FC2ブログ

離島遠征2019 Part1

 2019-05-12
2019年 5月7〜10日(3泊4日)の旅。今年もI県の離島に行って来ました〜♪
今年で4年連続となるH島遠征、昨年までは船が欠航して島に渡れなかったり、また逆に、島に丸一週間取り残されたりと、なかなか予定通りに行かなかった遠征でしたが、今年は初めて予定通りに渡りそして帰って来ました。(*^^)v

5/7 10:30 島に着いてみると、意外に風が強く吹いていて寒い。
まずは風対策をシッカリとして島内探索に出掛けてみると・・・?、鳥影があまりありません(@_@;)
事前情報でもそんな話が出ていたので、大して気にも留めず先を急ぐと・・・いつもの様に道路に転がっている?鳥さんを発見。
キビタキ♂です。
キビタキ20190507-1
今年はキビタキ♂がとても多く見られました。
キビタキ20190507-2
どアップモードで。
キビタキ20190508
道に転がっているのはキビタキ以外にも、
オオルリ20190507-1
そうです!オオルリ君です。
オオルリ20190507-2
コサメビタキもお疲れモードで佇んでいました。
コサメビタキ20190507-1

コサメビタキ20190508
かなり近くに登場してくれたのはエゾムシクイでしょうか?
エゾムシクイ20190507
離島ならではの登場シーンですね(^_-)-☆

さて、そろそろ真打登場。この子達を忘れてはいけませんよね!
キマユホオジロ
キマユホオジロ20190508
コホオアカ
コホオアカ20190508
今年は数が多かったシロハラホオジロ。この鳥の特徴であるスイカヘッドを狙ってみました。
シロハラホオジロ20190508

なになに! 珍しい鳥は居ないのかって!?
そうですよね〜ぇ。そろそろ何か登場しても良い頃ですよね。(^_-)-☆
では、朝焼けで真っ赤に染まるカラスバトってのはどうでしょうか。
カラスバト20190508
なんだコレ!( `ー´)ノ って言われても。。。

お口直しに、オオルリなどは如何でしょうか?
オオルリ20190508-1
見返りポーズ。”どう、カッコイイ!”
オオルリ20190508-2

更に続きます。
カテゴリ :離島 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

今朝のK森は

 2019-05-06
2019年 5月 6日(月) 大型連休最終日 
日本中が10連休になるなんて、これまで(仕事をしていた時に)は考えもしなかったのですが、世の中いろいろと変わってきたということでしょうかね。 多分、良いことなんだろうと思います。
(なんたって、有給休暇すらまともに取った記憶も無く40年近くがむしゃらに働いて来た、そんな時代を生きて来ましたから〜。)
おっと、話がそれてしまいましたが・・・本日朝方、ホイホイホイが来ているのではないかと気になって、朝7時から2時間ほどA公園K森を覗いて来ました。

結論から申し上げると、サンコウチョウの声は無く、森の中に響き渡っていたのはキビタキの囀りとオオタカの雄叫び?のみ。
3羽以上居たと思われるキビタキが今朝の主役でしたが、
キビタキ♂20190506-1
高い・暗い・葉っぱの陰と、
キビタキ♂20190506-2
条件は最悪でした。(*´ω`)
キビタキ♂20190506-3
それでも数名のCマンが集まり、眼を凝らしながらやっとの思いでその姿を捉えての撮影です。
キビタキ♂20190506-4
キビタキの囀りは、曇り空の暗い森の中をまるで「夏色」に染めるかのように響き渡り、
キビタキ♂20190506-5
私達の心を和ませてくれたことは言うまでもありません。(^◇^)
キビタキ♂20190506-6

※今夜から「旅」に出ますので、暫く投稿はお休みします。
 無事に帰って来た時には、沢山のお土産(写真)をお見せ出来るのでは?と思っていますので、またご笑覧頂ければ幸いです。
カテゴリ :キビタキ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

本日のMF

 2019-05-05
2019年 5月 5日(日) こどもの日
現着7:30、A公園K森のいつもの駐車場には車が1台も止っていません。 おや??
独りで 数日ぶりのK森を歩き始めましたが、期待していたホイホオイホイの声どころか、カラスの鳴き声すら聞こえません。(;^ω^)
上空を見上げるといつものオオタカの姿を発見しましたが、残念ながら飛び去る後ろ姿のみ。
更に奥に進んで行くと、やっと見つけたセンダイムシクイでしたが、
センダイムシクイ20190505-1
全く囀っていないので、一度見失うとなかなか見つけられません。
センダイムシクイ20190505-2
森をぐるっと一周しスタート地点に戻ると、数名の常連さん達にバッタリ。 お久しぶり〜ぃ♪
暫し雑談タイムの後、M田圃方面へと移動しましたが、田植作業真っ只中で・・・これではシギチの姿もありませんよね。(*´ω`)
そこで、取水口付近でコアジサシの飛来を待ちましたが、こちらも遠くに1羽のコアジサシを見ただけで虚しく1時間が過ぎ、目の前をパタパタと飛ぶコウモリなどを撮っていると、
蝙蝠20190505
Tさん(ナナちゃん)から、”O田圃にチュウシャクシギが居るよ♪”と、連絡が入りました。

直ぐに駆けつけてみると・・・1羽のチュウシャクシギが居ましたよ(*^^)v
チュウシャクシギ20190505-1
特徴のある嘴が泥だらけのチュウシャクシギ
チュウシャクシギ20190505-2
一応、飛び物もゲット!
チュウシャクシギ20190505-3
たった1羽のチュウシャクシギ、田んぼの畔をゆっくり歩いたかと思うと、
チュウシャクシギ20190505-4
ハルジオンが咲く農道を
チュウシャクシギ20190505-5
足早に渡って移動したりと、結構広範囲を移動していました。
チュウシャクシギ20190505-6
今日は気温も上昇して汗ばむほどになり、木陰のベンチで昼食を済ませた後は早めの撤収となりました。

大型連休も明日が最終日、”ホイホイホイ”は、今何処に(。´・ω・)? 
MFへの立ち寄りは、今日か明日かと期待が膨らむばかりのMFでした。
カテゴリ :チュウシャクシギ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

プチ遠征結果報告 Part2

 2019-05-04
2019年 5月 4日(土) みどりの日
昨日のプチ遠征は、コマドリで有名なY峠です。鳥友2人と自宅を3:20出発、現着5:30。
車を止めてポイントまで坂道を登って行くと、すでに10数名のCマンがスタンバイ中でした。(皆さん早いですね〜)
早速その隊列の端っこに陣取り、主役の登場を待つことに・・・。
すると、笹藪の中からこちらの様子を覗う影一つ
コマドリ♂20190503-1
登場する時は慎重にやって来るのですが、意外に大胆なコマドリ君、しっかりお立ち台にも乗って・・・さぁ囀るのか〜?
コマドリ♂20190503-2
と期待したのですが、
コマドリ♂20190503-3
残念。
コマドリ♂20190503-4
囀る場所はいつも同じで、少し離れたこの枝の上です。
コマドリ♂20190503-5
谷中に響き渡るコマドリの声、ヒンカララ〜
コマドリ♂20190503-6
尾羽を広げて囀っていました。
コマドリ♂20190503-7

コマドリ♂20190503-8
こちらはメスと思われる個体ですが、
コマドリ♀20190503-9
同じ所でオスと一緒に行動していましたので番なのでしょうかね?
コマドリ♀20190503-10
オスよりメスの方が大胆で、撮影にも協力的だったような(#^^#)
コマドリ♀20190503-11
でも、やっぱり色味の濃いオスを重点的に狙って仕舞うのは私だけではありませんよね。(;^ω^)
コマドリ♂20190503-12
7:30頃にはCマンの数も50名以上に!
コマドリ♂20190503-13
オスが登場すると凄まじくシャッター音が響き渡っていた
コマドリ♂20190503-14
Y峠のコマドリポイントでした。

10時過ぎ、この日は早めに下山して帰路につきました。
4/28のTKの森を含めると、連休中3日間行動を共にしたAさん,Kさん、大変お世話になりました。

カテゴリ :コマドリ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

プチ遠征結果報告

 2019-05-03
2019年 5月 3日(金) 憲法記念日   昨日今日と二日間、鳥友2名と隣県へプチ遠征して来ました。

先ずは、昨日N県K町の野鳥の森を訪れた時の結果報告です。
ほぼ毎年GW中に訪れるこの森は、避暑地として有名なエリアの中にあり、GW中も勿論沢山の観光客で賑わいを見せ、最近はその観光客を対象としたネイチャーツアーも開催される様になり、早朝にも拘わらず森ですれ違う人達(Cマン含む)が年々増えて来ています。
今回の狙いとしては、コルリとノジコなどに重点を置いた鳥見を考えていたのですが、さて結果は・・・?

早朝?3:25出発、現着5:40 まず最初に出迎えてくれたのはオオルリ君とキビタキ君。
確かに、この2種は毎年沢山の個体が入る場所ですので、当然と言えば当然なのですが(^_-)-☆
但し、森の中はまだ薄暗く、ブレブレの写真を増産してしまうので先を急ぐことにしました。
沢沿いに森の奥へと進んで行くと、キビタキ/オオルリの他にはミソサザイやカヤクグリ,キセキレイ,センダイムシクイなどが確認出来ましたが、クロツグミやコルリの姿は見つかりません。更に奥へと進んで行くと・・・この子が遊んでくれました。
何とも警戒心の少ないコガラが2〜3羽、我々よりほんの数m程の処で忙しく動き回り採餌?していました。
コガラ20190502
こちらはサンショウクイ
サンショウクイ20190502
今年は特に多かったキビタキ(♂)
キビタキ♂20190502-1

キビタキ♂20190502-2
また、この個体の様に若いオスの姿が比較的多かった様に思われました。
キビタキ♂20190502-3
写真は全て別個体ですが、
キビタキ♂20190502-4
それぞれの個体ごとに羽根の白い部分などちょっとずつ違いがありますよね。
キビタキ♂20190502-5
勿論、忘れてはいけないオオルリ君も
オオルリ♂20190502

さて、この日の本命コルリ君なのですが・・・。
9:40頃に一度(一瞬)登場してくれたのですが、その後2時間近く待っても現れてくれません(*´Д`)
コルリ20190502-1
13時過ぎ、別の場所で出ているとの情報を貰い駆けつけると、
コルリ20190502-2
何とか撮る事が出来ました。
コルリ20190502-3

もう一つの本命ノジコは、結局見つけられず今回は終了となりました。

さてここで問題です。
コルリ待ちの時、頭上を高速で飛び交う2羽の鳥さん。
撮っている時はサンショウクイだと思って、2〜3枚だけシャッターを押した写真を見てみると・・・?
この鳥なあに?20190502
嘴,頭,尾羽,脚の色などの特徴から、サンショウクイではなさそうです???
コルリの若様???
図鑑などを調べてみても判りません。(*´ω`*)
大きさはサンショウクイと同じくらいの大きさだった様な?
どなたか判る方がいらっしゃれば、是非教えて頂きたいと思いますので、宜しくお願い致します。
カテゴリ :コルリ トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫