纏まってうごめいていましたね。
フタスジチョウ20180624
あとは、イブキトラノオに止るスジグロシロチョウ。
イブキトラノオに止るスジグロシロチョウ20180624
その脇には、ピンク色の小さな花・ハクサンフウロがひっそりと咲いていました。
ハクサンフウロ20180624
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫