FC2ブログ

お花畑のギンイチモンジセセリ

 2019-05-01
2019年(令和元年)5月1日(水)  今日から元号が新しくなりましたが、この歳になると「さあ!気分を変えて!」とは成らず、ほぼ何も変わらないタダの5月1日(水曜日)でしかないことに気づきます。
いや、水曜日と言う事すら忘れそうです。だって、大型連休もゴールデンウィークもほぼ関係ないんですから(;^ω^)
ただ、日本の歴史上に於いては、「平成」から「令和」に替わる「特別な一日」であることは間違いありません。

さて、そんな5月1日ですが、いつもの様にいつもの場所へと向かって行くと、雨上がりの森の中はシーンと静まり返っていました。
朝、サンコウチョウを見た(撮った)という方もいらっしゃったようですが、全く見つけることが出来ずに撃沈。
そこで気分を変えて、暫く足を向けていなかったギンイチモンジセセリの発生場所を覗いて見ると、居ましたよ〜♪
お花畑の中を飛び回るギンイチモンジセセリ(♂)です。
ギンイチモンジセセリ20190501-1

ギンイチモンジセセリ20190501-2

ギンイチモンジセセリ20190501-3

ギンイチモンジセセリ20190501-4

ギンイチモンジセセリ20190501-5
こちらは別個体。ちょっと翅の色味が違いますね。
ギンイチモンジセセリ20190501-6

「鎮守の森の守り神」、または「農耕地の守り神」と呼ばれることもあるフクロウさん。
令和になって初お目見えです。
フクロウ20190501-1
どアップ
フクロウ20190501-2

やはり元号も改まったことだし、新たな気分で夏鳥探し「頑張ろう!」・・・(ほんまかいな?)
と言う事で、早速明日プチ遠征して来ま〜す(^^♪
カテゴリ :ギンイチモンジセセリ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のA公園K森

 2019-04-20
2019年 4月20日(土) 土曜日の朝、快晴・無風・そこそこの気温となれば、新たな夏鳥を期待していつものA公園へ行くっきゃありません。現着7:30、森の中からセンダイムシクイの鳴き声が聞こえて来ます。
”チィョ チィョ ビィー” ”チィョ チィョ ビィー” しかし、なかなかその姿を捉えることが出来ません(*´ω`*)
やっとその姿を捕捉しレンズを向けると、あっと言う間に枝葉の陰に隠れてしまいシャッターチャンスの少ないセンダイムシクイでしたが、何とか写っていたのがこちらです。(;^ω^)
センダイムシクイ20190420-1
一応まともに撮れたのは今季初かな?(汗)
センダイムシクイ20190420-2

センダイムシクイを追い続けてもキリがないので、次に広場へ向かうと頭上にキビタキ♂の姿を発見しました。
キビタキ♂20190420-1
少し飛んで良い所に止ってくれたキビ男君(*^^)v
キビタキ♂20190420-2
でも、チョット光が強過ぎですかね。

続いて現れたのは、コサメビタキでした。
コサメビタキ20190420-1
一応ピン甘の飛び物も(;^ω^)
コサメビタキ20190420-2

園路の上には久し振りにカケスの姿も
カケス20190420-1

カケス20190420-2

広場に戻ると、ツマキチョウも飛んでいましたよ♪
こちらは翅の先が黄色くないツマキチョウの雌。
ツマキチョウ♀20190420-1
翅の裏側は緑色の雲状(葉脈)模様のため、一旦見失うと何処に止っているのか判らなくなってしまいます。
ツマキチョウ♀20190420-2
雄に較べるとかなり地味目な蝶ですね。
ツマキチョウ♀20190420-3
同じ場所には雄も飛んでいたのですが、ほとんど止ることなく飛び続けていましたので、写真は撮れませんでした。(´・ω・)

この他にも、朝早い時間帯にはサンショウクイやアオバトの声もしていた(らしい)本日のK森でしたが、昼近くになるとこれがパッタリと鳴き止み、姿も見えなくなってしまったので本日は早めに撤収することにしました。
カテゴリ :ツマキチョウ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

蝶時々鳥

 2019-04-03
2019年 4月 3日(水) 今日は快晴なれど気温は上がらず、更には北風が強く吹きとても寒い一日となりました。
夕方のニュースでは群馬県の山間部で50cm超の積雪があったと報じていましたが、そんな中、MFではまだ確認できていないツマキチョウなどを探しに、R町蝶の里までドライブに行って来ました。(今年4回目です)
園内に入ると直ぐにツマキチョウを見つける事が出来たのですが、これがなかなか止ってくれません。(^_^;)
やっと止った処を狙い撃ち!
ツマキチョウ♂20190403-1
すると、いつの間にか私の後ろには二人のCマンが(^_^;)
ツマキチョウ♂20190403-2
しかし、本日確認出来たのはこの一頭だけ、まだ早いのかな〜ぁ?
先ずは本日の目的を一つゲットした所で、次なるポイントに移動します。

その途中、ミヤマセセリの雌も登場してくれました。
ミヤマセセリ♀20190403
勿論、アセビのポイントでは、ミヤマセセリの雄もしっかりゲットです。
ミヤマセセリ♂20190403
本命を待つ間、スジグロシロチョウや
スジグロシロチョウ20190403
ルリシジミも現れました。(スギタニルリシジミかも知れません?)
ルリシジミ20190403
その他には、いつものコツバメ君も
コツバメ20190403-1
やって来たのですが・・・
コツバメ20190403-2
3時間立ちっぱなしで待つも本命君のトラフは現れませんでした。ガクッ(ノД`)・゜・。

本日、園内では思わぬ出逢いも有りました。
10数羽のイカルの群れと遭遇です。
イカル20190403-1
ほんの一部ですが・・・
イカル20190403-2
平成最後のイカルかな!?(某氏のパクリ)
カテゴリ :ミヤマセセリ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

この時期限定

 2019-03-27
2019年 3月27日(水) 春うらら、陽射しも柔らかに爽やかなそよ風が吹く里山では、沢山の蝶が飛んでいました。
先ずは、定番のコツバメ
コツバメ20190327-1
コツバメはアセビ(馬酔木)の花が大好き。
コツバメ20190327-2

コツバメ20190327-3

コツバメ20190327-3

アセビの甘い香りに誘われて、ここには沢山の蝶が集まって来ています。
こちらは、テングチョウ
テングチョウ20190327
更には、ミヤマセセリ(♂)も飛んで来ました。
ミヤマセセリ♂20190327-2
ミヤマセセリは枯葉の上に止る事が多いのですが。(こちらも♂)
ミヤマセセリ♂20190327-1

本日の本命トラフシジミを探して園内を歩きましたが、一周して戻ってくると何と一瞬遅く飛び去った後。
そこで1時間程粘って見たのですが、残念ながら本日は見る事が出来ませんでした。(;´∀`)
その代りと言っては何ですが、ミヤマカラスアゲハ春型♂にバッタリ遭遇しましたよ〜。(^^♪
ミヤマカラスアゲハ♂20190327-1
羽化したばかりの様で殆ど動きがなく、裏側もしっかりと撮影出来ました。
ミヤマカラスアゲハ春型は、初見初撮りです。
ミヤマカラスアゲハ♂20190327-2
どアップも。
ミヤマカラスアゲハ♂20190327-3
いや〜ぁ、無茶苦茶綺麗な蝶ですね(^_-)-☆

もう一つの狙いツマキチョウは、本日確認することは出来ませんでした。
暖かな日が続けば、そろそろMFでもツマキチョウが飛ぶ頃なのですがね(^^ゞ



カテゴリ :ミヤマカラスアゲハ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

そろそろ蝶の季節

 2019-03-20
2019年 3月20日(水) 変わり映えしないMFを離れて、今日は前回空振りした蝶の里を訪ねてみました。
と、その前に、ミソッチの居る渓流も覗いて見たのですが、こちらは囀りも無く撃沈。
その代り、テングチョウが物凄く沢山飛んでいました。
テングチョウ20190320
2〜3頭が絡み合いながら飛ぶので、ミソッチか!?と見間違うほどでした。
そんな中に1頭、ムラサキシジミの姿がありました。
ムラサキシジミ20190320-1
こちらムラサキシジミの雌ですね。
ムラサキシジミ20190320-2
長い冬が終わり、蝶もいよいよ恋の季節が訪れた様ですね♪
という事で、渓流を後にして蝶の里へ向かいます。
到着して直ぐ、コツバメに遭遇しましたが、この個体何故か人工物にばかり止ります?
コツバメ20190320-1
まぁ贅沢は言ってられません。兎に角シャッターを押しましたが・・・やはり???
コツバメ20190320-2
アセビノ(馬酔木)の花にはキタテハが、越冬個体でしょうか翅がボロボロです。
キタテハ20190320
ここからチョット奥まった処のアセビが咲く地点に行って見ると、居ましたよ〜。
コツバメ20190320-3
今回はしっかりアセビノ花がらみで撮れました(*^-^*)
コツバメ20190320-4
もう直ぐ桜も開花宣言。いよいよ蝶も本格始動となり、夏鳥達が来るまでは蝶からも目が離せませんね(^^♪

カテゴリ :コツバメ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫