FC2ブログ

ほぼほぼ(同じ様な・・・)

 2018-12-27
2018年12月27日(木) 今日もいつものA公園に、いつもより更に遅めの到着です。
K森では、今日も返り討ち覚悟の「キクちゃん詣」なのですが、その肝心のキクちゃんが見つかりません。
その他の鳥さんもほとんど見かけることなく、ただただ時間だけが過ぎ、気が付けばもうお昼の時間。
「腹が減っては戦は出来ぬ!」(古〜い!)と、先ずは胃袋を満たしてみたものの、ここK森で粘ってみても”まさか、このままシャッターを押さずに帰ることになってしまうのか〜ぁ!?”と嫌な予感が・・・。
そこで、とにかく何か「今日のネタ」になるものをキープしようと不埒な考えでS公園へ引き返してみました。
いつものベニポイントを覗いて見ると、♀2羽がゴソゴソと動いているのですが、スッキリした所には出て来ません。
そんな時、ふと上空を見上げてみるとノスリが飛んでいるではありませんか。
ノスリ20181227-1
いつの間にかノスリは2羽になり、グングン上空へと舞い上がって行ったのですが・・・暫くすると、かなり近くを飛んでくれましたよ。
ノスリ20181227-2
おまけに、何とハイタカまで飛んで来ました〜。
快晴の空、とても気持ちよさそうに飛んでいます。
ハイタカ20181227
さて、地上に眼を移すと・・・ベニマシコの雌が2羽、セイタカアワダチソウに乗ってくれたのですが・・・。
ベニマシコ♀20181227-1
バックが明る過ぎて露出設定が難しい〜!
ベニマシコ♀20181227-2
続いては、なかなか登場してくれなかった雄も登場です。
ベニマシコ♂20181227-1
アキニレの実を啄むベニマシコ♂ですが、枝陰に入りこちらも中々スッキリとは???
ベニマシコ♂20181227-2
そうこうしている内、水分補給タイムとなり、最初は♀
ベニマシコ♀20181227-3
続いては♂の登場ですが、このシーン、12月24日と全く同じ画ですね。(;^ω^)
ベニマシコ♂20181227-3
とはいえ、本日はいろいろなカットを撮る事が出来ましたので、
ベニマシコ20181227
K森を早めに諦めて正解だったのかな?(#^^#)
因みに、ベニマシコは♂2羽と♀3羽の合計5羽を確認することが出来ました。
スポンサーサイト



カテゴリ :ベニマシコ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

M池〜P森〜K森と回り・・・

 2018-12-25
2018年12月25日(火) Merry Christmas 🎶
今朝は風も無く穏やかな天気、でも寒〜い! いつものA公園内に入ると、車の温度計は2℃を指していました。
早いもので今年もあと7日、そろそろ会えないかな〜ぁ!「フーテンの寅さん」に、なんてことを考えて今日はまだ見ぬトラツグミを探してM池からスタートしました。
これまでに出没していたポイントを重点的に探しましたが・・・見つかりませんねぇ〜(。´・ω・)?
途中、愛想良く遊んでくれたのはジョウビタキ♀だけ。
ジョウビタキ♀20181225
そのままP森まで歩いて来ると、池ではキセキレイ2羽が飛び回り、
キセキレイ20181225
黄色が鮮やかなアオジも多数、
アオジ20181225
また、メジロがノイバラの実を啄んでいましたが、
メジロ20181225
お目当ての寅さん(トラツグミ)には出会えませんでした。
でも、森の一番奥の池で見た鳥影、ひょっとしたらひょっとしますかね???

続いては、K森に移動して難敵キクイタダキに再挑戦しましたが、案の定 軽〜るく返り討ちに会い”ガックリ!”
キクイタダキ20181225
因みに、キクイタを探す時は樹の高い所をずっと見上げているのですが、そんな森の中から見える小さな空。
そこに ”おお〜ぉ 猛禽が飛んでいる!”って、慌ててシャッターを押しますが、如何せん樹の陰に入りピンボケ量産。
それでも何とか隙間から撮って見ると、オオタカの若でした。
オオタカ若20181225-1
オオタカを夢中で撮っていると、そこに今度はハイタカが飛び込んで来ました。
ハイタカ20181225-1
2羽が上空で何度も絡んでいるのに、森の中からでは上手く2羽を捉えることが出来ません。
単独では何とか撮れるものの・・・(泣)
ハイタカ20181225-2
そこで、広い空が望める方へ急いで向かったのですが・・・時すでに遅し!
ハイタカは何処かへ消えて、
オオタカ若20181225-2
オオタカだけが悠々と大空を舞っていました。
オオタカ若20181225-3
オオタカの眼、意外にギョロっとして大きいんですね( ^)o(^ )



カテゴリ :キセキレイ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

三連休中の鳥見は

 2018-12-24
2018年12月24日(月) 天皇誕生日振り替え休日
今年最後の三連休ということで、交通渋滞や混雑を嫌い遠出は控えて三日間いつものS公園&K森に行って見たのですが・・・結果はあまり芳しくありませんでした。(´・ω・`)

ベニマシコの出を待つ間に遊んでくれたアオジ
アオジ20181223
K森では比較的低い所に降りて来たキクイタダキでしたが、
キクイタダキ20181223-1
頭のキクはなかなか撮る事が出来ません。(泣)
キクイタダキ20181223-2

3日目の今日も約2時間待ちで出て来たベニマシコ♂
ベニマシコ♂20181224
勿論、ベニ嬢もなかなかお出ましにはならず、やっとノイバラに乗ったかと思うと直ぐに潜って仕舞います。
ベニマシコ♀20181224
昼頃にはツーショットも披露してくれたベニマシコですが、
ベニマシコ20181224-1
枝陰が微妙に・・・あ〜ぁ(@_@。
ベニマシコ20181224-2

さてさて、こんな感じではMF(S&A公園)の新らたな冬鳥の便りは、年越しになってしまうのかな!?
チョット淋しい三連休の鳥見でした。
 
そう言えば、常連さんの一人が「俺は、毎月30連休だけどね!」って言ってたなぁ〜。笑
カテゴリ :キクイタダキ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

K森からS水門へ

 2018-12-21
2018年12月21日(金) 今日もK森からスタートしましたが、キクイタダキは全く見つからず撃沈。(@_@。
アトリも雌が2羽、昨日と同じ場所でカワラヒワの群れの中に居たのですが、雄の姿はありませんでした。

取りあえずアトリの雌をパチリ。
さて、何処に居るのか? 地面の落ち葉に完全同化していますよね(´艸`*)
アトリ♀20181221
アトリを撮っている時、上空に猛禽の姿を発見。 ノスリです。
ノスリ20181221

本日のK森は以上で終了とし、数日ぶりにS水門にベニマシコを見に行ってみると・・・暫くして、ベニマシコの雌が隠れる様にして水辺に下りて来ました。(*^^)v
ベニマシコ♀20181221-1
二度目はチョット安心したのか、丸見えの場所で水飲みです。
ベニマシコ♀20181221-2
しかし直ぐにノイバラの中に消えて行き、それから中々姿を現さなかったベニマシコでしたが、やはりずっと下草の中に隠れて居た様で今度は雄雌揃って登場してくれました。
諦めずにじーっと待った甲斐がありましたね( ^)o(^ )
ベニマシコ♂♀20181221
綺麗な雄です。
ベニマシコ♂20181221
そこからまた暫く間があり・・・遠くのセイタカアワダチソウの上に雌が登場しました。
ベニマシコ♀20181221-3
この雌は食事に夢中で、4〜5分は止っていたでしょうか。
ベニマシコ♀20181221-4
いや〜ぁ本当に美味しそうに食べていましたよ(*^-^*)
ベニマシコ♀20181221-5
しかし、綺麗な雄はセイタカアワダチソウに乗る事も無く、その姿をチラ見せしながら写真にならない様な場所に現れては消え・・・完全に翻弄されてしまいましたが、今日も♂2羽と♀3羽(計5羽)を確認することが出来ました。

本日の感想: 「キクイタに ふられフラれて ベニマシコ」  ・・・お粗末!
カテゴリ :ベニマシコ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のK森

 2018-12-20
2018年12月20日(木) いつものK森駐車場に車を止めて森の奥へと歩き出すと、広場の木に沢山のカワラヒワが止っているのが見えました。ざっと40〜50羽ぐらい居るでしょうか? ひょっとして何か混じっていないかなぁと双眼鏡で見てみると、おやぁ〜オレンジ色の鳥さんが・・・。
そうです! この森では今季初のアトリが3羽混じっていました(*^^)v
アトリ20181220-1
一応カワラヒワの飛び出しもパチリ
アトリ20181220-2
アトリ♀
アトリ20181220-3
地面に降りて採餌するアトリ。(左右の端っこに雄雌各1羽)
アトリ20181220-4
大きくトリミング(雄です)
アトリ20181220-5
大きくトリミング(雌です)
アトリ20181220-6
樹止まりもゲット
アトリ20181220-7
アトリ♂
アトリ20181220-8
本日午前中に確認出来たのは5〜6羽ほどでしたが、やっとMFにもアトリが登場してくれました。

その他にK森の中はというと、相変わらず1〜2羽のキクイタダキが森の中を飛び回っていましたが、いやはや手強いのなんの・・・
数百枚シャッターを押しましたが完全に撃沈(@_@;)
樹の高い所を動き回るので、目で追うだけでも一苦労です。それでも根性で追い掛け、何とか見つけてはファインダーに捉えて、さぁ!! シャッターを押す時にはもう消えている(´・ω・`) と、そんな事の繰り返し。
只々首の付け根は疲労困憊となり、本日もギブアップでした〜(泣) 
カテゴリ :アトリ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

あなたは誰?

 2018-12-19
2018年12月19日(水) 久し振りにY町のコチョウゲンボウに会いに行って見たのですが、生憎お留守中で会うことが出来ませんでした。残念です(´ω`*)
代わりにチョットだけ遊んでくれたのはこの子なのですが・・・さて? 
(写真は全て同一個体のモノです。)
特徴その1:腰に白色部がある
チュウヒ20181219-1
特徴その2:不明瞭だが風切羽に横斑がある
チュウヒ20181219-2
特徴その3:紅彩は黄色
特徴その4:顔盤の縁取りがあるが(不明瞭)
チュウヒ20181219-3
特徴その5:尾羽が黒
チュウヒ20181219-4
ここまでの特徴からすると、ハイイロチュウヒの雌の様だけど・・・?
チュウヒ20181219-6

チュウヒ20181219-7

チュウヒ201811219-8

チュウヒ20181219-9

チュウヒ20181219-10

さて?、あなたはハイイロチュウヒの雌?、それともチュウヒ♂(成鳥)なのかな???
どなたか教えて頂けないでしょうか? m(__)m
カテゴリ :チュウヒ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

愛嬌たっぷりのニシオジロビタキ

 2018-12-17
2018年12月17日(月) 今日は朝から雨模様、これじゃあ今日も鳥見はお休みか!?・・・いやいや、予報では午後から晴れるらしい。
それでは、と天気予報を信じて10:30に出撃です。
現着11:20、もうすでに快晴の状態となり絶好の鳥見日和となっていました。さて、お目当ての可愛い子チャンを探さねば!
しかし、雨上がりのS公園(チョッと遠くの)は人影も無く、勿論Cマンは一人も居ません。
確か数年前もこの場所近くに居た様な?・・・と探していると、居ました!!
メタセコイアの樹から飛び降りて来た一羽の鳥影。そうです、あれは間違いなく「ニシオジロビタキ」です。
何と10分もしないうちに発見出来ちゃいました。(*^^)v
ロープが大好きなニシオジロビタキ
ニシオジロビタキ20181217-1
地面に降りたかと思うと、シャクトリムシを捕まえた様です。
ニシオジロビタキ20181217-2
パクリッ!
ニシオジロビタキ20181217-3
尾羽を上げたポーズは、いつ見ても可愛いですね(^_-)-☆
ニシオジロビタキ20181217-4
なので、尾羽ピ〜ンのポーズを重点的に
ニシオジロビタキ20181217-5
ちょっと紅葉を入れたりしながら
ニシオジロビタキ20181217-6
撮って見ました♪
ニシオジロビタキ20181217-7
何と言っても「独占撮影会」でしたので・・・
ニシオジロビタキ20181217-8
オジロさんもあまり警戒していません。
ニシオジロビタキ20181217-9
愛嬌たっぷりのニシオジロビタキでしたが、
ニシオジロビタキ20181217-10
約20分間遊んでくれた後は、何処かへ飛んで行ってしまいました。
でも、十分楽しめたので本日はOKとしましょう。 ニシオジロさん、ありがと〜ねぇ(^^)/
カテゴリ :ニシオジロビタキ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

突然目の前に現れたのは・・・

 2018-12-16
2018年12月16日(日) 朝方は良い天気でしたが、昼頃には小雨がパラついたりとイマイチパッとしない天気でしたね。
本日は所用があり鳥撮りはお休みしましたが、昨日の残り分を掲載することに致します。

昨日P森でタゲリを撮り終わった後、もう一度タゲリの群れが戻ってくるのでは?と空を眺めながら撤収していた時、白っぽい一羽の鳥が突然後方から現れました。
”んッ!何だ?”、この時一緒に居たTさんと私はあまりに突然のことで対応が遅れ、ちょっと間があって慌ててシャッターを押すと・・・、オ〜ぉ!何とか写っているではありませんか。 やった~(*^^)v
直ぐにその画像を確認すると、そこにはハイタカの雌(成鳥)がクッキリと写っていました。

この時のハイタカまでの距離は、概ね10数mほどの至近距離でした。
以下、シャッターを押し始めてから約3秒間の連続写真を抜粋してみましたのでご覧ください。
ハイタカ20181215-10
こちらを睨んでいる様にも見えますが(;^ω^)
ハイタカ20181215-11
いやいや、完全に無視されていました。
ハイタカ20181215-12

ハイタカ20181215-13

ハイタカ20181215-14

ハイタカ20181215-15

ハイタカ20181215-16

ハイタカ20181215-17

ハイタカ20181215-18
兎に角、無茶苦茶近かったです。

最初に白っぽく見えたのは、お腹の部分が太陽の光を浴びて白く映ったためと思われ、一瞬何が飛んで来たのか全く判りませんでした。
グランドに急降下して何かを捕ろうとしたようにも見えましたが、獲物を捕まえた形跡もなくあっという間に森の中へ消えて行ってしまいました。しかし、短時間ではありましたがハイタカがこんな近くを飛んでくれるとは、いやはや貴重な体験をする事が出来ました。

※昨日午前中にK森で見た個体(翼指が欠けた)とは明らかに違う個体ですね。
カテゴリ :ハイタカ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のA公園

 2018-12-15
2018年12月15日(土) ”昨日の強い北風に乗って新顔の鳥さんでも入っていないかなぁ?”などと考えながら、やって来たのはいつものA公園。
途中のS公園もK森の駐車場にも見慣れた車は1台も無く・・・???
”まぁ、その内誰かに会えるかもね♪”と、軽い気持ちで森の中へ入りましたが、鳥影全く無くシ〜ンとしています。
丁度その時、森の中から上空を見上げてみると一羽の猛禽が飛んでいるのが見えました。
ハイタカでしょうか?
ハイタカ20181215-1
左側の翼指が1本欠けていますね。
ハイタカ20151215-2
あっという間に高く遠くへ飛ばれてただ見送るばかりでしたが、ハイタカが森の中に居たのでは”森の中が静かな訳だ”、と一人、ガッテン!!
その後もキクイタダキを探しながら森をウロウロしていると、やっと常連のHさんご夫婦にバッタリと(^^♪
久し振りなのでご挨拶をしていると、今度は森の陰から黒い影が飛び出して来るのが見えました。
んっ!あの飛び付き方は・・・アカゲラかな!? 直ぐにその後を追い掛けてみると、居ました!!
やはりアカゲラの雄でした。(^^)/
アカゲラ20181215-1
この森で出会うのは久し振りです。
ずっと追い掛けて行くと、開けた広場までやって来たアカゲラ君。
アカゲラ20181215-2
森の中よりずっと撮り易くなったのですが、小枝に邪魔され意外に難しい(@_@。
アカゲラ20181215-3
小枝の無い所にやっと来た〜!、と思ったら枝の裏側だったり(@_@。
でも、結構長い時間遊んで貰いましたよ〜。
アカゲラ20181215-4
結局、キクイタダキは見つけたものの全く撮れず仕舞い。
昼過ぎP森に移動しました。駐車場に着いて間もなく、頭上を通過する鳥の群れを発見。タゲリです。
慌ててカメラを取り、飛んで行った方向へ向かって行くと、予想通り奥のグランドに居ましたよ〜(^^♪
タゲリ20181215-1
全部で18羽。餌取に夢中でしたので、ちょっとずつ間合いを詰めて行こうとした時、
タゲリ20151215-2
グランドの道を通過する人に驚き飛ばれてしましました。
タゲリ20181215-3
そのまま先程来た方向へ戻って行ってしまい終了。
タゲリ201812115-4
P森の中も淋しい限りで、新しい鳥さんどころか・・・。(*´ω`*)
帰り道、まだ時間も早いのでS公園を覗いて見ると、水路にベニマシコが3〜4羽居たのですが、
ベニマシコ20181215-1
赤いベニさんの姿は無い様ですね。

時間的に丁度日陰になり薄暗い場所でしたが、ここのベニ嬢もちょっと良さげな雰囲気に撮れたかな?。。。
ベニマシコ20181215-2

カテゴリ :アカゲラ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

ナポレオンハットのヨシガモ

 2018-12-14
2018年12月14日(金) 本日は久し振りに快晴、気持ちの良い青空が広がりました。
しかし、風がめちゃくちゃ強く・冷たかったです(´ω`*) 
風が無く陽射しがある場所と、風の当たる日陰では体感温度が全然違うので、体温調整に一苦労しながらの鳥見となりました。
とは言っても、その苦労は全く報われず、本日訪ねたT市CPの森では期待していたアカゲラやアオゲラにすっかりフラれてしまい惨敗。
”手ぶらで帰るのもなぁ〜。” これと言った場所も思い付かないまま、いつものA公園近くまで来てみると・・・”あっ!そうだ!!”
と、思い付いたK川を覗いて見ると、15〜6羽のヨシガモがユッタリと泳いでいました。(*^^)v
一応、今季初のヨシガモさんです。
ヨシガモ20181214-1
こちらはまだ若い個体なのでしょうか? 
ナポレオンハットは立派なのに、羽根の色も茶色ぽく、飾り羽風の三列風切りもありませんね。
ヨシガモ20181214-2
こちらでは3組のカップルがまとまって居ました。
手前側の雄、強風にあおられて自慢のヘアスタイルが・・・
ヨシガモ20181214-3
おやおや、こちらも御髪が乱れていますね。w
ヨシガモ20181214-5
ヨシガモ自慢のナポレオンハットは、
ヨシガモ20181214-4
光の当たり具合で色合いが大夫違って見えるのです。
ヨシガモ20181214-6
カテゴリ :ヨシガモ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫