FC2ブログ

青い鳥

 2018-11-30
2018年11月30日(金) 今週は「ある事情」で鳥見が出来ませんでしたが、久し振りにA公園を覗いて見ると、一羽の青い鳥が主役の座に着いていました。
多くのCマンが見守る中、美声を轟かせながら登場してくれる人気者。
そう!「ルリビタキ男爵」です(^o^)丿
ルリビタキ♂20181130-1

ルリビタキ♂20181130-2

ルリビタキ♂20181130-3
ちょっとシャイな男爵は葉陰に隠れたり、
ルリビタキ♂20181130-4
枝陰に潜んだりしますが、
ルリビタキ♂20181130-5
とッても綺麗な個体でしたよ〜(^^♪
ルリビタキ♂20181130-6
スポンサーサイト
カテゴリ :ルリビタキ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

今季初・ウソ

 2018-11-25
2018年11月25日(日) 今日は鳥友と一緒にSKの森へ行って来ました。お目当ては「赤い子」なのですが・・・。
現着8時、気温4℃。風も無く快晴でしたので、気温程寒くは感じませんでしたが、やはり日陰に入るとジーンと寒さが伝わって来ます。
さて、お目当ての「赤い子・その1」ですが、すでに東屋には10名程のCマンがスタンバイ中で、お話を伺うと7:30頃に雄雌各1羽のオオマシコが出たとのこと、「やっぱり来ていたのか!」とホッと一安心。しかし、そこから4時間待たされた挙句全く姿を見せてくれませんでした。(*´Д`)
その間、私は独りで周囲を3周しながらもう一つの赤い子を探してみると、赤くない「赤い子・その2」ウソの雌2羽を発見。
ムラサキシキブの実を啄むウソ(今季初見)です。
ウソ20181125-1

ウソ20181125-2
結構近くで長い時間、無心にモグモグしていました。
ウソ20181125-3

ウソ20181125-4

ウソ20181125-5

その他には、ヤマガラ,コガラ,シジュウカラなどは確認出来ましたが、その数は極端に少ない様に思われ、周囲を見渡して見ると餌となる木や草の実がまだまだ沢山残っていて、冬鳥達の飛来がかなり遅れているのかな?という感じでした。
何と言っても、ヒヨドリもほとんど見ませんでしたし、アトリやマヒワなど群れを成して飛び回る鳥もほとんど確認出来ませんでした。

おまけは、アカゲラと
アカゲラ20181125
コガラ
コガラ20181125
ルリビタキです。
ルリビタキ20181125
ルリビタキは、同じ場所に♂1・♀3の4羽で仲良く餌取をしていました。移動中の集団だったのでしょうかね?
カテゴリ :ウソ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

今季初・ルリビタキ

 2018-11-23
2018年11月23日(金) 勤労感謝の日
本日は冬晴れの良い天気、空気も澄んでいてA公園に向かう途中富士山も綺麗に見えました。
気持ちの良い青空の下、まだしっかり撮れていないベニマシコを探してS公園からS湖方面へ向かいます。
その内にいつもの常連さん8名が集結し全員で探してみますが、ベニマシコどころか全く鳥影がありません??
お昼も過ぎ、さて次なるポイントは・・・と悩みながら、結果キクイタダキでも居ないかとK森まで歩くことになり、ぞろぞろと大集団で移動しました(^^♪
しかし、ここも全くの空振り、ほとんどシャッターを押さないまま足取り重くS公園へ戻ろうとしたその時、天の声が…♪
”この先でルリビタキが鳴いているよ〜。” 待つこと25分、やっとルリ子さんの登場です。
ルリビタキ20181123-1
もうすでに15時近く、
ルリビタキ20181123-2
ISO感度を上げてもSSが上がりませんので、ブレ写真量産でしたが
ルリビタキ20181123-3
何とか今季初撮りすることが出来ました(^^♪
ルリビタキ20181123-4

本日はこれだけしか撮れませんでしたが、これではあまりにも淋しので
一昨日同じK森上空に飛来したハイタカの写真をおまけでアップします(^^;
ハイタカ20181121-1

ハイタカ20181121-2
別個体が登場
ハイタカ20181121-3
辛うじて同一フレームに2羽が・・・
ハイタカ20181121-4
カテゴリ :ルリビタキ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

ちょっぴりリベンジ

 2018-11-20
2018年11月20日(火) いつもの様にS公園〜K森〜P森と車を走らせましたが、いつもの見慣れた車が一台も止っていません?
さては!? と早合点し、そのままY町のY公園へ車を走らせることにしました。(^_-)-☆
しかし、現地に着いて見渡してみても見慣れた車は止っておらず、さて?今日は皆さん何処へ行っちゃったのかな???
などと考えながらゆっくり車を走らせると、目の前の木にコチョウゲンボウの♂らしき物体が止ってるのが見えました。
間違いありません!コチョウゲンボウの雄です。
コチョウゲンボウ♂20181120-1
幸先良く待ち時間なしで発見出来ましたので、逆光でも先ずは証拠写真をGETします。(*^^)v
コチョウゲンボウ♂20181120-2
シャッター音に反応したのか、しっかり睨まれてしまいました〜(;^ω^)

それではと、順光側に回って見ると、こんな感じに。
コチョウゲンボウ♂20181120-3
少し寄って見ると、
コチョウゲンボウ♂20181120-4
これが中々のイケメン。 「決まってるね♪」
コチョウゲンボウ♂20181120-5
羽繕いも始めましたが、アングルがイマイチ(*´Д`)
コチョウゲンボウ♂20181120-6

青灰色の羽根を撮りたくて、もう一度逆光側に回って見ましたが・・・
コチョウゲンボウ♂20181120-7
やはり上手く色が出ません。(;^ω^)
コチョウゲンボウ♂20181120-8

昨日は数秒間の出逢いでしたが、本日は1.5時間以上同じ枝に止り続けてくれたコチョウゲンボウの雄。
ほぼ同じ画ばかりでしたので、後から来たお仲間にポジションを譲ってハイチュウなどを探しましたが、本日はお留守の様でした。
それもその筈、今日は公園の真ん中でレスキューヘリの訓練があり、爆音が轟いていましたので仕方ありませんね。
今日はチョッピリ昨日のリベンジが出来ましたので、早々に引き上げることにしました。 おしまい
カテゴリ :コチョウゲンボウ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

やっと会えたね♪

 2018-11-19
2018年11月19日(月) 未見の鳥「コチョウゲンボウ」。これまで何度となく隣県のI田圃などを尋ね探し回ってみたものの、これまで全く縁が無く未見の鳥だったのですが、本日午後やっとその姿を見る事が出来ました〜ぁ。(^o^)丿
でも、3時間も待ってたった数秒間の出逢いです。(*´Д`)
車の中から狙いを付けて待っていた木とは反対側の木に突然現れたのですが・・・
コチョウゲンボウ20181119-1
運悪く別の車が通過して、あっと言う間に飛ばれてしまいました(´・ω・`)
コチョウゲンボウ20181119-2
嬉しい出逢いのコチョウゲンボウ♂、残念ながらその後日没近くまで待っても戻っては来ませんでした。

コチョウゲン待ちの時に遊んでくれたチョウゲンボウの♂
チョウゲンボウ♂20181119-1
距離は10m弱、かなり近くまで寄っても逃げません。
チョウゲンボウ20181119
コチョウゲンとは尾羽の長さが違いますね。

その他には、ハイイロチュウヒの雌も二度登場してくれましたよ(^^♪
ハイイロチュウヒ♀20181119-1

ハイイロチュウヒ♀20181119-2

ハイイロチュウヒ♀20181119-3

このY公園は2度目の訪問でしたが、本日運良くコチョウゲンボウに会うことが出来ました。
今度はもう少し長い時間の出逢いを期待して、近いうちに再挑戦したいと思っています。

カテゴリ :コチョウゲンボウ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

珍客・ミコアイサ

 2018-11-17
2018年11月17日(土) 今日も秋晴れの良い天気、さて何処に行こうか迷って・・・結局、着いたのはS公園。
今日は工事用トラックが通っていないので堂々とS水門方向に歩いていくと、Cマンの姿もなくひっそりとしていました。
こんな時ベニマシコでも出てくれないかと一人で探しましたが、居るのはカワラヒワとホオジロぐらいで残念ながらベニちゃんの姿はありません。(*´ω`*)
眼下に見える水鳥達は、オオバン,ホシハジロ,コガモ,カンムリカイツブリなどですが・・・おやぁ? 潜っては浮かび直ぐまた潜るを繰り返している一羽の鳥さんが居ますね(。´・ω・)?
よぉ〜く見てみると、あれは!! この地では珍しい、ミコアイサではないでしょうか!?
ミコアイサ20181117-1
すぐさま堤防から駆け下り、対岸の橋までダッシュ!
ミコアイサ20181117-2
しかし、こちらも逆光で上手く撮る事が出来ません(*´Д`)
ミコアイサ20181117-4
ならば、荒業の枝葉の陰から狙って見る事に、
ミコアイサ20181117-5
針の穴の様な隙間からのショットです。
ミコアイサ20181117-6

ミコアイサ20181117-7
この後、何かに驚いたのかあっという間に荒川本流方面へ飛んで行ってしまいThe END。
ミコアイサの滞在時間1.5時間のショーは、この場所が順光になるのを待つことなくあっけなく終了となりました。
11月中旬のこの時期に早々と姿を見せてくれたミコアイサ♂若、今度は成鳥の白黒パンダガモやお嬢さん達も連れて来てね〜(^^♪
カテゴリ :ミコアイサ トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

少しずつ賑わいを見せて来た水場

 2018-11-16
2018年11月16日(金)  今日は朝からA公園K森です。
一昨日、冬鳥のオアシスとなる「水場」の清掃をして綺麗な水を張ったところ、昨日からチラホラと鳥達の姿が見られるようになって来ました。( ^)o(^ )
本日最初の登場は、シロハラ君です。
シロハラ♂20181116-1
ヨォッ! 待ってました!!
シロハラ♂20181116-2
そこへシメ軍団も現れ一触即発。でも、シメ嬢は・・・キョトン!?と思いきや、
シロハラ♀とシメ♀20181116
この後一度は追い出されたのですが・・・。
今度はシロハラとアカハラが水場を占領してしまいましたので、
シロハラとアカハラ20181116
のんびりと水飲みするシロハラ嬢です。
シロハラ♀20181116
因みに、このアカハラ君、随分と頭やノドの部分まで黒い個体ですね。
ひょっとして、君はオオアカハラ君なのかな???
アカハラ20181116-2

そうそう、シメさん達も忘れてはいけませんよね。(^^ゞ
シメ嬢と
シメ♀20181116
シメ男君です。
シメ♂20181116
今後この水場を囲む沢山の鳥達に出逢えることを期待して、
これからも綺麗な水を絶やさぬ様にしていきたいと思っていま〜す。(^^♪
沢山来てね〜♫
カテゴリ :アカハラ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

蕪栗沼 Part2

 2018-11-13
2018年11月11日(日) 蕪栗沼の数万羽のマガンは、夜明け前一斉に飛び出し餌場へ向かいます。
そのシーンは、「塒入り」とはまた少し違ったド迫力なのですが、頭上近くを鳴きながら飛ぶ姿と羽音はやはり生で体験してこそだと思います。皆さんも、機会があれば是非訪れてみては如何でしょうか(^o^)丿

5:59 まだ薄暗い時間帯ですが徐々に飛び立って行く姿が見られました。
マガン20181111-1
6:07 
マガン20181111-2
6:09
マガン20181111-2
6:23 蕪栗沼から東方を望む(日の出)
蕪栗沼からの日の出20181111
6:26 
マガン20181111-4

沼の中を覗いて見ると、昨年と同じ場所にヘラサギの姿を発見(画面中央の白い物体)
ヘラサギ20181111-1
少し場所を移動して
ヘラサギ20181111-2
望遠で寄って見ると
ヘラサギ20181111-3
大きなあくび? (*^▽^*)
ヘラサギ20181111-4
一年ぶりの再会だね(^o^)丿
ヘラサギ20181111-5
その後、お気に入りのこの場所でぐっすり寝てしまったので観察終了としましたが、来年もまたここで会えるとイイね(^^♪

カテゴリ :ヘラサギ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

マガンの塒入り

 2018-11-12
2018年11月10日(土) 訳あって急遽故郷へ向かう事になり、早朝4:30自宅を出発しました。
先ずは東京都内の息子の所へ向かい、次にK市の娘を拾って3人で東北自動車道をひた走り、約400Km先のM県O市を目指します。高速道は紅葉狩りなどの行楽客で渋滞もアリか?と予想していましたが、意外にも順調で予定通りの時間に目的の場所に到着しました。そこから先は・・・?(ブログに書く内容ではないので割愛します)
夕方から時間が空いたので、ここから20Km程の距離にあるマガンの飛来地・蕪栗沼を尋ねてみることにしました。
現着16:00、遠くに見える池にはマガンの姿はありません。
待つこと30分、西の空にマガンの姿が現れ始めました。
マガン20181110-1
こちらは十数羽の群れで池に戻って来ましたが、
マガン20181110-2
次から次へと沢山の群れが集まって来ます。
マガン20181110-3

マガン20181110-4

マガン20181110-5
日の入りから約20分後、いよいよ塒入りが始まりました。
マガン20181110-6
一体何万羽居るのでしょうか? 凄い数です!
マガン20181110-7
この続きは、数万羽のマガンの鳴き声と羽音の中に身を置き、この感動的な自然の営みに只々感動して見入って仕舞いました。
マガンの塒入りを見たのは初めての経験でしたが、いや〜ぁ とにかくスケールがデカい!!

カテゴリ :マガン トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

冬の空高く

 2018-11-07
2018年11月7日(水) きょうは二十四節気の「立冬」。暦の上では「冬」なのですが、気温20℃とポカポカ陽気。
今日も朝からベニマシコやアリスイを探してS湖〜S公園と歩きましたが、全く見つける事が出来ません(*´Д`)
そんな中唯一の救いは、秋晴れ?の空を悠々と飛ぶオオタカ若でした〜ぁ(#^^#)
オオタカ幼鳥20181107-1

オオタカ幼鳥20181107-2

午後からはP森に移動してクロジなどを探しますが、これまた撃沈(T_T)/~~~
ここでも救いは猛禽2種でした。
最初に飛んだのは、ノスリです。
ノスリ20181107-1
獲物を探しながら悠々と飛んでいました。
ノスリ20181107-2
ノスリが飛び去って間もなく、また猛禽の姿が飛び込んで来ました。
先程のノスリが戻って来たのか?、とカメラを向けずに見ていると、
いや、あれはノスリではないぞ!!
そうです、今度はハイタカの登場です♪
ハイタカ20181107-1
ハイタカの雌(成鳥)でしょうか。 とても綺麗な個体ですね。
ハイタカ20181107-2
今季初撮りです(^^♪

本日は狙った冬鳥さん達には会えませんでしたが、オオタカ、ノスリ、ハイタカと猛禽に救われた一日でした。
カテゴリ :ハイタカ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫