新レンズ試写

 2017-06-09
2017年6月9日(金) 昨日衝動買いした新しいレンズを持って、いつもの森へ出掛けてみました。
今回のレンズは昆虫撮影用のレンズとして購入しましたので、試写の対象物は蝶とセイボウです。
さて、その実力の程は・・・?

キマダラセセリ(300mm、1/500秒、f/8、補正-0.3、ISO800、トリミング)
キマダラセセリ20170609
コミスジ(300mm、1/500秒、f/8、ISO800、トリミング)
コミスジ20170609
ミドリシジミ(300mm、1/250秒、f/8、ISO800、トリミング)
ミドリシジミ20170609
遠くのオオセイボウ(300mm、1/1600秒、f/8、補正-0.3、ISO800、トリミング)
オオセイボウ20170609-1
近くのオオセイボウ(300mm、1/1250秒、f/8、補正-0.3、ISO800、トリミング)
オオセイボウ20170609-2

※今回使用の機材は、D500+AF-P DX NIKKOR70-300mm f/4.5-6.3G ED VR(手持ち)
テレ端での画ばかりですが、噂通り解像感もしっかりしていてなかなかの実力ではないかと!
また、特筆すべきはAFの速さと正確さ、普段使っているサンヨンと遜色なく快適に使えました。
更に、最短撮影距離も1.1mで比較的寄れますので、昆虫には最適。
更にさらに、軽さも魅力で、フードを付けてたったの440gしかありません。楽チ〜ン(^^)/
なので、廉価版のズームレンズとして、コスパ最高の機種ではないかと思います。
但し、f値が6.3なので、薄暗い場所ではどうなるのか?? ではありますが・・・。
スポンサーサイト
カテゴリ :オオセイボウ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫