デカ撮り

 2017-06-13
2017年6月13日(火) 本日は雨が降ったり止んだりの不安定な天気だったので、鳥撮りはお休みしました。
そこで、昨日ムラサキサギを撮った後、いつもの森に戻って観察したオオセイボウ他のアップです。
昨日は新顔と思われる個体が1匹現れ、前から居る個体とランデブー飛行を見せてくれたり、約2m程度の手の届く所に長い間(と言っても数十秒)止ってくれましたので、今回は図鑑写真を真似て大きくトリミングしてみました(^^;
 ※是非画面をクリックして拡大して観て下さいね(^_-)-☆
オオセイボウ20170612-1
いやぁ〜、本当にカッコイイですよね(^^♪
オオセイボウ20170612-2
まるで未来型ロボットみたいで
オオセイボウ20170612-3
大好きです♪
オオセイボウ20170612-4


その他には、オオセイボウと同じくヤブジラミの花に止るキマダラセセリ(表)  6月10日撮影
キマダラセセリ(表)20170610
同個体(裏側)
キマダラセセリ(裏)20170610
ミドリシジミ♀(裏)  6月10日撮影
ミドリシジミ♀(裏)20170610
同個体(表)・・・♀/A型です
ミドリシジミ♀(A型)20170610
カテゴリ :オオセイボウ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

ムラサキサギの若鳥

 2017-06-12
2017年6月12日(月) いつもの様にいつもの森へ向かって車を走らせていると、Mさんから電話が・・・「田んぼにムラサキサギが居るよ♪」と、嬉しい知らせ。実は先月末に葛西臨海公園まで行った時には会えなかったムラサキサギなので、急いで現地に到着してみると、田んぼの畔に佇むムラサキサギを発見。(^^)/  初見初撮りです。
ムラサキサギ幼鳥20170612-1
幼鳥の様※若い個体ですが、何とも首が細くて長〜い
ムラサキサギ幼鳥20170612-2
ファインダーを覗いていると、何かに驚いて飛び立ちましたが
ムラサキサギ幼鳥20170612-3
慌ててレンズを向けたので、ピントがなかなか合いません(;^ω^)
ムラサキサギ幼鳥20170612-4
ユッタリと一気に遠くの方へ飛んで行きました
ムラサキサギ幼鳥20170612-5

ムラサキサギ幼鳥20170612-6

ムラサキサギ幼鳥20170612-7

ムラサキサギ幼鳥20170612-8

ムラサキサギ幼鳥20170612-9
何とも羽根の色合いが複雑な鳥さんですね♪
ムラサキサギ幼鳥20170612-10

以上、現地滞在時間10分間(8:45〜8:55)での撮影でした。

(※2017年6月14日 幼鳥⇒若鳥に訂正しました。)
カテゴリ :ムラサキサギ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

スズバチの狩り

 2017-06-10
2017年6月10日(土) 今日もいつもの森で蜂探しです。でも、オオセイボウではありません。
いつも同じ画のオオセイボウを撮る事に少し飽きて来た為、今日はオオセイボウが托卵する相手のスズバチを探してみました。
上手くスズバチの巣が見つかれば、また新しいオオセイボウの姿を見る事が出来るのでは?と思い探してみると・・・ 
運良くスズバチが狩りをしているところを見つけました(*^^)v
スズバチ20170610-1
葉っぱにぶら下がり、料理を始めた様です
スズバチ20170610-2
最初は頭の方から
スズバチ20170610-3
次第に胴体の真ん中へと進み(何と、一本足で支えながら)
スズバチ20170610-4
丁寧に麻酔を掛けています
スズバチ20170610-5
何度も往復させながら
スズバチ20170610-6
完全に仮死状態になるまで料理します
スズバチ20170610-7
しっかり獲物を抱きかかえて
スズバチ20170610-8
さぁ!いよいよ巣に運ぶのかぁ!
スズバチ20170610-9
いやいや、なかなか飛びません(*´Д`)
スズバチ20170610-10
一瞬気を緩めた瞬間に飛ばれましたが、スピードはそんなに速くありません。
意外にゆっくり飛んで行くので後を追いましたが、フェンスを飛び越えて行ってしまった為断念(*´Д`)
その後、飛び去った方向の樹々を一本一本丹念に調べて回りましたが、スズバチの巣は見つかりませんでした。
また次回に持ち越しですね(;^ω^)
カテゴリ :スズバチ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

新レンズ試写

 2017-06-09
2017年6月9日(金) 昨日衝動買いした新しいレンズを持って、いつもの森へ出掛けてみました。
今回のレンズは昆虫撮影用のレンズとして購入しましたので、試写の対象物は蝶とセイボウです。
さて、その実力の程は・・・?

キマダラセセリ(300mm、1/500秒、f/8、補正-0.3、ISO800、トリミング)
キマダラセセリ20170609
コミスジ(300mm、1/500秒、f/8、ISO800、トリミング)
コミスジ20170609
ミドリシジミ(300mm、1/250秒、f/8、ISO800、トリミング)
ミドリシジミ20170609
遠くのオオセイボウ(300mm、1/1600秒、f/8、補正-0.3、ISO800、トリミング)
オオセイボウ20170609-1
近くのオオセイボウ(300mm、1/1250秒、f/8、補正-0.3、ISO800、トリミング)
オオセイボウ20170609-2

※今回使用の機材は、D500+AF-P DX NIKKOR70-300mm f/4.5-6.3G ED VR(手持ち)
テレ端での画ばかりですが、噂通り解像感もしっかりしていてなかなかの実力ではないかと!
また、特筆すべきはAFの速さと正確さ、普段使っているサンヨンと遜色なく快適に使えました。
更に、最短撮影距離も1.1mで比較的寄れますので、昆虫には最適。
更にさらに、軽さも魅力で、フードを付けてたったの440gしかありません。楽チ〜ン(^^)/
なので、廉価版のズームレンズとして、コスパ最高の機種ではないかと思います。
但し、f値が6.3なので、薄暗い場所ではどうなるのか?? ではありますが・・・。
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

今日も蜂撮り

 2017-06-06
2017年6月6日(火) 本日も昨日見つけたオオセイボウの観察に行って来ました。
朝方の天気は曇り空なので、これはセイボウは飛ばないかも?と思い遅めの出発でしたが、現着するとだんだん晴れ間が広がって来て絶好の観察日和となりました。しかし、セイボウの今日の動きは一定せず、撮影は・・・???
まぁ取りあえずまともに撮れたのは、こんな画が数枚だけでした (*´Д`) 難しい〜ぃ!!
オオセイボウ20170606-1
被写体が小さい(10mm以下)ので大トリミングしています
オオセイボウ20170606-2

オオセイボウ20170606-3

(おまけ)同じフィールドに現れたオオフタオビドロバチ
オオフタオビドロバチ20170606
※この蜂の巣にムツバセイボウが好んで托卵すると言われていますので、
 もしかして近くにムツバセイボウも居るかも知れませんね。(^_-)
カテゴリ :オオセイボウ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫