FC2ブログ

この時季の主役が来ないK森では、

 2019-02-24
2019年 2月24日(日) 天気予報通り「晴れ」、風も弱く絶好の行楽日和。
と言う事は、本日のA公園K森は家族連れやワンちゃんのイベントなどで賑わっていましたよ〜。
勿論、鳥屋さんも沢山来ていたのですが、この時季の主役さんは・・・さて、どうしちゃったのでしょうか!?未だにその姿を現しません(*´Д`)
そんなK森の今日の様子は、森に入って直ぐの所にいつものキクちゃんが出ていて、すでに5〜6名程のCマンが戦闘モード。
水場には人影なく鳥さんも出ていないようです。更に奥のルリ男君ポイントでは4〜5名のCマンがスタンバイ中でしたが、ここの管理人のTさんがやって来てルリ男の声真似で話し掛けると・・・。
これが直ぐに登場してくれました。(多分ただの偶然だとは思いますが(^_^;))
ルリビタキ♂20190224-1
でも、いつもの様に警戒心マックスのルリ男君です。
ルリビタキ♂20190224-2
次に、クロジポイントは人影まばらで今日は目撃情報なし。
もう一度水場を覗いて見ると、アトリが6羽(♂2、♀4)登場してくれました。(左端木陰に1羽居るのですが・・・)
アトリ20190224-1

アトリ20190224-2
アトリを撮っていると上空にオオタカが飛び
オオタカ20190224-1
グングン上昇して行きました。最近よく見かける若いお嬢様の様ですね。
オオタカ20190224-2
その他、いつも影虎(トラツグミ)が出るポイントにはシメが居ましたが、
シメ20190224
肝心の影虎はお留守のようでした。
また森に戻ってみると、巣作りに忙しいエナガが何組か見られ、アカゲラもチラ見したのですが画像はありません。

因みに、昨日も忙しなく飛び回っていたアカゲラ♂、やっと撮れたショットがこちら。
アカゲラ♂20190223
また、昼過ぎ頃駐車場で雑談中に突然現れ一瞬で飛び去ったハヤブサ
ハヤブサ20190223
など、ちょっとしたサプライズはあるものの、ここ数日は全く変化のないK森でした。

「お〜ぃ! レンジャクや~ぃ。早く来ないと美味しく熟したヤドリギの実がヒヨに全部食べられちゃうぞ〜!」
スポンサーサイト



カテゴリ :オオタカ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

「ハヤブサ2」

 2019-02-22
2019年 2月22日(金) 今朝起きてTVのスイッチを入れると、ニュースで『探査機「はやぶさ2」が、8:00頃に小惑星「リュウグウ」に着陸する見込み』と報じていました。探査機「はやぶさ2」は、2014年12月に打ち上げられ、地球から約3.4億km離れた小惑星「リュウグウ」から岩石(砂
)を持ち帰るミッションを与えられ、2020年12月頃に地球に帰還する予定だそうです。
話変わって、我が家の「ハヤブサ」も、3月1日に「ハヤブサ2」に代わる事が決定しました。(^^♪
初代「ハヤブサ」は、2014年から5年間(多少難点はあるものの)とても良い相棒として活躍してくれたのですが、この度縁あって宮城県西部に嫁ぐことになったのです。代わりにやって来る「ハヤブサ2」は、色白の「美人さん」で(噂では、ちょっとじゃじゃ馬らしいのですが)私が一目ぼれして迎える新しいお嫁さんです。(^_-)-☆ 
・・・いや〜ぁ、兎に角、会ったその日にプロポーズしちゃいましたから!!
(エッ、何処かのタレントみたいな話だって!? はい! これが運命の出逢いってヤツですかね(*^-^*))

話が大夫逸れてしまいましたが、本日の鳥見はS公園からスタートしました。
風も無く陽射しも十分で暖かな鳥見日和、今日の主役はベニマシコさんでした。
ベニマシコ20190222-1
アキニレの実を美味しそうに食べていました。
ベニマシコ20190222-2
と、ここまではいつもと同じパターンでしたが、
ベニマシコ20190222-3
今日はいつもと違うシーンを撮る事が出来ましたよ〜(^^ゞ
ホトケノザがらみでのショットです(*^^)v
ベニマシコ20190222-4

ベニマシコ20190222-5

ベニマシコ20190222-6

ベニマシコ20190222-7
結構な枚数を撮ったので、午後からはK森に移動しました。
園内をぐるっと廻って見ましたが、今日も鳥影少なく
やっと出会ったアカゲラさんも枝被りがひどく撃沈(@_@;)
アカゲラ♂20190222

美人の新しい嫁さん「ハヤブサ2」を迎える段取りなどで、ここ数日鳥見が出来ませんでしたが、五日ぶりのA公園はほとんど変化が見られなかった様ですね。ガックリ!(いやいや、ほんの少しホッ!として、ニンマリ(;^ω^))
カテゴリ :ベニマシコ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日の鳥見

 2019-02-17
2019年 2月17日(日) 野暮用でここ数日サボっていた鳥見、”さて!今日は何処に行こうかな?”と考えるまでも無く、ほぼほぼ惰性でS公園〜A公園へ向かいました。
まずS公園で最初に登場してくれたのは、食欲旺盛なベニマシコ君です。
アキニレの実を盛んに啄んでいました。
ベニマシコ♂20190217-1
ちょっと前まで雄が2羽居たそうなのですが、確認出来たのはこの1羽だけ。
ベニマシコ♂20190217
セイタカアワダチソウの穂も大好物です。
ベニマシコ♂20190217-2

次に向かったK森では、沢山のバーダーが来ていましたが・・・
肝心の鳥さんは、「今日も居た居たキクイタダキ」と、
キクイタダキ20190217
ルリビタキ♂。 他にはクロジ,アカハラ,シロハラ,アトリ,カワラヒワ,ノスリ等々。
どうしても、イマイチ力が入らない「マンネリ鳥見」なので写真はありません。(*´ω`*)

最後に向かったP森では、森に入ると直ぐに登場してくれたトラツグミさんでしたが、
トラツグミ20190217-1
藪の中に入ってしまい動きが全くありません。(*´Д`)
トラツグミ20190217-2
何処から狙っても全身が見える所が無く、更には逆光だったり。
トラツグミ20190217-3
暫く待っても動きが無い為、諦めて奥のグランドを覗いて見ると、
先程のトラちゃんと思われる個体ともう1羽のトラツグミ計2羽が登場していました。
トラツグミ20190217-4
へ〜ぇ!ここに2羽居たとは思ってもみませんでしたが、次回は枝乗りの画をゲットしたいモノですね。(*^^)v
以上、本日の鳥見は終了です。
  
気合の抜けた写真ばかりで m(_ _)m
  「あ〜ぁ、レンジャク早く来ないかな〜。」(ため息)
カテゴリ :トラツグミ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

さいたまの生きmono展 2019

 2019-02-14
2019年 2月14日(木) ちょっと風邪気味(インフルではありません)だったので三日間ほど鳥撮りをお休みしていましたが、本日からまた再始動しましたので宜しくお願い致します。(^_-)-☆

今日はMFに行く前に、さいたま市桜環境センターで開催されている「さいたまの生きmono展」を覗いて来ました。
さいたまの生きmono展2019
1Fさくらラウンジ・写真展会場
さいたまの生きmono展1
秋ヶ瀬野鳥クラブ会長のごあいさつ
さいたまの生きmono展2
写真展風景
さいたまの生きmono展3
秋ヶ瀬野鳥クラブメンバーの力作が展示されています。
さいたまの生きmono展4

その後K森へ行って見ましたが、何故か鳥運に見放されてしまいシャッターを4回押してだけで終了です。(´・ω・`)
まあ、まだ病み上がりの為無理をせず、ボチボチ行きましょか〜ぁ♪

因みに、本日の鳥さんは、
お蔵入りする前の在庫からルリビタキ♂です。(2月10日 東京都O市で撮影)
ルリビタキ♂20190210-1
観音様へ向かう参道にヒョッコリと現れた天然モノのルリ男君。
最初は茂みの下から覗いていたのですが、
ルリビタキ♂20190210-2
こちらがベンチに腰掛けて静かに観察していると、
ルリビタキ♂20190210-3
警戒モードを解除したのか?
ルリビタキ♂20190210-4
ドンドンこちらに近づいて来ましたよ。
ルリビタキ♂20190210-5
MFのルリ男君とは大違いの、とてもフレンドリーなルリビタキでした。

カテゴリ :ルリビタキ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

今季初 ミヤマホオジロ

 2019-02-10
2019年 2月10日(日) 三連休中日。今日は陽射しはあるものの、北風が強く吹く寒〜い一日でしたね。

朝起きるとまあまあの天気なので、本日は西方40kmほどにある東京都O市の「とある里山」に行って来ました。
朝方うっすらと積もった雪も解け始めた10時前、その里山に到着です。
ここは初めて訪れる場所なので、全くポイントが判りませんが、そんなに広くもない場所なので、頼りない「感」と「自慢の動体視力」でお目当ての鳥さんを探し始めます。然〜し、2時間探しても全く見つかりません。
それどころかほとんど鳥影すら無く、山を登っては下るを何度か繰り返し、いやはやもう探す所がありません(;´・ω・)
時計を見ると丁度お昼。食事をしながらいろいろ考えてみると、ひょっとしたらもう抜けてしまったのかも?
でも、このまま手ぶらで帰るのも!? そうだ、帰り道に○○に寄って行こう!?
いや待てよ! 折角ここまで来たのだから、もっと広範囲にもう一度園内を歩いてみるか!!と、別の道を歩き始めると目の前にルリビタキ♂が飛び出して来たので撮っていると、日本語の上手な外人(初老の男性)さんが、”この下の道にミヤマホオジロが居たよ♪”と教えてくれました。
早速斜面を下ってそのポイントまで来ると・・・居ました(*^^)v
お目当てのミヤマホオジロです。(今季初見)
ミヤマホオジロ20190210-1
日陰に止っていてバックが明る過ぎ、最悪の条件ですが先ずは証拠写真をゲットします。
ミヤマホオジロ20190210-2
背景も少し暗い所に止って。う〜ん、これもイマイチ。
ミヤマホオジロ20190210-3
こちらも日陰の暗い場所。
ミヤマホオジロ20190210-4
雌が4羽確認出来ましたが、雄は居ないのかなぁ???
ミヤマホオジロ20190210-5
う〜ん、やっぱり居ないようですね(´ω`*)

”あ〜ら失礼しちゃうわ! 私達だけじゃ不満なの!”と、
叱られてしまいそうなくらい近くまで迫って来たのが最後のシーン。
ミヤマホオジロ20190210-6
その後は、また何処かへ飛んで行ってしまいました。 
4時間滞在でミヤホに会えた時間は、たった数分間でした。(;´・ω・)

オッと、忘れちゃいけない! その他に出逢った鳥さん達も紹介しないと。
(会った順番に)ビンズイ
ビンズイ20190210
カシラダカ
カシラダカ20190210
シロハラ
シロハラ20190210
トラツグミ
トラツグミ20190210
と言う事で、午後の部は、結構いろいろな鳥さんに出逢えました(^^♪
 ※ルリビタキさんは、また次の機会に登場する予定です。
カテゴリ :ミヤマホオジロ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

今日のK森は

 2019-02-08
2019年 2月 8日(金) 今日は強い北風も吹く寒い一日となりました。
朝8時、K森の水場を覗いて見ると3羽のカケスが降りていましたが、カメラを向ける前に飛ばれてしまいTHE end (*´Д`)
久し振りに見たカケスでしたが、その後も森の中でチラ見するも全く撮れずに気落ちしている所に登場してくれたのは、この子達でした。
まるで「起き上がり小法師※」の様な姿ですが、(※起き上がりこぼし:福島県会津地方の郷土玩具)
エナガ20190208-1
とっても可愛いエナガちゃんで〜す。(^^♪  
エナガ20190208-2
10数羽の群れで目の前を通過して行きました。
エナガ20190208-3
鳴き声も聞こえて来ます。 群れの仲間に何か伝えているのでしょうか?
エナガ20190208-4
この子の長い尾羽には何か付いていますね?
エナガ20190208-5
こちらは「澄まし顔」で止まっていると、
エナガ20190208-6
こんな「変顔」も披露してくれるエナガちゃん、
エナガ20190208-7
いつ遭っても癒される鳥さんです(*^-^*)
エナガ20190208-8
最後は「ひげ爺」か!? (笑)
エナガ20190208-9

その後森の中を歩いてみると、キクイタダキ2羽,ルリビタキ♂♀,シロハラ(多数),アカハラ,アトリ3羽など、いつもの顔ぶれに変化はありませんでしたが、皆さんが心待ちにしているレンジャクの姿は今日も見る事が出来ませんでした。
明日は雪模様との予報が出ていますが・・・さて、どうなることやら(?_?)
カテゴリ :エナガ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

今日のMF

 2019-02-07
2019年 2月 7日(木) 午前中は薄い雲が広がりとても寒く、昼頃からは時折晴れ間も見える微妙なお天気でしたが、天気予報通り午後からは気温も上がり暖かな鳥見日和となりました。しかし、肝心の鳥達が見当たりません。
今日のA公園K森では、いつものキクイタダキの姿も影虎(トラツグミ)の姿も無く、結局会えたのはこの子。
そう、一羽のルリビタキ雄の前だけが賑やかでした。
ルリビタキ♂20190207-1
この場所で毎回目撃されているルリ男君ですが、
ルリビタキ♂20190207-2
とても警戒心が強く、藪の中が大好きな子なのです。
ルリビタキ♂20190207-3
それでも、
リルビタキ♂20190207-4
たまに尾羽を広げて見せたりもしてくれます。(^^♪
ルリビタキ♂20190207-5
他には、いつものシロハラさんが、いつもとは反対側の園路で採餌していたくらいで・・・
ちょっと睨まれてしまいましたが(;^ω^)
シロハラ20190207
森の中を歩いてみても今日はほとんど鳥影も無いので、
帰り道のS公園で草焼き跡に出て来たアリスイさんを撮り、
アリスイ20190207-1

アリスイ20190207-2
早めに帰路につきました。
カテゴリ :ルリビタキ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

里山のニシオジロビタキ

 2019-02-05
2019年 2月 5日(火) 昨日春分の日は気温がグ〜ンと上がり汗ばむ陽気でしたが、今日の気温はガクンと下がり真冬に逆戻りでした。何とも極端な気温変化に驚いているのは、鳥さん達も同じかも知れませんね(;^ω^)
さて、いつものMFは全く変化がみられないので、今日は少し遠くの里山を訪ねてみました。
お目当ては、クリッとしたオメメと尾羽ピョンが可愛いニシオジロビタキです。
現着8:00過ぎ、まだ薄暗い森の中早速のお出ましです。(^^♪
ニシオジロビタキ20190205-1
お気に入りのロープに止ったり
ニシオジロビタキ20190205-2
杭に止ってポーズを取ってくれる
ニシオジロビタキ20190205-4
とてもフレンドリーな子です。
あまり警戒心も無く
ニシオジロビタキ20190205-5
目の前に降りて来て
ニシオジロビタキ20190205-6
虫を捕ったりしていました。
ニシオジロビタキ20190205-3
Cマンは私一人、
ニシオジロビタキ20190205-7
30分程出っ放し状態で十分に遊んで貰い、早々に撤収する事にしました。
ニシオジロビタキ20190205-8
以上、ポッチャリと体を膨らませていた里山のニシオジロビタキさんでした。
ニシオジロビタキ20190205-9
これからの長旅に備えて、しっかり体力つけてね〜(^^♪

PS.情報を頂いたAさん,TYさん、ありがとうございました。

【追記】
オジロビタキとニシオジロビタキの判別方法として(図鑑など調べてみると)、
・下嘴の色が黒色=オジロビタキ
・下嘴の色がオレンジ色(山吹色,淡黄褐色)=ニシオジロビタキ
と記載されていますので、この個体はニシオジロビタキとしました。
因みに、雌雄は不明です。
カテゴリ :ニシオジロビタキ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

手強いヒクイナ

 2019-02-03
2019年 2月 3日(日) 昨日今日と風も穏やかで、比較的暖かな日が続きましたね。
いつものA公園ではほとんど変化のない鳥見が続いていますが、今日は手強さではキクイタダキに負けない「ヒクイナ」を狙ってみました。
ヒクイナは、葦の間や草陰を素早く動くので、なかなか全身をスッキリと撮る事は難しいのですが・・・。
多分そこを通るであろうと予想した「ポイント」と「隙間」に狙いを定めて待つ戦法で、本日撮れたモノがこちらです。
ヒクイナ20190203-1

ヒクイナ20190203-2

ヒクイナ20190203-3

ヒクイナ20190203-4

ヒクイナ20190203-5

ヒクイナ20190203-6

ヒクイナ20190203-7

以上、難敵ヒクイナでした。

※本日書ける内容が少なく、いつもより写真に関するコメントも極少でした。(;^ω^)
カテゴリ :ヒクイナ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のA公園

 2019-02-01
2019年 2月 1日(金) 昨夜の雨や雪を降らせた雲も去って、今日は朝から晴れ渡る空になりましたが、北風が強く吹く寒い一日となりました。
さて、今日から2月、そろそろ新顔さんの登場が待たれるA公園でしたが、公園内はいつもの顔ぶれで殆ど変化なし。
しかし、全く変わらない訳でもなく、微妙な変化は見られましたよ〜。

微妙な変化 その1:キクちゃんが低い所に降りてくるようになり、若干撮り易くなった?
キクイタダキ20190201-1
相変わらず暗い場所をチョロチョロと動き回っていましたが、たまに明るい所にも出て来る様に。
キクイタダキ20190201-2

キクイタダキ20190201-3

但し、頭の上の菊は
キクイタダキ20190201-4
相変わらず御開帳なし。
キクイタダキ20190201-5
まあ、明るい所で、しかも比較的低い所に来てくれるだけでも、どんなに助かることか(^_-)-☆
キクイタダキ20190201-6
腰痛持ちにはとても嬉しい変化ですね(^^♪  ・・・首も痛くならないし!

微妙な変化 その2:ほんの少しだけ陽の光が射す所に出て来た「影虎」
トラツグミ20190201-1
でもスポットライトは苦手、ここでUターンして
トラツグミ20190201-2
また直ぐに日陰へ避難してしまいます。(´ω`*)
トラツグミ20190201-3

微妙な変化 その3:全身が見えそうな所を足早に駆け抜けるヒクイナ
ヒクイナ20190201
ヒクイナの行動範囲は広くなったのですが、こちら側の学習効果がアップして
ほんの少しヒクイナの行動パターンが読める様になったという変化ですが・・・
手強さに変わりはありません。(;´∀`)
カテゴリ :キクイタダキ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫