FC2ブログ

葦の隙間から

 2019-01-29
2019年 1月29日(火) 今日もA公園へ。でも、いつものK森は水場のケアだけをして、公園の一番端っこのポイントへ向かいました。
葦が生い茂った水路にお目当ての鳥さんが居るそうな!?
現着9:30、辺りを一人で探し回りますが、お目当ての鳥さんはなかなか見つかりません。
でも、この子が直ぐに登場してくれたのですが、葦の隙間は思った以上に狭く・・・(´ω`*)
クイナ20190129-1
目視ではしっかり捉えられても画像では最悪、これでも何とかクイナと判る数少ない画なのです。(泣)

銀色に光る大きな獲物をGetしたクイナ、逆光と日陰にうごめくこの被写体はもう私の手には負えません。(/ω\)
クイナ20190129-2
やっと広めの隙間に現れたクイナですが
クイナ20190129-3
動きが速い!速い!
クイナ20190129-4
この子と遊んでいる内にCマンの数も増え、みんなで本命さんを探しますが・・・う〜ん、見つかりません。

殆どシャッターを押さずにウロウロ、仕方なく目の前に現れる鳥さんで暇つぶしと隙間ショットの練習です。
こちら、カシラダカ
カシラダカ20190129
結構近くに止ったカワセミ♂
カワセミ20190129-1
強風が吹き頭の羽根がモヒカン状態のカワセミ君です。
カワセミ20190129-2

そうこうしていると、やっと本命さんの登場なのですが・・・
いやはや体が小さくて動きも早いし逆光で見難い、更には葦の隙間が殆どない最悪のロケーション。
ヒクイナ20190129
証拠写真にもならない画ではありますが、間違いなく「見た」と言う事で。(;^ω^)

ところで、ここで問題です。 
Q.この鳥さんは何と言う鳥でしょうか?

えッ、こんな写真じゃ判らないって。 

そうですよね。 どうもスミマセン(*´Д`)
スポンサーサイト
カテゴリ :クイナ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のK森

 2019-01-28
2019年 1月28日(月) 今朝は雲が広がり陽射しが弱い、こんな時はルリビタキを撮る絶好のチャンスとばかりに、K森ルリポイントへ直行です。
待ち時間10分、ルリ男君はいつもの所から登場してくれました。
ルリビタキ♂20190128-1
しかし、とてもシャイなルリ男君、人影を見ると直ぐに藪の中に入ってしまい
ルリビタキ♂20190128-2
次に登場するまで約30分程掛かります。
ルリビタキ♂20190128-3
辛抱強く待つと、また同じ藪の所から音も無く登場。
ルリビタキ♂20190128-4
ピーカンの天気の時は、光が強過ぎて羽根の綺麗な青色が出ませんが、
ルリビタキ♂20190128-5
曇りの日はイイ感じに撮る事が出来ますね(*^^)v

本日のその他の鳥さんとしては、いつもと同じ顔触れですが、ルリビタキ♀タイプと
ルリビタキ♀タイプ20190128
水場では、アオジ
アオジ20190128
シメ
シメ20190128
アトリ(本日は雄が3羽)などが見られ、
アトリ20190128
その近くではキクイタダキも見る事が出来ました。
キクイタダキ20190128
今日のキクちゃんは目線以下の低い所に居ましたよ♪
いつもこの場所に居てくれると、首や腰が痛くならずに済むのでとっても楽チンなのですがね〜。
カテゴリ :ルリビタキ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

静かな森の中での出来事

 2019-01-27
2019年 1月27日(日) 今日こそは新しい出逢いが有りそうな予感がするいつものA公園K森。
しかし、本日は日曜日なので多くのCマンで賑わっているかも?と、期待と不安を胸に森に入って見ると・・・。
昨日とさほど変わらぬ静かな森となっていました。(´ω`*)

そんな静かな森の一角では、こんなシーンが展開されていましたよ♪
先ずは、選手紹介。
・青コーナー:「ヒヨドリ」君、 園路に落ちたネズミモチの実を美味しそうに食べていると
ヒヨドリ20190127
・赤コーナー:「アカハラ」君、 この地を縄張りにしているアカハラ君が背後から迫って来て、
アカハラ20190127
ヒヨドリ君に襲い掛かりました!
バトル1
しかし、ヒラリと体をかわしたヒヨドリ君、アカハラ君の上になり反撃
バトル2
アカハラ君は、負けじと飛び上がり空中戦に持ち込みますが
バトル3
ヒヨドリ君の見事な「巴投げ」が決まり
バトル4
形勢逆転
バトル5
地面に真っ逆さま〜
バトル6
さしずめ柔道やレスリングなら、ヒヨドリ君の勝ですね。
バトル7
どうだ!参ったか〜!!
バトル8
と、第1ラウンドは終了したのですが・・・
直ぐに第2ラウンドに突入します。

柔道やレスリングでは敵わないので、今度はキックボクシングで勝負だぁ〜!
アカハラ対ヒヨドリ20190127
さて、勝敗は如何に???
カテゴリ :アカハラ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

ショッキング画像

 2019-01-26
2019年 1月26日(土) 今日も良く晴れてはいたものの、強い北風が吹き寒い一日となりました。
いつものA公園K森では、水場にアオジ,シメ,シジュウカラ,ガビチョウ,ハシブトガラス,アトリ(2羽)が集い、更にはトラツグミが1羽横切って行った?とか、結構楽しめるポイントとなって来ていて多くのCマンが集まり賑わいを見せていました。
近くの広場では、30羽程のカワラヒワの群れと100羽は居たであろうシメ軍団が集まり採餌の真っ最中。
その光景を独り遠目に見ていると、シメ軍団が最初に一斉に飛び上がり、一瞬遅れてカワラヒワの群れが飛び去ったかと思うと・・・2羽のカワラヒワだけがその場に残り、何やら喧嘩をしている様な光景が飛び込んで来ました。
おやぁ?? 喧嘩にしては様子がおかしいぞ!?とカメラで覗いて見ると、
モズの狩り20190126-1
モズ♀がカワラヒワを押さえ込んでいました (@_@。
モズの狩り20190126-2
モズは小さくても立派な猛禽ですが、
モズの狩り20190126-3
まさかカワラヒワを捕まえるとは
モズの狩り20190126-4
思ってもみませんでしたので、
モズの狩り20190126-5
あっけにとられながらも、
モズの狩り20190126-6
その場面をしっかりカメラに収めることが出来ました。(所用時間1〜2分ほど)
モズの狩り20190126-7
ちょっとショッキングな画像ですが(´ω`*)
モズの狩り20190126-8
その後、モズ嬢は動かなくなったカワラヒワを片足で掴み飛び上がると、
モズの狩り20190126-9
森の中に消えて行きました。

最後の1枚を掲載するかどうか迷ったのですが、これも貴重な自然の営みの画像ですので、あえて掲載することにしました。
カテゴリ :モズ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

変わり映えせず

 2019-01-25
2019年 1月25日(金) 今日もいつものA公園K森です。
登場してくれたのは昨日とほぼ同じ役者ばかりで変わり映えのしないステージでしたが、今日はクロジ君の姿だけが見えませんでしたね。
クロジ君、風邪でもひいたのかな?(鳥インフルは無茶苦茶怖い話ですが)

と言う事で、
まずは、キクちゃんから
キクイタダキ20190125-1
勿論、いつも通り手強い相手です。
キクイタダキ20190125-2
なかなか頭の菊を撮らせて貰えません(*´Д`)
キクイタダキ20190125-3
チラ見は出来るのですがね・・・
キクイタダキ20190125-4
”ほら〜ぁ、早く撮らなきゃダメじゃない!”と、いつも笑われっぱなし。(´ω`*)
キクイタダキ20190125-5

キクちゃんの近くでは、ビンズイが10羽ほど集まっていて、
ビンズイ20190125-1
桜の枝に止ってのんびりしていました。
ビンズイ20190125-2
そのまた近くでは、ルリビタキ♂もチラッと登場してくれましたが、
ルリビタキ♂20190125
本日は機嫌が悪いのか?、直ぐに藪の中に隠れてしまい中々出て来てくれませんでした。

水場では、1羽のアトリもアオジに混じって出て来て、その健在ぶりをアピールしていましたよ。
アトリ20190125

広場を通って移動中、メタセコイアの樹のテッペンに白いお腹の鳥さんがポツンとたった1羽で止っている姿が目に飛び込んで来ました。
「もしかして!?」・・・先入観とは恐ろしいものです。
確認もせず、思わず叫んだ”レ○ジャ○!!”
シメ20190125
まあ、実は見ての通り「シメ」だったのですがねぇ。
と、何ともシマらない話で本日の鳥見結果報告は終了です。( ^)o(^ )

PS.例の「影虎」もしっかり健在でしたよ。


カテゴリ :キクイタダキ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のK森

 2019-01-24
2019年 1月24日(木) 本日も快晴でしたが、風が無茶苦茶強かったですね〜。
ちょっとの間ブログ更新出来ませんでしたが、単に自己都合で鳥撮りをお休みしていただけで、インフル等に罹った訳ではありませんのでご安心下さい。(;^ω^)
さて、本日はA公園K森へ遅めの到着でしたが、水場の清掃と給水を終えてしばらくすると、最初に登場してくれたのはクロジさんでした。
クロジ20190124-1
この子は、かなりのイケメンらしいですよ(^_-)-☆
クロジ20190124-2
次に登場したのはシメ軍団。何やら小競り合いも!
シメ20190124
と、幸先の良いスタートが切れ・・・今日はビンズイにも会うことが出来ました。
ビンズイ20190124-1
ここでは3羽、地面に落ちた小さな木の実を啄んでいましたが、
ビンズイ20190124-2
別の場所でも2羽のビンズイを確認。こちらは桜の木止まりでポーズ。
ビンズイ20190124-3
その近くには、ルリビタキの雄が居たのですが、なかなか良い所には出て来てくれませんでした。泣
ルリビタキ20190124
また、その場所の頭上には、例のキクちゃんが2羽でチョロチョロと飛び回り
キクイタダキ20190124
昆虫(蜘蛛)などをせっせと捕食していましたが、相変わらず手強過ぎで撃沈。(+_+)

少し離れた場所では、いつものトラツグミも採餌中でしたよ。
トラツグミ20190124-1
”はい、私は日陰大好きの「影虎」です。” ナンチャッテ(*^-^*)
トラツグミ20190124-2
こんな感じでいつもと変わらないK森でした。

歌舞伎役者の登場は、”まだかいな〜ぁ!”
カテゴリ :クロジ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のA公園

 2019-01-18
2019年 1月18日(金) 今日も青空が広がり良い天気となりましたが、北風が強く吹き首元などシッカリと防寒対策が必要でしたね。
さて、今日は昨日ピンボケ写真しか撮れなかったキクちゃんのリベンジからスタートしました。
K森の奥まった場所にキクちゃんは(いつも通り?)居ました。さあ、戦闘開始です(*^▽^*)
キクちゃんの動きは不規則で早く、眼で追う事はそれなりに出来るのですが、いざファインダーで捉えピントを合わせようとすると、視界から消えたりピントが来なかったり。トホホ〜(´ω`*)  まぁ、いつものことではあるのですが!
それでも今日はしぶとく粘り、何とか数枚のベストショットが撮れました(*^^)v
キクイタダキ20190118-1
ジャ〜ンプ!と言うほどのものではありませんね。せいぜいピョ〜ン!ぐらいかな(^^;
キクイタダキ20190118-2
でも、頭の菊がイマイチなのでリベンジとまではいかず、また宿題が残ってしまいました。

近くのルリ男君は健在でしたが、薄暗い場所を移動していて全く遊んでくれません。(´ω`*)
仕方なくP森に移動して園内を「巡回」してみますが、見つけたのはこれまで手強かったトラちゃんのみ。
人気のない裏のグランドで餌探しに夢中でした。
トラツグミP森20190118
そのグランドには2羽のタゲリの姿がありましたが、
タゲリ20190118
その他には目ぼしい鳥さんが全く見つからず、淋しいP森でした。

帰り道、いつものトラ・ポイントを覗いて見ると、またまたトラちゃんが出てくれました。
トラツグミ20190118-1
この子はトラダンスが得意、今日も沢山踊ってくれましたよ。
トラツグミ20190118-2

トラツグミ20190118-3

トラツグミ20190118-4

今日も新顔さんの登場はなくほぼほぼ同じ顔ぶれでしたが、この週末大勢の来園者で「K」のトラちゃんの動きがどうなるか?
ちょっと心配ですね〜(。´・ω・)?
カテゴリ :キクイタダキ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

いろいろ出揃って来たかな?

 2019-01-17
2019年 1月17日(木) 今日も快晴、陽射しがあり比較的暖かな一日でした。
まずは草焼き後に登場するであろうアリスイを探してS公園を歩きましたが、この時は残念ながら見つける事が出来ませんでした。(後から聞いた話では、アリスイ撮り放題だったそうな)
その後K森に移動して、園内に入ると直ぐ2羽のキクイタダキが飛び回ってる所に遭遇しましたが、暗い所を動き回っていて全くお手上げ状態。それでも一応シャッターを押してみたものの、ピンボケ写真量産です。
そのピンボケの1枚(証拠写真)
キクイタダキ20190117
キクちゃん人気はすごいもので、いつの間にか大勢のCマンが集まって来たので撤収し、一人でトラちゃんを探して近場をウロウロしてみると・・・居ましたよ〜。
トラツグミ20190117-1
日陰が大好きなトラちゃんは、陽の当たる所をシッカリと避けて動きます。
トラツグミ20190117-2
なので、露出設定には苦労しますね。(;´・ω・)
ここのトラちゃんはとても警戒心が強く、人影を見ると竹藪の中にすぐ入ってしまい(竹藪の中からジーッとこちらの様子を伺っているのが見えているのですが)、中々出て来ません。
折角平和に暮らしているトラちゃんの生活を乱してはいけないと、長期戦は避けてここも早めに撤収です。

次に向かったのはM池、昨日も見られたベニマシコを探してみると、最初に見つけた♀に続き♂も2羽確認することが出来ました。
しかし、ここは強い陽射しが逆光気味となり、回り込むことも出来ない場所です。
まあ証拠写真と言う事で、御見苦しい写真を数枚。
ベニマシコ♂20190117-1

ベニマシコ♂20190117-2
やっと順光で撮れる所に止ってくれたのですが、手前の小枝が邪魔で隙間を探すのに一苦労しました。
ベニマシコ♂20190117-3
何とか見られる写真が撮れたので、ここも長居せずに撤収しました。

帰り道、トラちゃんポイントをもう一度覗いて見ると、おや〜ぁ もう出ているではありませんか!?
折角出て来てくれているので、撮らない訳には行きませんよね。(;^ω^)
トラツグミ20190117-3

トラツグミ20190117-4

本日のA公園は、キク・トラ・ベニ・ルリそれにアリスイと、今までにないくらいのスターが出揃い、多くのCマンで賑わいを見せていました。
さて、次なるスターはどんな鳥さんが登場するのでしょうか!?  
明日も天気は良さそうですしね〜(^^)/
カテゴリ :トラツグミ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のA公園

 2019-01-16
2019年 1月16日(水) 快晴なれど風強し。
いつものA公園に入る前にS公園の脇を通ると、駐車場入り口に誘導員の姿があり・・・はて??
あ〜っ! 今日は野焼きの日か!と、その場を通過してK森に到着しました。ここではいつものキクイタダキとルリビタキ♂が居ることを確認しましたが、トラツグミの姿はありません。殆どシャッターを押すことなく次に向かったM池では、先程までトラツグミもベニマシコも出ていたらしいのですが、一足遅くどちらも雲隠れ状態。暫く園内を探索して回りましたが、全く姿を見る事は出来ませんでした。
それでもグランドには1羽のタゲリが居たり、上空をハイタカが飛んだりと、何がしかの出逢いはあるもののまともな写真は撮れずほぼ空振りに終わりました。
まあ、こんな日もアリかな〜ぁと慌てることも無く、もう一度K森へ移動してトラツグミなどを探してみますが、やはり見つかりません。
車の中で昼食を取っていると、Mさんから新たな情報が入りました。 ”トラちゃんは○○に出てるよ♪”
早速現地に急行しますが、とてもシャイなトラちゃんの様で中々姿を見せてくれません。やっとその姿を見せてくれたかと思うと、直ぐに藪の中に消えてしまいます。トホホ(ノД`)・゜・。
しかし、ここには数羽のトラツグミが居る事は間違いないので、少し時間を空けて再度様子を見に行って見ると・・・ジャーン(^o^)丿
餌取に夢中になっているトラツグミの姿が目の前にありました。
トラツグミ20190116-1

トラツグミ20190116-2
ここでの獲物は、ミミズではなく小さな虫の幼虫?の様ですね。
トラツグミ20190116-3
小さすぎて写真には写っていません。(;´・ω・)
トラツグミ20190116-4

トラツグミ20190116-5
少しだけ近づいて、パチリ!
トラツグミ20190116-6
警戒限界距離? 約15m
トラツグミ20190116-7
でも全くこちらをほとんど意識していません。余程お腹が空いているのでしょうか?
トラツグミ20190116-8

更に広場の奥に眼を転じてみると、別のトラちゃんも採餌中でした。
どうも人気(ひとけ)が無くなると大胆に行動する様ですね。
カテゴリ :トラツグミ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のK森

 2019-01-15
2019年 1月15日(火) 昨日に続き今日もA公園K森での鳥見でしたが、森の中では例の「戦隊モノ」の撮影隊が占領しており、その影響かどうか定かではありませんが鳥影少なく、トラちゃんもキクちゃんの姿も確認出来ませんでした。
そんな森の中で唯一のメインは、昨日から新たに見られるようになったルリビタキの雄が多くのCマンの視線を集めていたことぐらいでしょうか。
ちょっとメタボ風に写っていますが、結構綺麗なルリ男君です。
ルリビタキ♂20190115-1

ルリビタキ♂20190115-3

ルリビタキ♂20190115-4

こちらはその直ぐ近くに居たルリビタキ♀です。
ルリビタキ♀20190115-1

ルリビタキ♀20190115-2

ルリビタキ♀20190115-3

”暇つぶしに”と言ったら叱られますが、目の前に現れたコゲラさんと
コゲラ20190115
水場のアオジさんです。
アオジ20190115

午後からはM池へ移動しトラツグミを探してみたのですが、冷たい雨が降って来たので一目散に撤収しました。
一昨日に「まんぷく」になるまでトラちゃんを撮っていたので、本日は「根性無し」です。最初に撮るまではあんなに「血眼(ちまなこ)」になってあちこち探していたのに・・・何ともゲンキンなモノですね(;^ω^)
トラちゃんの次は、やはりあの「歌舞伎役者」の登場が待たれるA公園でした。

カテゴリ :ルリビタキ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫