FC2ブログ

本日のA公園

 2018-10-18
2018年10月18日(木) 今日もA公園へ直行です。最初は、昨日マミチャジナイが入ったK森へ向かいました。
しかし、園内隈なく探してみましたがマミチャは見つかりません。残念ながら抜けてしまったようですね。(T_T)/~~~
ただ、メボソムシクイ?と、
メボソムシクイ?20181018
キビタキ♀は健在でしたよ♪
キビタキ20181018

結局新しい鳥は見つからない為、青空の広がったR広場で常連さん達とカケスの飛翔を「クレー射撃の如く」連写して楽しんだ後、次なるP森へ向かいました。
P森の中を一人で歩いてみますが、こちらは全く鳥影無くシーンと静まり返っています。勿論Cマンは誰も居ません。
諦めて駐車場へ引き返す途中B広場までくると、何かを撮っている常連さん達を発見(*^^)v
さて? 何を撮っているのかなぁ
皆さんが撮っていたのは、ツツドリの幼鳥
ツツドリ幼鳥20181018
と、カッコウの幼鳥でした。(こちらの個体の後頭部には、はっきりとした白斑がありました。)
カッコウ幼鳥20181018
上の2枚の写真をよぉ〜く見比べてみると、確かに顔の当りが微妙に違うように思われますが・・・如何でしょうか?

この時、皆さん樹の上ばかりを気にしていたのですが、実は足元に誰もが予想もしていない「こんな子」が転がっていたんです!!
それも、何と私の足元から3〜4mほどの距離にですよ!(@_@。
思わず、「ア!、アトリ!!」と叫んでしまいました。
アトリ20181018-1
近過ぎて、勿論ノートリですが、
アトリ20181018-2
引くに引けず、動けば絶対飛ばれてしまうに違いない! 
処が、そんな思惑も完全に無視され、アトリ君は堂々と採餌に夢中で、最短1mの所まで来ても平気でした。
ひょっとしたらこの子は「手乗りアトリ」誰かに飼われていたんじゃぁ?
なんて言っていると、水を呑みに樹の洞に飛び上がりました。
アトリ20181018-3
ここで喉を潤した後には、また同じ場所に降りて来て餌取です。余程お腹が空いているのでしょう!

広いB広場の落ち葉の中にたった一羽のアトリでは、一度目を外すと何処に居るのか判らなくなってしまします。
アトリ20181018-4
しかし、何故、たった1羽で,今頃,こんな場所に居るのでしょうか?
周りを見渡しても他にアトリの姿はありません。
アトリ20181018-5
まぁ理由はともかく、本日も今季初の冬鳥をゲット出来ましたよ〜(*^^)v
スポンサーサイト



カテゴリ :アトリ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫