FC2ブログ

今日もヒレンジャク

 2020-02-29
2020年 2月29日(土) 本日のA公園では、ヤドリギの丘にはヒレンジャクが5羽、時折上空をハイタカやオオタカそれとトビが飛び(ダジャレではありません)、いつも通りの光景が展開されていました。

相変わらずのヒレンジャクの飛び物です。
ヒレンジャク20200229-1
朝方レンジャクを撮っていると、灰色の曇り空にハイタカが飛び、
ハイタカ20200229
レンジャク狙いのCマン達は、チラッと上空を見たもののまたファインダーに集中していました。
やっぱりハイタカよりレンジャクの飛び物狙いなのかな!?
それともカメラを向ける余裕が無かったのかな???
ハイタカが飛んでもヒレンジャクはお構いなし、直ぐに水場に下りて来ました。
ヒレンジャク20200229-2

さて、ここ数日レンジャクの飛び物ばかり撮っていたので、今日は早めに他の森を探索しに行きましたが成果なし。
唯一モデルを務めてくれたのは、ジョウビタキ♂でした。(;^ω^)
しっかりポージングするジョビ男君
ジョウビタキ♂20200229

お昼過ぎもレンジャクの状況をチラッと確認して、本日の鳥見は終了です。

流石に三日目ともなると、ヒレンジャクの行動パターンが決まってくるので、飛び物狙いも樂になってくるものですね♪
なんか惰性で撮っててもちゃんとピンが来る様になるのは、「腕」というより「慣れ」なんでしょうね。
「腕が上がったな〜ぁ!!」とは、単なる勘違いで、やはり機材に頼っている割合の方が大きい様です。
で、結果は?
ヒレンジャク20200229-3

ヒレンジャク20200229-4

ヒレンジャク20200229-5

ヒレンジャク20200229-6

ヒレンジャク20200229-7

”う〜ん、我ながら、かなり腕が上がったよな〜ぁ!!” (笑)
スポンサーサイト



カテゴリ :ヒレンジャク トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のA公園

 2020-02-28
2020年 2月28日(金) スッキリと晴れ渡った青空、今日のA公園では朝からヒレンジャク5羽が登場してくれました。
昨日は4羽でしたので、1羽増えたのか? 若しくは入れ替わったものなのか? 定かではありません。
但し、フレーム内には4羽しか写っていませんのであしからず。
ヒレンジャク20200228-1

ヒレンジャク20200228-2
昨日に続き、またまた飛び物にチャレンジしてみましたが・・・さて
ヒレンジャク20200228-3

ヒレンジャク20200228-4
結果はご覧の通りです。(;^ω^)
ヒレンジャク20200228-5

今日もいつもの通りM池〜P森へと向かい歩いて行くと、水路の所でオオタカが頭上を通過しました。
それが何と、成鳥2羽と若1羽が3羽続けて鳴きながら飛んで来ました。
オオタカ成鳥
オオタカ成鳥20200228
オオタカ若
オオタカ若20200228

M池では、ベニマシコ(♂×1,♀×2)3羽。 それとジョウビタキ♂も居ましたけど。。。
ベニマシコ20200228-2

P森でもベニマシコ(♂×2,♀×2)  ※P森では今季初見
ベニマシコ20200228-1
こちらも久し振りのカワセミです。
カワセミ20200228

まあ、あまり変わり映えしませんが、それなりに楽しめるA公園でした。
カテゴリ :ヒレンジャク トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

黄色は抜けた?

 2020-02-27
2020年 2月27日(木) 北風が強いものの日差しはタップリ、気温以上に暖かさを感じる「レンジャクの丘」では、4羽のヒレンジャクが飛び交い多くのCマンを引き付けていました。(^^♪

本日の主役、ヒレンジャクです。
ヒレンジャク20200227-1
ちょっと光が強すぎますが・・・贅沢は言えません。
ヒレンジャク20200227-2
ただ、残念なのは一昨日まで居た黄色(キレンジャク)の姿が無かったことですが、それでもヒレンジャクの飛翔を狙うレンズの列は見事に「とあるポイント」に照準を合わせて並んでいました。
ヒレンジャク20200227-5

勿論、その列に加わり飛び物狙いに集中しましたが、そう簡単には撮らせてくれません。(;^ω^)
ヒレンジャク20200227-3
でも、何度かチャレンジすると、まぐれで撮れたりもします。
ヒレンジャク20200227-4
とにかく最近のカメラは優秀ですからね!(^_-)-☆
ヒレンジャク20200227-6
ヒレンジャクはヤドリギを食べた後、下の写真の様にお腹を軽くした後水飲みをします。
ヒレンジャク20200227-7
その水飲み場が特定されれば、狙いを定めて「飛び」を撮る事が出来るという寸法なのですが。。。
さて、此が意外に難しい「ジュディ・オング」ポーズ。(^_^;)
ヒレンジャク20200227-8
雄雌揃い踏み。(左♂、右♀)
ヒレンジャク20200227-9
左♀、右下♂
ヒレンジャク20200227-10
4羽同時に降りてくる事はありませんでしたが、その分何度もチャンスがあったのに、後で画像を確かめると「ゴミ箱行」の何と多い事か!(;´・ω・)
いくら機材が進化しても、やはり「腕」も必要と言う事ですかね。(汗)
カテゴリ :ヒレンジャク トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

まだ居ました〜♪

 2020-02-25
2020年 2月25日(火) 三連休中は晴天が続き絶好の鳥見日和でしたが、本日は一転曇り空となりCマンの数も激減していたA公園。
今朝方はヒレンジャク3〜4羽しか見られなかったとの情報でしたが、10時頃になってキレンジャク1羽もヒョッコリその姿を見せてくれました。(*^-^*)
”何〜んだ、ちゃんと居るじゃん!”と、一気に廻りのシャッター音が高くなります。
キレンジャク20200225-1
しかし、生憎の曇り空、シャッタースピードが上がりませんので、飛び物はブレブレです。(´・ω・)
キレンジャク20200225-2
先週の土曜日から四日目となり、もう抜けてしまったかと思いましたがまずは一安心。

今日は水場によく下りて来ていました。
キレンジャク20200225-3

キレンジャク20200225-4

キレンジャク20200225-5
ヤドリギの実をたらふく食べては水分補給、
キレンジャク20200225-6
喉元もお腹もパンパンです。
キレンジャク20200225-7

キレンジャク20200225-8

キレンジャク20200225-9

キレンジャク20200225-10
さて、今夜から雨の予報ですが、明日も居てくれるのかな〜ぁ?
カテゴリ :キレンジャク トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日も健在でした♪

 2020-02-23
2020年 2月23日(日) 天皇誕生日
好天に恵まれた今日のA公園は、レンジャク祭りで大賑わいを見せていました。
通称レンジャクの丘は、まさにレンジャクフィーバー!
昨年はレンジャクの飛来が無く淋しい丘でしたが、昨日から4羽のレンジャクがこの丘の周りを飛び回っています。
勿論、Cマンの数もハンパなく、少なくても60〜70名ぐらいは居たでしょうか。(;^ω^)
レンジャクの丘20200223
ヤドリギを食べては出すものを出し、出した後は水飲み場へ直行と、この繰り返しで、その度毎に人民大移動と相成ります。
その水場にキレンジャクが降りると一斉にシャッター音が響き渡り、
キレンジャク20200223-1
ヒレンジャクが降りると、”何だ、赤か!”とは・・・何とも。(´・ω・)
ヒレンジャク20200223-1
でも、レンジャクはレンジャク。それなりに楽しませてくれます。
下の連続写真では、お腹?が膨らんだりしぼんだり・・・。
ヒレンジャク20200223-2
ヒレンジャク20200223-3
ヒレンジャク20200223-4
ヒレンジャク20200223-5
同じポイントを引いて撮るとこんな感じに。
ヒレンジャク20200223-6
やはり1羽のキレンジャクが特に大人気で、
”黄色はどっちに飛んだ!?”とか、”うッ これは赤だ!”とか、あちらこちらで声が飛び交い。
キレンジャクが良い場所に止ると、またシャッター音が大きくなります。
キレンジャク20200223-2
レンジャクの水飲み回数は結構多く、水場で待っていればそれなりに撮れるのですが、
キレンジャク20200223-3
ちょっと背景がね〜ぇ(^_^;)
キレンジャク20200223-4
まあ、水場のお世話はしているのですが、背景までは面倒見切れませんので、そこんとこ宜しく。。。

明日も天気は良さそうですし、振り替え休日となっているので、このまま4羽で居てくれる(若しくは、もっと大群で現れるか)と多くのCマンで賑わう事でしょうね。
では、明日は所用で鳥撮りお休みしま〜す(^_-)-☆
カテゴリ :キレンジャク トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

待望のキレンジャク

 2020-02-22
2020年 2月22日(土) 本日のA公園では、”赤だ! 黄色だ!”と大盛り上がりのレンジャクDAYとなりました。
ここ数日ヒレンジャクが数羽姿を見せていた通称「レンジャクの丘」、しかし、その殆どが”朝方は居たんだけどね〜ぇ!?”の繰り返しでした。
若干ストレスが溜まりかけてはいたのですが、本日はヒレンジャク3羽とキレンジャク1羽がヤドリギの周りを飛び回り、多くのCマン達を楽しませてくれましたよ。(^^♪
何と言っても、みなさん待望の「キレンジャク」ですからね〜♪
キレンジャク20200222-1

キレンジャク20200222-2

キレンジャク20200222-3

キレンジャク20200222-4

キレンジャク20200222-5

キレンジャク20200222-6

キレンジャク20200222-7

序でに、ヒレンジャクも掲載します。
(何と言っても、本日の主役はキレンジャクですからね。 ゴメンなさ〜い!)
ヒレンジャク20200222-1

ヒレンジャク20200222-2

ヒレンジャク20200222-3

カテゴリ :キレンジャク トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のA公園

 2020-02-21
2020年 2月21日(金) 昨日ヒレンジャク5羽が見られた今日の森では、昼頃には多くのCマン達が集まって来ていました。
その主役のヒレンジャクは、朝方に2羽を見たとの情報はあるものの出は良くありませんでしたが、(その代りと言っては何ですが)イカルがその代役を務めてくれた様です。
何と、たった2羽のイカルに40名以上のCマンが横一列に並び、
イカル20200221-1
一斉にシャッターを押していましたよ。(;^ω^)
イカル20200221-2
その後、イカルは4〜5羽程度に増えた様ですが、昨日の大きな群れは何処へ行ってしまったのでしょうか?

ここで、時間を戻してみましょう。
朝方8:30頃から一人で公園内を巡回して歩くと、M池ではベニマシコが良い所に出ていました。
ベニマシコ♂20200221-1
♂2羽と♀3羽、昨日と一緒です。
ベニマシコ♀20200221-1
この時は独り占めでの撮影。まだ早い時間なのでCマンは居ません。
ベニマシコ♀20200221-2

ベニマシコ♂20200221-2

ベニマシコ♂20200221-3
上空を見上げると2羽のトビが飛んでいました。
滅多に撮る事がないトビでしたが、思わずシャッターを押してしまった!(^^;)
トビ20200221
猛禽と言えば、今日はノスリと
ノスリ20200221
オオタカも飛びましたが、
オオタカ20200221
その他にはこれと言った収穫無く(特に、P森はほぼ隈なく回りましたが全く鳥影無し)、本日の鳥見は終了です。
今日もかなりの距離を歩いたな〜ぁ(´・ω・)
カテゴリ :イカル トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のA公園(新規参入あり)

 2020-02-20
2020年 2月20日(木) あまり変わり映えのしないA公園ですが、ここ数日はヒレンジャクが主役です。
ましてや今日はヒレンジャクが5羽ともなれば、賑わいは最高潮に?
でも、朝のうちは3羽目撃され、次に登場した時は1羽だけとなり、またまた再登場した時には5羽に増えるという変則技。

その朝方の1羽モード時は、レンジジャクの丘への登場でしたが、
ヒレンジャク20200220-1
一度飛び去ってしまった待ち時間には、上空でハイタカとカラスのバトルが見られ、
オオタカのバトル20200220
次にヒレンジャクが目撃された時には、5羽での登場となりました。
この時は、まんまる玉のヤドリギに集結です。
ヒレンジャク20200220-2
ヤドリギを沢山食べた後は、水場へと向かうのですが・・・今日は大きな樹の洞で水分補給していました。
水のみの順番では、ちょっとした争いがあったり、
ヒレンジャク20200220-3
ある時は5羽が大人しく順番待ちをしたかと思うと、
ヒレンジャク20200220-4
やっぱり何かが起きます。
ヒレンジャク20200220-5
最後は、にらみ合いだったりして(;^ω^)
ヒレンジャク20200220-6
こんな具合にタップリとヒレンジャクを楽しんだ後は、またいつもの様に園内の巡回へ。
すると、M池ではベニマシコに遭遇します。5羽(♂2,♀3)確認出来ました。
ベニマシコ♂20200220
ベニマシコ撮影をしていると、Mさんから連絡が入りました。
”イカルが20羽くらいで入ったよ〜”
A公園では久し振りのお客様です。
イカル20200220

本日イカルが新規参入したA公園ですが、さてこのイカル集団、明日も居てくれるのでしょうか???
カテゴリ :ヒレンジャク トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のA公園

 2020-02-19
2020年 2月19日(水) いつものA公園に着くと、すでにヒレンジャク2羽が入っていたのですが、ヤドリギの裏側に居るので良く見えません。
そこで暫く待ってると、何とオオタカが突然登場しヒレンジャクは驚いて飛び去ってしまいました。
こちらがそのオオタカです。
オオタカ20200219-1
でも、ここ最近このエリアはオオタカの定位置でもありますから、仕方ありませんね。(^_^;)
オオタカ20200219-2

”まぁ、20〜30分も待ってれば帰ってくるんじゃないのかなぁ!?”と、楽観的に待ちますが・・・意外に長い時間が経ち、
その間にキクちゃんなどと遊んでいると、
キクイタダキ20200219
2羽のヒレンジャクは、やはり戻って来ました〜。
ヒレンジャク20200219-1

ヒレンジャク20200219-2

レンジャクが戻って来たのを確認したので、新たな出会いを求めて園内の巡回に入りました。
K国~水路~M池〜P森と廻り、帰りはその逆経路です。

なかなか新たな出会いがないままP森に到着。
すると、上空にノスリが飛来。
ノスリ20200219
一番奥の池には、ハシビロガモがたった1羽で悠々と泳ぎ。
ハシビロガモ20200219-1
一番大きな池には4羽のハシビロガモが。(写真は3羽ですが・・・)
ハシビロガモ20200219-2
その他には、グランドにタヒバリやツグミが多数居たぐらいで、特に出逢いも無くM池に戻ると、
昨日と同じジョウビタキ♂が挨拶に出て来てくれました。
ジョウビタキ♂20200219
次に、水路まで来ると、オオタカの若が見送ってくれた?
いやいや、こちらがオオタカを見送りです。
オオタカの後ろ姿(;^ω^)
オオタカ若20200219
という具合で、ごく普通の本日のA公園でした。 
それでも楽しい!!
カテゴリ :オオタカ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

赤黄青+紅

 2020-02-18
2020年 2月18日(火) 本日もA公園へ。
現着8:00、昨日1羽のレンジャクで賑わいを見せた場所には、その主役の姿は有りませんでした。
勿論、その情報を聞きつけた多くのCマン達が集まって来ましたが、流石に主役が登場しないとなると三々五々ばらけて行きました。
そんな本日のA公園では、アカゲラ(赤)が頻繁に目撃され、
アカゲラ♂20200218
この森ではシッカリ人気者の位置を確立したキクイタダキ(黄)や、
キクイタダキ20200218-1

キクイタダキ20200218-2
たま〜ぁに見かけるアオゲラ(青)♀がお相手をしてくれました。
アオゲラ♀20200218-1

アオゲラ♀20200218-2

アオゲラ♀20200218-3
これで登場した順番に(赤)(黄)(青)の信号トリオが完成したのですが、
M池では、ジョウビタキ♂2羽と
ジョウビタキ♂20200218
ベニマシコ(♂2〜3羽、♀3羽)も見る事が出来ましたので、
ベニマシコ♂20200218-1

ベニマシコ♂20200218-2

ベニマシコ♂20200218-3
赤黄青の信号トリオに(紅)も加わり、今日はカラフルな色の鳥さんで楽しむことが出来ましたよ。(*^^)v
因みに、ジョウビタキ♂は(黒)?、それとも(橙)?、いやいや頭は銀色ですからね・・・う〜ん、何色にしようかな???(^_^;)

★本日のA公園内でのスナップ写真(スマホで撮影)
秋ヶ瀬子供の森20200218

カテゴリ :アオゲラ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫