セイボウ捜索

 2018-06-28
2018年6月28日(木) 朝方にはポツポツと小雨が降る事もあり、少し雲行きを見ながらいつもの森へ行って見ると、何と見事に雨模様! えェ〜(ノД`)・゜・。
暫く車の中で待機しましたが、中々雨は上がらず晴れ間も出て来ません。ガクッ(*´Д`)
今日は、突然消失したセイボウ広場の代替え場所を探して、公園内のヒメジョオン(姫女苑)やヤブジラミなどが咲いている、ここぞと思う場所で30〜40分程度セイボウの飛来を待ったのですが、気温33℃・湿度も高い上に直射日光が当たる場所で待つのは結構辛く・・・しかし、汗だくになりながらも「勝手な使命感」でそこをグッと我慢し数ヵ所回って見ました。
が、しかし・・・やはりそう簡単に見つかる筈もありません。
本日は、ほぼ体力の限界で15:00撤収としました。

そんな中、ちょっと遊んでくれたのはセイヨウミツバチ君です。
セイヨウミツバチ20180628
蜜を集めている花は、アレチハナガサ(荒地花笠※)でしょうか。
※港や海の近く,河川敷な環境の悪い場所に育つのでアレチの名が付く、薄い紫からピンクの星をちりばめた様な花が咲き、茎は四角形をしています。昭和の時代に、南アメリカ原産の帰化植物らしいです。
アレチハナガサ(荒地花笠)
ミツバチが来るのなら、ひょっとしてオオセイボウも来るかも!? なんて想像しながら待ったのですがね(´艸`*)

でも、この近くでは早くも夏型のギンイチモンジセセリが見られました。
ギンイチモンジセセリ♀20180628-1
胴体が太いので、雌の個体と思われます。
ギンイチモンジセセリ♀20180628-2
年に3回ほど登場するのですが、春型と違って銀色の筋が不明瞭ですね。
(当県では、絶滅危惧種に指定されている蝶です。)

さて、早く代替え地を見つけないと、この時期MFで遊んでくれる被写体が一つ消えてしまう事になりそうです。(涙)
スポンサーサイト
カテゴリ :ギンイチモンジセセリ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫