30秒間の出逢い

 2016-12-22
2016年12月21日(水)  ある鳥の雄姿を一目見ようと、隣県のとあるポイントに狙いを定め、
まだ暗いうちからそこに立つ事にした。勿論、カメラマンは誰も居ない。
気温氷点下2℃。だが、風も無く朝靄が立ち込めてはいるが、さほど寒さは感じない。(^^;)
朝靄の中から大きなオレンジ色の太陽が顔を出して来ると、次第に朝靄が晴れて来る。
さぁ、ここで彼が登場するイメージを膨らませながら、ジッと遠くを見つめるのだが・・・。

時は経ち、7時間後。その時がやっと訪れた(^^♪ 憧れのハイイロチュウヒの登場である。
彼は遠くの枯草の中から飛び出して来た!
ハイイロチュウヒ20161221-1
かなり遠くを飛んでいる
ハイイロチュウヒ20161221-2
今日は気温も上がり、真冬だというのに空気の揺らぎが半端ではない
ハイイロチュウヒ20161221-3
更に、枯草スレスレに飛んでいるし・・・ (ノД`)・゜・。
ハイイロチュウヒ20161221-4
飛ぶスピードも速く、必死に追うが何度もピンが外れる(*´Д`)
ハイイロチュウヒ20161221-5
おっ!
ハイイロチュウヒ20161221-7
一瞬高く上がるが・・・
ハイイロチュウヒ20161221-6
そのまま田圃へ飛び去って行きました (@_@。
ハイイロチュウヒ20161221-8
出現から飛び去るまで約30秒間。あっという間の出来事でした(*ノωノ)
さて、彼は何処に消えたのか? 残念ながらその姿を再び目にする事はありませんでした。
おしまい(*_*;
スポンサーサイト
カテゴリ :ハイイロチュウヒ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫