FC2ブログ

シルバーウィーク最終日

 2020-09-22
2020年 9月22日(火) 秋分の日
コロナ禍の四連休最終日、ニュースでは高速道路の大渋滞や観光地の大混雑が報じられていますが、ここA公園も大勢の家族連れで賑わいをみせていました。
さて、本日の狙いは黄色や青の衣を身に纏った鳥さんですが、最初のM池〜P森〜K森と歩き、結果は残念ながらその姿を見る事は出来ません出した。
代わりに、全ての森で出会ったのは、オオルリの雌でした。(;^ω^)

M池のオオルリ♀-1
オオルリ♀M20200922-1
M池のオオルリ♀-2
オオルリ♀M20200922-2
M池のオオルリ♀-3
オオルリ♀M20200922-3

P森のオオルリ♀-1
オオルリ♀P20200922-2-1
P森のオオルリ♀-2(上記と同一個体:後ろ姿。)
オオルリ♀P20200922-2

K森のオオルリ♀-1
オオルリ♀K20200922-1
K森のオオルリ♀-2
オオルリ♀K20200922-2

その他には、P森でサンコウチョウ(真逆光)
サンコウチョウ20200922

K森では、キビタキ♀がオオルリ♀と入れ替わりで登場しました。
キビタキ♀K20200922-1
K森のキビタキ♀(上記と同個体)
キビタキ♀K20200922-2
K森のキビタキ♀(同個体)
キビタキ♀20200922-3

明日は雨の予報ですが、そろそろMFで黄色い子や青い子に会いたいものですね(;^ω^)
スポンサーサイト



カテゴリ :オオルリ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のA公園

 2020-09-21
2020年 9月21日(月) 敬老の日
今日もいつも通りA公園M池からスタートです。
園内に入ると先着のEさんから”今日はエゾビタキが入っているよ!”と告げられ、直ぐに臨戦態勢に突入しました。
暫く一人で探していると遠くにそれらしき鳥影を発見、急いでそのポイントに向かって走っていると携帯に着信アリ!
そう、Eさんからです。”桜の木の天辺にとまっているよ♪”
どうやら同じ個体を示している様子です。 ”はい! 今そちらに走っているところで〜す。”(^^;)

息を切らせながら到着し、急いで撮ったのがこちらの写真。
エゾビタキ20200921-1
生憎曇り空の空抜け写真ですが、やっと出会えたエゾビタキです。(^o^)/
エゾビタキ20200921-2
ちょっとポッチャリして見えるエゾビタキ
エゾビタキ20200921-3
柳の木に現れた時はスマートになっていましたが、
エゾビタキ20200921-4
ここには2羽居るらしいのですが、
エゾビタキ20200921-5
簡単には判別出来ませんよね。
エゾビタキ20200921-6

因みに、ホトトギスorツツドリ? こちらも判別不能なトケンが1羽。
一昨日見た個体とは明らかに違い、
ホトトギス?20200921-1
喉元に少し赤味のある個体でしたが、
ホトトギス?20200921-2
さて、ホトトギスなのかツツドリなのか?
見た目ではちょっと小さめの個体でホトトギスの様でしたが・・・?
それと下尾筒には横斑がある様な無い様な? はて?

今日は今季初のエゾビタキが撮れたので、少しばかり余裕を持ってK森に移動することにしました。
しかし、園内を回って見てもキビタキ♂やオオルリの姿は無く、暗い森の中で目につくのはカトリヤンマだけでした。
カトリヤンマ20200921
今季A公園内で良く見かけるカトリヤンマ、今日も沢山飛んでいましたよ。
以上、本日のA公園でした。
カテゴリ :エゾビタキ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のA公園

 2020-09-19
2020年 9月19日(土) 暑い雲が広がる生憎の天気、それでもめげずに今日もA公園です。
8:00 いつもの通りM池からスタート、グルリと一回りしてみますが鳥影無し。
もう一度回り始めると、暗い樹々の間をス〜ッと飛ぶ黒い影、その正体を確認しようと後を追いますが・・・また直ぐに飛ばれてしまう事暫し。
そんな事を繰り返していると、足元に飛んで来たのはクロコノマチョウでした。
クロコノマチョウ20200919-1
クロコノマチョウ(秋型)雄
クロコノマチョウ20200919-2

さてさて、蝶に構っている場合ではありませんよね。
また先ほどの鳥を探しますが、目の前に現れたのはコサメビタキです。
コサメビタキ20200919-1
でも、今日は1羽だけの様ですね?
コサメビタキ20200919-2
近くには、キビタキ♀も1羽居ましたが、写真は無しです。(あまりにひどく見せられたものでは)

そうこうしている内に常連さん達が数名集まって来ました。
(それもその筈、時計を見るといつの間にか10時近く。)
すると、早々とNさんが例の鳥を見つけた様です。流石ですね(;^ω^)
しかし、木の高い所でしかも空抜け〜。
ホトトギス20200919-1
でも、飛ばれないうちに証拠写真をゲットします。
ホトトギス20200919-2
どうやら一昨日と同じ個体の様です。
ホトトギス20200919-3

ホトトギス20200919-4

ホトトギス20200919-5
結構長い時間マッタリとしていたホトトギス、しかし上記の写真などは一昨日とほぼ同じような写真となり、全く良い場所にはとまってくれませんでした。

さて、次にK森に向かいグルリと一回り。
しかし、鳥影ほぼ無く惨敗。(あっ、そう言えば久し振りにヒヨドリが飛んでいましたけど。)
園内には曼珠沙華が咲き始め
曼珠沙華20200919
コブシの実も熟して来て、
コブシの実20200919
チョットばかり秋を感じることが出来ました。が、鳥が居な〜い!
カテゴリ :ホトトギス トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日もA公園

 2020-09-17
2020年 9月17日(木) 本日も、飽きもせずA公園参りです。
”今日の新規参入の鳥さんは・・・あの鳥さんかな〜ぁ!?”と、すでに頭の中では沢山の妄想が駆け巡り、期待感だけはとっても大きいのですが・・・さて、結果は。

M池では、昨日に続き2羽のコサメビタキが飛び回り、
コサメビタキ20200917-1

コサメビタキ20200917-2
まぐれで飛び出しなんかも撮れちゃったりして(*^^)v
コサメビタキ20200917-3

また、キビタキ♂の目撃情報もあり、M池を3周近くも回って探しましたが見つかりません。
そうこうしている内に、真逆光の木の枝に一羽の鳥影が・・・。
おッ、あれはツツドリか!?
ホトトギス20200917-1
撮影している時は、ツツドリだと思い込んで撮っていましたが、良く見ると・・・下尾筒に横斑がありません。
ひょっとしてあなたは、ホトトギスさんではありませんか?
ホトトギス20200917-2
う〜ん、さて?
ホトトギス20200917-3

次に、K森も一周しましたが成果なし。
それでは最後にP森も!と、園内を一周半廻りサンコウチョウをチラ見しただけで収穫無し。
一番奥の池ではカワセミがマッタリ休憩中だったので、数枚パチリ!
カワセミ20200917-1

カワセミ20200917-2

期待通りとはいかず、あまり変わり映えのしない本日のA公園でした。(;^ω^)
カテゴリ :コサメビタキ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のA公園

 2020-09-16
2020年 9月16日(水) ここの処少しばかり涼しくなり、チョッピリ秋の気配が忍び寄って来たかに思えるA公園。
しかし、ちょっとでも陽射しが射しこむと相変わらずムシムシとしてかなり暑い!
まだまだ秋は遠いのかな〜。

今朝もM池からスタートです。(以下、撮影順に掲載します。)
最初に登場してくれたのはコサメビタキだったのですが、一緒に飛び回っていたキビタキ♀タイプを先ずはゲットします。
キビタキ20200916-1
ご馳走をゲットしたキビタキ
キビタキ20200916-2
葉っぱの隙間から。
キビタキ20200916-3

こちらは2羽で追いかけっこをしていたコサメビタキ。
柳の木から飛び去るところを撮りましたが、曇り空バックではモノクロ写真となりました。
コサメビタキ20200916-1
樹の高い所を飛び回り、なかなか良い所にとまってくれないコサメビタキ
コサメビタキ20200916-2
粘りに粘って、ようやく木の中段にとまってくれました。
コサメビタキ20200916-3
同じ場所で、「右向いて」
コサメビタキ20200916-4
「左向いて」
コサメビタキ20200916-5
サービス良くモデルを務めた後は、また飛び去って行きました。

次にP森へ入ると、サンコウチョウが遠くの樹の高い所を飛び回り、
サンコウチョウ20200916

ミズキにとまったオオルリ♀も見る事が出来ましたが、一瞬で飛び去り
オオルリ♀20200916
その後1時間以上待っても再度見る事は出来ませんでした。

以上

次なる秋の渡りの夏鳥さん達の飛来が待ち遠しい、本日のA公園でした。


カテゴリ :コサメビタキ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のA公園

 2020-09-15
2020年 9月15日(火) M池を軽く廻りP森へ入ると、森の中は少し涼しく感じたものの、晴れ間が出て来るとやはり暑い。
戻りの夏鳥達を期待して森を回るも、ここ三日間ほとんど空振りが続いています。(*´з`)

本日沢山遊んでくれたのは、最近数が増えたヤマガラ君達でした。
ヤマガラ20200915-1

ヤマガラ20200915-2

ヤマガラ20200915-3

園路脇にあるエゴノキには、実がたわわになっています。
ヤマガラ20200915-4
エゴノキの実はヤマガラの大好物
ヤマガラ20200915-5
引っ切り無しに飛んで来て貯食場所に運んでいました。
ヤマガラ20200915-6

ヤマガラ20200915-7
ヤマガラの数は、5羽以上10羽未満?
次から次へと飛んで来るので、正確には数えられませんでした。(*´з`)

その他にはアオゲラも居たのですが、
アオゲラ20200915-1
ご覧の通り
アオゲラ20200915-3
良く写せないままロストしました。(*´Д`)
アオゲラ20200915-2
カテゴリ :ヤマガラ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

ここ三日間のA公園

 2020-09-11
2020年 9月11日(金) 残暑とは名ばかりで、ここ数日真夏の様な暑さが続いています。
更に、森の中は湿度も高く風もない為体感温度も一気に上がり、水分補給を怠ると熱中症の危険も高まりますよね。
それでもMFのA公園にはいつもの顔ぶれが勢ぞろいし、毎日鳥談議(いや、雑談かな?)に花を咲かせています。(^o^)/

とあるメンバーが公園の駐車場に到着すると、常連の一人Aさんが「今日はカメラ要らないよ!」と声を掛けます。すると、即納得した顔で話の輪に入る。これがここ数日間のA公園の状況です。

え〜ぇ、鳥さんは???  はい、ほとんど居ません!(キッパリ!)

本日森の中でチラリと姿を見る事が出来たのは、キビタキ♀タイプのみ(M池で撮影)。
キビタキ20200911

こちら一瞬だけのサンコウチョウ(9/9K森で撮影)
サンコウチョウ20200909

昨日(9/10)などは、全ての森を廻って鳥撮影全滅。
あちこちで見られたのは、今が旬のカトリヤンマでした。
カトリヤンマ20200910-1
しかし、このカトリヤンマは暗がり大好きのトンボで、撮影する場所には多くのやぶ蚊が飛んでいて、
カトリヤンマ20200910-2
蚊に好かれるタイプの人は、厳重なガードが必要です。(^o^)丿
カトリヤンマ20200910-3

カトリヤンマ20200910-4
因みに、本日もカトリヤンマは沢山飛んでいました。

以上、最近のA公園情報でした。

う〜ん、でもなんか淋しい。(*´з`)

カテゴリ :カトリヤンマ トラックバック(-) コメント(1)
タグ :

まるで9月1日の再現!

 2020-09-08
2020年 9月 8日(火) 大型台風10号が九州の西を通過した後、関東地方はまたまた蒸し暑〜い日が戻って来てしまいましたね。
本日のA公園K森の中は、強い日差しが差し込み湿気も多くムシムシとしていて不快そのもの。それでも、秋の渡りの夏鳥達が景気良く出迎えてくれるのならば我慢も出来るというもの・・・なのですが。

今日の鳥果はと言うと、「コサメビタキ1羽とキビタキ♀が1羽」。
それが、現れた場所も樹も9月1日の撮影時と全く同じで、更には動き方やインターバルまでもがほぼ一緒というパターンでした。
まさか一週間前と同じ個体という事はないと思いますが・・・?

遠くの樹にとまるコサメビタキ
コサメビタキ20200908-1

コサメビタキ20200908-2

コサメビタキ20200908-3
陽射しが強過ぎて露出設定がメッチャ難しい!
コサメビタキ20200908-4


こちらはキビタキ♀です。
キビタキ♀20200908

キビタキもコサメビタキもかなり警戒心が強く、なかなか良い所にはとまってくれませんでした。
それでも辛抱強く4時間近く待ち続けたのですが、結果はほぼ惨敗。
その点まで9月1日と全く同じとは、いやはや何とも。。。(*´з`)
カテゴリ :コサメビタキ トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

ヤマガラ、セミを食す!

 2020-09-06
2020年 9月 6日(日) 超大型台風10号の影響なのか関東でも朝から雨が降ったり止んだり、そしてたま〜に晴れ間も見えたのですが、本日の鳥撮りはお休みしました。

昨日(9/5)A公園M池では、シジュウカラやエナガの大きな群れに混じりヤマガラの姿がありました。
ヤマガラ20200905-1

暫く観察していると、アブラゼミを捕まえたのですが・・・?
ヤマガラ20200905-2
すると、そのセミを食べ始めるではありませんか!?
ヤマガラ20200905-2
ヤマガラは、木の実を食べるのが定番だと思っていたので、ちょっと驚きです。
ヤマガラ20200905-3
セミの頭の裏側から柔らかな部分だけを啄み、
ヤマガラ20200905-4
頭の部分を完食した後は飛び去っていきました。
ヤマガラ20200905-5
その間たったの数分、意外な光景を見る事が出来ました。

更に、少し離れた場所では10数羽のエナガの群れもやって来て、
エナガ20200905
何気なくシャッターを押していると、見慣れぬ鳥が1羽ファインダーに飛び込んで来ました。

あれ?頭が黒いけど・・・サンコウチョウ?
いやいや、それほど大きくもないし・・・頭の部分が丁度葉陰になっている様ですが、
さて、あなたは一体何者???
オオルリ♀?20200905-1
一旦木陰に消え、また直ぐに同じ枝に戻って来ましたが、またまた頭の部分だけは影の中。
オオルリ♀?20200905-2
ヒタキ系にも見えるし、益々正体が解らなくなって来ます。え〜ぇ???

上記の写真をトリミングして、少し明るく修正してみますが、
オオルリ♀?20200905-3
大きさ(約15〜16cm),立ち姿,飛び方などからオオルリの♀ではないかと判断しましたが、さて?

その後も3時間ほどその姿を追い求めてみたのですが、再度発見には至りませんでした。
大汗をかきながら一緒に探索に付き合って頂いた皆さん、大変お疲れ様でした。(^_^;)
カテゴリ :ヤマガラ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

今日は空振りです。

 2020-09-04
2020年 9月 4日(金) 今日も夏空、かなり暑い。とにかく汗が止りません(*´Д`)
本日もいつも通りA公園K森からスタートしましたが・・・???
森の中は静まり返り、シジュウカラを見つけるのも容易ではありませんでした。

昨日はキビタキ♀が1羽居たのですが、(下の写真は昨日の写真です)
キビタキ♀20200903
もう抜けてしまったのでしょうか? 全く見つかりません。
次に他の森も廻りましたが、結果は惨敗。
仕方なく近くのM田圃を一回りしましたが、こちらも全く鳥影無し。さて、どうしようか!?
まだ9時前だったので、久し振りにオオセイボウでも観察してみようとハーブ園へ向かいます。

現着すると見覚えのあるMさんの車が停まっていて、更には数年ぶりにお会いするOさんの姿も!
”いや〜ぁ、お久しぶりです♪”ってことで、井戸端会議に即突入です。

所で肝心のオオセイボウは?
はい、それが・・・11:00〜12:00ジャストまでの1時間、女郎花の前で待ちましたが飛来は無し。
代わりにやって来たのは、赤い蜂(ハラアカヤドリハキリバチ)でした。
ハラアカヤドリハキリバチ20200904-1

ハラアカヤドリハキリバチ20200904-2

他には、ヤマトシジミ♀などもやって来るのですが、暑さに負けて撤収です。
ヤマトシジミ♀20200904

”まあ、こんな日もありますよね”って言いながらも、性懲りも無く帰り道にちょっと寄り道をしてツツドリポイントを訪ねてみましたが、ここでもやっぱり「空振り」でした。
さて、明日は新たな出会いがあるのでしょうか。(^_^;)
カテゴリ :ハラアカヤドリハキリバチ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫