FC2ブログ

突然目の前に現れたのは・・・

 2018-12-16
2018年12月16日(日) 朝方は良い天気でしたが、昼頃には小雨がパラついたりとイマイチパッとしない天気でしたね。
本日は所用があり鳥撮りはお休みしましたが、昨日の残り分を掲載することに致します。

昨日P森でタゲリを撮り終わった後、もう一度タゲリの群れが戻ってくるのでは?と空を眺めながら撤収していた時、白っぽい一羽の鳥が突然後方から現れました。
”んッ!何だ?”、この時一緒に居たTさんと私はあまりに突然のことで対応が遅れ、ちょっと間があって慌ててシャッターを押すと・・・、オ〜ぉ!何とか写っているではありませんか。 やった~(*^^)v
直ぐにその画像を確認すると、そこにはハイタカの雌(成鳥)がクッキリと写っていました。

この時のハイタカまでの距離は、概ね10数mほどの至近距離でした。
以下、シャッターを押し始めてから約3秒間の連続写真を抜粋してみましたのでご覧ください。
ハイタカ20181215-10
こちらを睨んでいる様にも見えますが(;^ω^)
ハイタカ20181215-11
いやいや、完全に無視されていました。
ハイタカ20181215-12

ハイタカ20181215-13

ハイタカ20181215-14

ハイタカ20181215-15

ハイタカ20181215-16

ハイタカ20181215-17

ハイタカ20181215-18
兎に角、無茶苦茶近かったです。

最初に白っぽく見えたのは、お腹の部分が太陽の光を浴びて白く映ったためと思われ、一瞬何が飛んで来たのか全く判りませんでした。
グランドに急降下して何かを捕ろうとしたようにも見えましたが、獲物を捕まえた形跡もなくあっという間に森の中へ消えて行ってしまいました。しかし、短時間ではありましたがハイタカがこんな近くを飛んでくれるとは、いやはや貴重な体験をする事が出来ました。

※昨日午前中にK森で見た個体(翼指が欠けた)とは明らかに違う個体ですね。
スポンサーサイト



カテゴリ :ハイタカ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫