コマドリを求めて

 2017-07-20
2017年7月19日(水) 下界の暑さから逃れて、涼しい山へプチ遠征して来ました。
狙いはコマドリなのですが、さて!?この時期にその姿を撮る事が出来るのでしょうか?
大きな期待とチョッピリ不安を抱きながら、朝6時過ぎ登山口を出発です。登山道は薄暗く、濡れた石や倒木で滑り易いので、慎重に足場を確かめながら目的のポイントに向かいます。すると、遠くの方でコマドリの声が聞こえてはくるのですが、森の奥で姿を捉えることは出来ません。登り始めて1時間強、やっとコマドリポイントに到着しましたが・・・???
微かなコマドリの声を頼りに辺りを探しますが、なかなか見つける事が出来ません(ノД`)・゜・。
仕方なく峠の頂上を目指して更に上へ行って見ることに。
すると、眼下にこんな景色が飛び込んで来ましたよ! 素晴らしい眺めです(*^▽^*)
K峠の頂上20170719
ここは標高2,015mのK峠。上空にはイワツバメが飛んでいました。
K峠頂上(2015m付近)20170719

綺麗な景色と山の爽やかな空気を満喫した後、再びコマドリポイントまで降りて見ると・・・
見つけましたよ! コマドリ君です(*^^)v
コマドリ20170719-1
それから約1時間半の間、姿を現したのは3〜4回と少ないチャンスの中で
コマドリ20170719-2
チョット距離はありましたが、
コマドリ20170719-3
スッキリした枝の上で、美声を披露してくれました(^^♪
コマドリ20170719-4

コマドリ20170719-5

コマドリ20170719-6

コマドリ20170719-7
(独り言)流石に天然モノ、かなり手強い相手でしたね(;^ω^)

(おまけ)
お昼前、駐車場まで降りてくると高いお山に生息するギンボシヒョウモン*1が出迎えてくれました♪
  *1:外側斑紋の山形が明瞭である為、ウラギンヒョウモンとは異なると判断しました。
ギンボシヒョウモン♀20170719
  
本日ご一緒させて頂いたEさん、大変お世話になりました。
また、一日中運転もして戴き本当にありがとうございました。 m(_ _)m
スポンサーサイト
カテゴリ :コマドリ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫