FC2ブログ

昨日の続きです。

 2020-03-31
2020年 3月31日(火) 朝から小雨が降るどんよりとした曇り空、今日は鳥撮りお休みとしましたので昨日の続きを掲載します。
昨日のA公園P森は、結構長逗留しているキレンジャクの動きが活発で、キヅタの実を食べたり、一部雪が残る下草の中からジャノヒゲの実を探して啄んでいました。
キレンジャク20200330-1

キレンジャク20200330-2
目の前(約3m)に飛んで来たキレンジャク、下がるにさがれずフレームアウト寸前のデカさ!
キレンジャク20200330-3
そこからほんのちょっと下がってもこの大きさです。(ノートリ)
キレンジャク20200330-4

キレンジャク20200330-5

キレンジャク20200330-6

キレンジャク20200330-7

キレンジャク20200330-8

キレンジャク20200330-9

キレンジャク20200330-10

キレンジャク20200330-11

この日はCマンも少ない為か、かなり近くまで降りて来てサービス満点のキレンジャクでした。(^^♪

スポンサーサイト



カテゴリ :キレンジャク トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のA公園

 2020-03-30
2020年 3月30日(月) 昨日は季節外れの雪が降り、まるで真冬に逆戻りしたかの様に寒い一日でしたね。
そこでいつものA公園はどうなっているのかと訪ねてみると、K森はご覧の通り雪が沢山残っていました。
子供の森20200330
K森の中は、湿った雪の重みで木の小枝や竹が折れ曲がり通路を塞いでいたり、更に足元も悪く歩きにくい状態でしたが、それ以上に悪かったのは鳥影が全く無かった事ですね。
キクイタダキももう抜けてしまったのでしょうか??
次に、M池方面に向かうと、中土手一面に咲き誇っていた菜の花(からし菜)もご覧の通り、すっかり雪にやられてしまい見る影も有りません。
秋ヶ瀬中土手2020030-1
その中土手に登って見ると・・・おやぁ?
秋ヶ瀬中土手20200330-2
上面と反対側の面では、菜の花は不思議とまだ咲き誇っていました。
左右でなぜこんなにも違うのか、チョットした謎ですね!?

M池では、真っ赤なベニマシコ♂1羽と若♂+♀各1羽(計3羽)のベニマシコが居たのですが・・・
ベニマシコ♂20200330
生憎の曇り空で良く撮れないうちに飛ばれてしまいました。

P森に向かう途中では7〜8羽のオナガの群れに遭遇しますが、こちらもドンドン離れて行く為後追いとなり後ろ姿ののみ(*´з`)
オナガ20200330

何だかんだでやっとP森に到着、先ずは水路側からの探鳥ですが・・・
出迎えてくれたのは、いつものジョウビタキ♀と
ジョウビタキ♀20200330
アオジ嬢と
アオジ20200330
更には、ベニマシコの雌です。
ベニマシコ♀20200330

P森の中ではエナガも近くでポーズをとり楽しませてくれたのですが、
エナガ20200330
何と言っても、本日の主役はキレンジャクでしょうかね!
ですが、沢山撮り過ぎてしまい整理が追いついていませんので、後日改めて掲載したいと思います。(ノД`)・゜・。
今日のキレンジャクの数ですが、一体何羽いたのでしょうか?
9羽以上居た様な気がしますけど・・・。
あッ、因みにヒレンジャクも居ましたので付け加えさせて頂きます。

おまけ
帰り道にM池で相手してくれたジョウビタキ♂(ジョビ男君)です。
ジョウビタキ♂20200330
こちらもまだまだ健在でしたよ。(^^)/
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

菜の花がらみで

 2020-03-28
2020年 3月28日(土) 今日は朝から暖かな一日となりましたが、鳥撮りお休み日。
不要不急の外出自粛中という訳でもないのですが、昨日は5カ所も回ってオール空振り、全く鳥運に見放されてしまったので本日は休養です。

確かに本命の鳥は5打数5三振でしたが、最後に訪ねた場所近くの河原で撮れた菜の花(からし菜)がらみで撮った鳥さんを何枚か掲載しますので、ご笑覧下さい。
まずは、定番のカワセミ君です。
カワセミ20200327-1

カワセミ20200327-2

カワセミ20200327-3

カワセミ20200327-4

撮るモノが無ければスズメも撮ります(;^ω^)
スズメ20200327

コチドリ(前ボケの菜の花を強引に入れてパチリ)
コチドリ20200327

唯一菜の花に絡まなかったタヒバリ
タヒバリ20200327

ちょっと離れた場所ではキジの姿も。
キジ20200327

とまぁ、如何にも「5三振」した鳥撮りを思い出させる普通の鳥さん達ですが、菜の花のある「季節もの」と言う事で・・・。(^_^;)
カテゴリ :カワセミ トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

本日のA公園

 2020-03-25
2020年 3月25日(水) 本日の天気予報では、「風も無く穏やかな一日となるでしょう♪」と言ってたのに、予想外に”無茶苦茶北風が強く、しかも冷たい!” (ノД`)・゜・。
まああくまで予報ですから、少々外れてもしょうがない。
”さて、今日は桜がらみのベニマシコなどを撮りたいな〜ぁ”などと思いながら、先ずはM池に到着。
ここではベニマシコは居るには居たのですが、柳の木の奥で花芽を食べていてスッキリした所には出て来ません。
それでも何とか撮れたのは、雌のベニマシコぐらいで・・・(*´з`)
ベニマシコ20200325
真っ赤な雄も居たらしいのですが、残念。。

続いて向かった桜の咲く水路では、珍しく1羽のタシギが現れたのですが、
タシギ20200325
その他には、キジ,アオジ,ホオジロ,ガビチョウ,シジュウカラ,ジョウビタキ♀,メジロ,ヒヨドリ,ツグミ,ウグイス,エナガなどが見られましたが、肝心のベニマシコの姿は有りません。
ここで一旦P森へ移動してみると、相変わらずキレンジャクが人気を集めていて、それ以外の場所では人影も少なく閑散としています。まあ鳥影も少ないので、当たり前と言えば当たり前ですがね。

そんな静かな森の中にはシャガが沢山咲いています。
シャガ20200325
そしてシャガの前にはツマキチョウの姿もありました。
P森では、3月21日に初認していたのですが、なかなか手強く写真に収めることが出来ていませんでした。
今日はモンシロチョウと絡んだところを数枚ゲットすることが出来ました。(^_-)-☆
ツマキチョウ20200325-1
飛んでいる蝶は動きが不規則なので、意外に難しいものなのです。
ツマキチョウ20200325-2

因みに、キレンジャクはと言うと・・・
キレンジャク20200325
いつも通りに。
キレンジャク20200325

その他には、エナガと
エナガ20200325-1

エナガ20200325-2

帰り道のM池で、ジョウビタキ♂
ジョウビタキ♂20200325

今日はP森まで2往復(2度目は急ぎ足で)してしまい、膝がちょっと・・・(*´ω`)
なので、明日はどうなることやら???

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のA公園

 2020-03-24
2020年 3月24日(火) 早くも桜は満開近くになり、春の日差しもまあまああるものの冷たい北風が強く吹いた今日のA公園。
駐車場からP森に向かう途中のグランドには1羽のタゲリの姿がありました。

たった一羽のタゲリですが、右脚に腫瘍のようなコブがあり歩き方がチョットおかしい?
タゲリ20200324-1
強風に向かって飛び出しましたが・・・ちょっと心配なタゲリでした。(*´з`)
タゲリ20200324-2

ここの処レンジャク人気で多くのCマンで賑わいを見せたP森、今日もCマンはそこそこ居ました。
人気の場所は避けて人気のない場所を一人歩いていると、低い場所にキクイタダキが登場してくれました。
キクイタダキ20200324-1
強風の為セットが乱れたキクイタダキ
キクイタダキ20200324-2

キクイタダキ20200324-3

キクイタダキ20200324-4

キクイタダキ20200324-5

キクイタダキ20200324-6

今日も大人気のキレンジャク、たまに遠くに飛び去ったかと思うと、ちゃんと戻って来ていました。
キレンジャク20200324
多分9羽のキレンジャクは健在です。(ヒレンジャクも数羽混じっていたので、明確ではありませんが)
こちらはキレンジャクと一緒に行動していたヒレンジャク
ヒレンジャク20200324
別の場所には7羽(若しくはそれ以上)のヒレンジャクもシッカリ健在でしたよ。(^o^)丿
カテゴリ :キクイタダキ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

里山にも春の訪れ

 2020-03-20
2020年 3月20日(金) 春分の日  今日も北風が強かったですね〜。
さて、本日は蝶で有名なR町の里山を訪ねてみました。
公園の駐車場に入り管理棟に向かうと、何と3月一杯は「コロナ休園」との張り紙があり休館でした。
まあ、管理棟が開いてなくても園内は散策可能。早速ポイントへ向かうと、お目当ての蝶は直ぐに見つかりましたよ。

先ずは、ミヤマセセリ♂
ミヤマセセリ20200320-1
別個体のミヤマセセリ♂
ミヤマセセリ20200320-2
馬酔木(アセビ)の花にはコツバメが
コツバメ20200320-1

コツバメ20200320-2

コツバメ20200320-3
今日は1時間ほどでミヤマセセリ3〜4頭,コツバメ2頭、その他にはウラギンシジミ,テングチョウ,キタキチョウ,モンシロチョウ等を観察して、次なるポイントに向かいました。

30分弱で渓流入口に到着。
ミソサザイも鳴いていないかな〜と坂道を登り始めると、ピンク色の馬酔木にとまる蝶を見つけました。
越冬個体でしょうか? アカタテハです。
アカタテハ20200320
こちらはルリタテハ(かなり翅が痛んでいました。)
ルリタテハ20200320

渓流沿いでは、ムラサキシジミの♂と
ムラサキシジミ♂20200320
♀の姿も。
ムラサキシジミ♀20200320
岩の上にはテングチョウ
テングチョウ20200320

こんなイトトンボも飛んでいたのですが、名前が判りません。
(3/23 ホソミイトトンボ♀と教えて頂きました。)
?トンボ20200320

陽射しタップリの場所では蝶やトンボも飛び交い、里山にもようやく春が訪れた様ですね(^o^)丿

因みに、ミソッチには会えませんでした~。残念
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

今日は、M池〜P森へ

 2020-03-19
2020年 3月19日(木) 本日は気温がグングン上がり汗ばむ陽気になりました〜。
そんないつもの森はキレンジャク人気で多くのCマンが来ていましたが、でも昨日よりはチョットだけ少な目かも知れませんね。

まず最初にM池を覗いて見ると、アリスイの姿を発見しましたがほぼ逆光では良く写せません。
暫く様子見ていると、反対側へ飛んで行き木の高い所にとまってあまり動きがありません。
しかし枝被りもありスッキリ見えるポイントは殆どなし。
それでも何とか見える場所を探してみると・・・こんな感じで。。。
アリスイ20200319-1
結構長く同じ場所に止っていたアリスイは、マッタリした休憩モードの様で、
アリスイ20200319-2
時折長い舌を出していたのですが、下の写真で見えるでしょうか?
(画面をクリックすると別画面で詳細な画が表示されます。)
アリスイ20200319-3
休憩が終わったアリスイは、ちょこっと場所を変えたかと思うと、
アリスイ20200319-4
直ぐに何処かへ飛び去り、
アリスイ20200319-5

アリスイ20200319-6
その後は見つけられませんでしたので、探すのを諦めP森へ移動することにしました。

P森では、一番人気のキレンジャク。
今日も9羽お揃いでお食事中。
キレンジャク20200319-1
柳の花芽は美味しいのかな?
キレンジャク20200319-2

キレンジャク20200319-3
少しの間楽しませてくれたキレンジャクでしたが、一斉に遠くへ飛び去ってしまい撮影会は一時中断。
昼食後、今度はヒレンジャクを探して別のポイントへ向かいましたが、なかなか見つかりません。
暫く探してみると、7羽のヒレンジャクが登場しました。
ヒレンジャク20200319-1
キレンジャクと同じで柳の花芽を啄むヒレンジャク。
ヒレンジャク20200319-2
さて、明日から三連休ですが、レンジャクフィーバーは続くのでしょうか?
カテゴリ :アリスイ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

何とビックリ! 9羽も!!

 2020-03-17
2020年 3月17日(火) 今日もA公園です。
昨日P森で見たレンジャクは、ヒレンジャクが5羽と、(掲載はしませんでしたが)キレンジャク1羽でした。
今日はそのキレンジャクをシッカリ撮ろうと森に入ると、3羽のキレンジャクに遭遇しました。
キレンジャク20200317-1
この時、1羽毎に撮ると(下)
キレンジャク20200317-2
(上)
キレンジャク20200317-3
一応3羽をワンフレームでパチリ。(^_^;)
キレンジャク20200317-4

今日はキレンジャク3羽だけで森の中を行動していて、5羽のヒレンジャクとは別行動の様です。
しかし、何とここからが凄い!! 後から6羽のキレンジャクが飛び込んで来たんです。(^o^)/
なので9羽のレンジャクは、全てキレンジャクなんですよぉ!! ほんとビックリ(@_@。
キレンジャク20200317-5

キレンジャク20200317-6

キレンジャク20200317-7

キレンジャク20200317-8

キレンジャク20200317-9
こちらは4羽をワンフレームで!
キレンジャク20200317-10

明日も居てくれたら嬉しいのですが・・・?
カテゴリ :キレンジャク トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のA公園

 2020-03-16
2020年 3月16日(月) 本日は、早朝にJ橋近くの中土手に寄り道してからA公園へ。
きょうはいつものK森をパスしてM池〜P森へと向かいました。

M池では、いつものベニマシコ若♂(勿論、雄の成鳥も)や、
ベニマシコ若♂20200316
ベニマシコ♀も居ましたが、
ベニマシコ♀20200316
ベニを探している途中でアリスイを発見したので・・・即、アリスイにロックオン!
しかし、なかなか良い所には出てくれません。
アリスイ20200316
一応証拠写真をゲット出来たので、ベニ探しはやめて次なるP森へと移動しました。

P森では、昨日と同じく5羽のヒレンジャクが居ましたが、ちょっと様子が変わっていました。
写真を見ると気づくかも知れませんが・・・
ヒレンジャク20200316-1

ヒレンジャク20200316-2

ヒレンジャク20200316-3
昨日キヅタの実を食べていた時とは表情が違いませんか???
ヒレンジャク20200316-4

ヒレンジャク20200316-5

ヒレンジャク20200316-6

ヒレンジャク20200316-7
何となく「戦闘モード」というか、何かを見つめる眼が鋭い様な気がしました。(。´・ω・)?
さて、その理由は・・・???

本日最後の一枚は、大物をゲットして飛ぶカワセミ君です。
カワセミ♂20200316
獲物が大き過ぎかなり長い時間料理した後、給餌咥えで飛び去って行きました。
カワセミ君も、いよいよ恋の季節になった様ですね。(^^♪
カテゴリ :ヒレンジャク トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

日曜日のA公園

 2020-03-15
2020年 3月15日(日) 昨日の土曜日、東京では観測史上最速での桜(ソメイヨシノ)の開花発表がありましたが、なんと午後には雪が降る「おまけ」まで付いてとても寒い一日でした。
一夜明けて今朝は快晴、陽射しはタップリあるのですが気温はそれほど高くありません。
朝8:30、いつものA公園K森に入るとヤドリギの広場や水場には人影が全くありません。
やはりヒレンジャクは抜けてしまったのか?と、一人で辺りを探してみると・・・居ました〜ぁ!

たった1羽のヒレンジャク
ヒレンジャクK森20200315-1
喉元が異常に膨らんでいる「あの子」です。
ヒレンジャクK森20200315-2
大砲手持ちのKさんが登場するまでの約30分、たった独りでヒレンジャクの相手です。
その間、水場の上にはアカゲラ君も登場してくれました。(^_-)-☆
アカゲラ♂20200315
その後段々とCマンが集まり始めて最終的には10数名ほど。
今日は日曜日なんですけどねぇ〜(。´・ω・)?
ヒレンジャク20200315-3

それからいつものパターンでM池に向かうと、直ぐにベニマシコを見つける事が出来ました。
ベニマシコ♂20200315
ノイバラの中に隠れていたベニマシコは、アキニレの木に段々と集まって来て、いつの間にか赤い雄のベニマシコが4羽も登場です。
いつの間に増えたのでしょうかね???(注.アリスイは見つかりませんでした。)

ベニさんの次はP森です。
園路から外れた道を通って森に入り池の傍まで来てみると、ヒレンジャクを見つけました。
ヒレンジャクP森20200315-11
全部で5羽を確認しました。
ヒレンジャクP森20200315-12
キヅタの実を食すヒレンジャク♂
ヒレンジャクP森20200315-1
ヒレンジャク♀
ヒレンジャクP森20200315-13
こちらも♀ですね。
ヒレンジャクP森20200315-2
カテゴリ :ヒレンジャク トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫